日記54


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記55へ続く

(徒然草)
今日は、サントリー美術館の「徒然草展」に行ってきました。先日に行ったキョーコさんが、「よかったわよ。勉強になった」とのことなので。
なるほど、勉強になりました。木登りの名人、榎の僧正、石清水に参る仁和寺の僧など、昔習った文章が出てきました。
徒然草って、江戸時代にも、たくさんの人に読まれていたのですね。3大随筆といわれていますが、処世訓として重用されたのでしょう。そして、絵巻物で読んだのですね。文字だけの冊子より、親しみがわきます。
記録に出てくるのが、書かれてから100年後で、兼好法師が書いたとは、実のところわからないのだそうです。初めて知りました。
このような展覧会の度に思うのですが、昔の人は達筆ですね。読めませんし、我が悪筆を振り返り、恥ずかしいです。でも、兼好法師は、「手のわろき人の、はゞからず、文書き散らすは、よし」(第35段)と言っています。
もっとも、「自分のことばかりしゃべる奴はダメ」とも言っていますが(第56段)。(2014年7月13日)

(台風8号、意見交換会)
台風8号が、各地で大きな被害をもたらしています。被害を受けられた方々に、お見舞いを申し上げます。台風の進路だけでなく、それに刺激された前線で、遠く東北や中部地方でも被害が出ています。気象庁は、台風としては初めての、特別警報を出しました。
と書きつつ、被災地の方々には申し訳ないのですが、夕べも今晩も、意見交換会を決行しました。
天災とはいえ、お店は大変ですよね。仕入れをどうするか。予約の解約具合などをにらみながら、準備をされるのでしょう。ある人曰く、「生ビールの樽を配送しているビール会社や運送会社も、大変ですよね」。確かに。私たちが気持ちよく飲んで食べている後ろに、あるいはお気楽に予約を解約している後ろに、たくさんの人が支えてくれているのです。
幹事は天気予報をにらみつつ、延期の予告と、実施の通知を再度出すことで、大変だったでしょう。かつての同僚や部下とか、苦労をかけた人たちで、かつ日程調整が難しい人たちなのです。
幹事の判断で18:00とか17:45開始にしました。勤務時間中の職員は、遅れて参加。ごめん。まだ東京は小雨でしたが、20時には、お開きにしました。私は帰りましたが・・・。(2014年7月10日)

(白菜を見に、上野へ)
今日、キョーコさんのお供をして外出した後、一大決心をして、上野の国立博物館へ。そう、あの「白菜」を見るためです。昨日まで、展覧会のホームページ(台北故宮博物院)を見たら、「180分待ち」とか「90分待ち」とか出ていて、迷っていたのです。「240分待ち」という記述もありました。しかし、夜8時までやっているとのこと。それなら夕方を狙うしかない。平日夜は毎日のように「所用」があるので、行くなら土日の夕方。しかも、白菜は7月7日までしか、展示されません。
4時過ぎに渋谷を出発する頃には、雷が鳴り大雨が降り出しました。上野に着いたら小降りになっていましたが、噴水前は大きな水たまりができているほどです。白菜は90分待ちのとのことなので、ほかの展示を待ち時間無しで見てから白菜へ。すると、30分待ちで、実際は20分くらいで見ることができました。日曜の夕方なのと大雨で、観客が少なかったようです。
白菜は、「よくまあこんなものを、堅い玉を削って作ったねえ」と思わせるものでした。もちろんビデオの解説の方がよくわかりますが、実物を見る価値はあります。職人がどれくらいの時間をかけたのでしょうか。あの大きさですから、一度に一人の人しか加工できません。3人がかりで同時にとか、4人で分業してとは、いかないのです。
ところで、あのキリギリスの羽は、本来はもっと長く大きかったのが、途中で折れたように見えました。(2014年6月29日)

(梅雨の土日)
昨日土曜日、東京は、よい天気でした。キョーコさんのお供をして、デパートに行きました。ある売り場のカウンターの下に、ファックスがあるのに気づきました。そのファックスに、とても大きな字で「個人情報送信禁止」と、張り紙がしてあります。なるほど、こんなところでも、注意喚起が必要なのですね。あるいは、既に事故を起こしたのかな。
今日は雨。職場へ行って、たまった書類を整理。金曜夜から土曜日中に、部下からたくさんのメールも届いています。それらに返事を出して「防戦」。そのほか気づいたことや考えたことを指示して、こちらからも「攻撃」。外の方からのメールにも返事を出して、これで月曜朝は、少しは時間が稼げます(笑い)。
そのうちに、幹部や部下が数人出勤してきました。これから現地へ出張という職員も。ご苦労さま。(2014年6月22日)

(高校の同窓会)
今日は、高校の同窓会本校での他に、東京でも2年に1度、全学年の同窓会があります。久しぶりに、同級生や先輩後輩と挨拶をしてきました。学年が持ち回りで幹事をする仕組みで、私たち(昭和48年卒と49年卒)は、4年前に幹事をしました。
大先輩では、奈良女子高等師範学校付属の卒業生が、80歳を超えてかくしゃくとして参加されています。今年も、奈良県のマスコット「せんとくん」(の着ぐるみ)が、特別参加。当初はその奇抜なデザインに批判もありましたが、定着したようですね。多くの人が並んで、記念撮影をしていました。(2014年6月7日)

(またまた、悲しいカエル)
また、悲しいお知らせです。このホームページを長く読んでおられる方は、覚えておられるでしょう。我が家の近所のカエルの話です。最近では、2014年2月28日に、道路で死んでいたことを書きました。
今朝また、1匹が死んでいました。手の平くらいある大きなカエルです。東京が梅雨入りしたので、雨の中をうろついているうちに、車にひかれたのでしょう。どうやら、Kさん宅の庭が住み家のようです。しかしまだ他に、カエルがいるかどうかはわかりません。そこのおうちの庭は、外からは見えないのです。(2014年6月6日)

(ローカルニュース、東京地下鉄丸ノ内線を走る銀座線車両
今日の夜も、「復興の課題を語る会」でした。外の人と意見交換すると、違った見方を教えてもらって、勉強になります。
さて、その異業種交流会を終えて、地下鉄赤坂見附駅に行きました。帰りの丸ノ内線に乗ろうとしたら、丸ノ内線の線路に、銀座線の黄色い車両が入っていました。「なんじゃ、これは??」「酔っ払ったかな」。
車両から降りてきた運転手さんに聞いたら、回送電車だそうです。茗荷谷の車両基地や中野富士見町の車両基地に入るとのこと。インターネットで調べたら、たくさん記事がありました。(2014年6月5日)

(法隆寺展、金堂壁画)
今日は、東京芸大で開かれている「法隆寺展」へ。一番良かったのは、同時開催されている「複製」でした。
美術館とは別棟で、金堂の壁4面が再現され、焼失前の壁画が再現されているのです。仏像は置いてないので、部屋の中心に立つと、4面の壁と12の壁画を、全て見比べることができます。法隆寺の現地でも、できないことです。木の扉にも同じような絵が描かれていたことも、わかります。そこまで復元してあるのです。
焼失前の複製も、1300年の時を経ていて、「滅びの美学」ですが、欲を言えば、建築当時の壁画を再現してもらうと、さらに感激が増すでしょう。
残念ながらインターネットでは、ポスターしか見ることができません。時間がある方は、ぜひお出かけください。この壁画の複製だけなら、無料です。
1300年間守られてきた金堂と壁画が、保存のための模写作業の際に失火で焼失するとは、皮肉なものです。高松塚古墳の壁画も、1300年間土の中で眠っていて、1972年に発掘されたときは極彩色でした。その後の保存が悪く、カビで劣化してしまいました。
昨日今日と、東京は30度を超える夏の日でした。昨日は、冷房の効いた静かな職場で、仕事がはかどりました。民間ビルなので、土曜日も冷房が効いています。
先日、キトラ古墳壁画展を見そびれたので、今日は意を決して、上野へ。熱射病予防に、パナマ帽をかぶり、ペットボトルを持ってです。(2014年6月1日)

(クレオパトラのワイン)
「クレオパトラのワイン」という話が、5月21日の読売新聞夕刊に載っていました。
クレオパトラが飲んだワインの中の水の分子が、2000年の時を経て地球上に均一に分布したなら、私たちが飲むコップの水の中にも、その(クレオパトラの身体を通った)水の分子が、約10個入っているのだそうです。
インターネットで検索したら、次のようなサイトが見つかりました。「M口東大教授の解説」。1杯のコップの中に、想像を絶する数の水の分子が、含まれているということです。その類推で言うと、私の身体にもあなたの身体にも、クレオパトラの身体を構成したタンパク質(炭素など)の一部が含まれているのでしょうね。クレオパトラの身体が分解され、地球上に分布したらですが。織田信長の身体の一部も、マンモスの身体の一部も。う〜ん。(2014年5月29日)

(出張の後片付け)
平日に2日間も出張すると、えらいことになります。急ぎの案件は、携帯メールに連絡が来ます。新幹線中にも、北上山地の山奥でも、電波が届き、仕事が追いかけてきます。それはそれで、やっかいなのですが。そうでない案件が、仕事場のパソコンや机の上に届けられています。
目を通せば捨てることができるもの、「了解」「ありがとう」と返事を打てば良いもののほかに、指示を出したり回答を返す必要があるものがあります。回答を書いている間に、次々と説明に入ってくる職員がいて、なかなか片付きません。簡単なものと急ぎのものを、まずは処理。あとは、週末に片付けましょう。(2014年5月29日)

(初夏の日曜日)
今日の東京は良い天気で、暑いくらいでした。昨日は出かけたので、今日は静かな職場で、いくつかの懸案を処理。明日朝、職員が直ちに処理できるように、担当参事官の椅子の上に指示書を置いたり、メールで指示を出しておきました。ごめん、H1参事官、H2参事官、S参事官。
今日も、何人かの職員が出勤していました。また、昨日のうちに、メールで私に報告をあげてくれた職員もいます。申し訳ない。
早々と仕事を切り上げて、紀伊國屋に。読まないであろう本を買い込み、そそくさと帰宅。今朝家を出るときに、玄関横の椿の葉っぱに、チャドクガの幼虫がびっしりとついているのを発見したのです。直ちに葉っぱごと捨てましたが、風通しを良くするために、剪定することにしました。枝と葉が元気よく茂って、そろそろ剪定しなければならないと思いつつ、先延ばししていたのです。
素人がやると、切り込みすぎましたかねえ。スカスカにしてしまいました。キョーコさん曰く「枯れないかしら」。(2014年5月25日)

(林野庁推薦の映画を見よう)
職員から、「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」という映画を、ホームページで宣伝せよとの、指令が来ました。
かつて復興庁国会班で苦労したH君が、林野庁に帰って活躍しています。その指示を受けた、国会班のO君から、「私も、映画の舞台と同じ三重県出身なので、ぜひ宣伝してください」との指示です。彼らを毎晩遅くまで、いえ翌朝まで仕事をさせている上司としては、断るわけにはいきません。下に書いたのが、H君から送られてきた宣伝文です。

「去る5月10日に公開となりました映画「WOOD JOB!(ウッジョブ!)」、ご存じでしょうか?
この映画、「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」「ロボジー」と数々のヒット作を届けてきた矢口史靖監督作品で、今回は「林業」をテーマに、三浦しをんさんのベストセラー小説『神 去なあなあ日常』を原作に、丹念な取材の成果を加味して脚本を起こした“青春エンタテインメント大作”となっております。
我々林野庁としましても、1人でも多くの皆さんにこの映画を観ていただくことで、少しでも「森林・林業」に関心を持っていただければ!と考えているところです。
復興庁の皆さん、連日大変お忙しいところとは思いますが、是非とも、今度の休日や定時退庁できるそんな日に、ご家族は勿論のこと、ご友人・・・ご出身府省庁の皆様などもお誘いあわせの上、お近くの映画館まで!!」(2014年5月16日)

(続く異業種交流会)
今週の夜は、職員に感謝する会から始まって、営業活動(「取引先」との会合)が続き、今日も異業種交流会。
国立大学医学部長、日本を代表する住宅メーカー幹部、日本を代表する製鉄会社の技術の専門家、同じくIT会社の専門家など。久しぶりに会う友人、中には高校卒業以来40年ぶりの人も。上京する人がいて、幹事役が設営してくれました。何回もやっているらしいのですが、私が参加できないのです。
少し上品なレストランです。話をしていると 、お店の若い従業員が、「奈良の人ですか?」と聞いてきました。
私たち、「そうや。あんたはどこ?」
彼、「ハイ、奈良市内です」
私たち、「奈良市内のどこや?高校は?」
彼、「××町です。高校は奈良女子大付属です」
私たち、「ちょと待て。先輩たちに挨拶をしろ」
彼、「???」
私たち、「ここにいるのは、君の先輩たちだ。昭和48年卒。君は何年卒や?それにしても、君は関西弁やないやないか。まあ一つ飲め」
彼「仕事中なので、飲めません」
この後、後輩の指導が、延々と続く(笑い)。ただし、新幹線で帰る人がいて、その時間には、お開きになりました。世の中、狭いです。(2014年5月15日)

(日曜日)
今日の東京は、初夏の天気。さわやかですが、暑いくらいでした。昨日は働いたので、今日は休日に。
東京国立博物館のキトラ古墳壁画展に行かなければと思っていたのですが、先日、ホームページで調べたら、とんでもない待ち行列です。140分待ちとか。今朝も、それを確認して、断念。先週、実家に帰った際に、古墳そのものを見てきたので、それで良しとしましょう。
キョーコさんと一緒に、まずは、残っていた合い冬物と夏物を総入れ替え。続いて、押し入れの整理。要らないものが、たまりますね。決心して捨てないと。(2014年5月11日)

(久しぶりに、肝冷斎)
ほとんど休み無しで、コツコツと漢文の紹介(日録)を書き続けています。その努力に、頭が下がります。しかも、私たちの知らない、玄人向けの話ばかりです。他方で、熱心に野球を観戦しています。マイナーリーグ、女性リーグ、沖縄キャンプに関西方面と、エネルギッシュです。
記述では、ぼやいてばかりですが。なんのなんの、枯れていませんわ。
かつて、このホームページに下宿していたのですが。それを知っている人も、少なくなりました。(2014年5月8日)

日記53へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。