日記55


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記56へ続く

(またまた、悲しいカエル)
また、悲しいお知らせです。このホームページを長く読んでおられる方は、覚えておられるでしょう。我が家の近所のカエルの話です。最近では、2014年6月6日に書きました。今朝また、Kさん宅の前の道路で、1匹が死んでいました。手の平くらいある大きなカエルです。毎日続く雨に浮かれて、道路に出てきたのだと思います。車にひかれたのでしょう。今年はこれで3匹目です。(2014年8月28日)

(急に寒くなりました)
東京は、急に寒くなりました。これまで最高気温は30度を超え、最低気温が25度を超えていたのに、突然に最高気温が25度、最低気温が20度になりました。毎晩、寝苦しいといって、窓を開け、汗だくになって寝ていたのに。夕べは、窓を少しだけ開けて寝たのですが、寒くなって夜中に目を覚まし、タオルケットをかぶり、パジャマを着替えました。毎朝、シャワーを浴びていたのに、今朝はそれも不要でした。雨も降り続いています。もっとも、また暑くなるのでしょうが。
各地での豪雨といい、今年は雨が多く、夏休みを楽しみにしていた子どもたちや行楽地は、残念でしょうね。ビアホールの営業も気になります。(2014年8月27日)

(1週間、明日も出番)
今週も、怒濤のような1週間が終わりました。朝昼晩と、とにかく忙しかったです、はい。引き続き、明日23日は、盛岡市で開かれる、日本医療政策機構フォーラム「3.11から3年半 被災地住民の健康を守る」に呼ばれています。そこで簡単な報告をします、というか、被災地での健康生活支援にご活躍いただいている関係者に、お礼を言いに行きます。催し物が、土曜の18時からという時間帯です。このような時間に参加いただく方々に、お礼を申し上げます。(2014年8月22日)

(豪雨災害)
広島市を中心に、豪雨災害で大きな被害が出ています。行方不明の方が早く救助されることを、期待しています。亡くなられた方にお見舞いを申し上げるとともに、ケガをされた方の早い回復をお祈りします。改めて、「災害列島」であることを認識します。夜明け前に、突然、土砂が家に流れ込んできたら、逃げようがありません。自然の恐ろしさを、再確認します。
このような災害につきものですが、最初の報告に比べ、次々と被害の拡大が報告されます。「これまでにない災害」なので、仕方のないことです。救助や捜索についても、「どこから手を付けたらよいかわからない」状態ですし、全体像はなかなか把握できません。関係者にとっては、現場でどのように想像力を働かせるかが問われます。(2014年8月22日)

(初めて乗った陸羽東線)
今日は所用で、山形県新庄市まで行ってきました。行きの山形新幹線は席が取れたのですが、帰りは満席で予約できませんでした。職員が知恵を出して、陸羽東線経由で切符をとってくれました。新庄駅を15時発の「リゾートみのり」という観光列車です。仙台駅まで、2時間半もかかります。仕方ないですね。車両はきれいな塗装がしてありますが、これは乗っている乗客からは見えないので、ほとんど無意味。1号車に乗ったら、運転台の後ろに展望スペースがあって、前景が丸見えです。運転手気分になれます。分水嶺まで登り、宮城県に入って太平洋に向かって下ります。途中に鳴子温泉があって、鳴子峡では徐行して渓谷美を見せてくれます。1時間ほど運転手の後ろに座って、景色を楽しみました。紅葉の季節ではありませんでしたが、良かったです。時間はかかりましたが、満足です。
仙台駅からは切符がとれていたのですが、50分待ち。乗った列車は、通路までお客さんが乗っているほどの混みようでした。予約が取れないはずです。お盆休みが終わる日曜夜ですからね。行きは3時間、帰りは5時間かかりました。7号車10Bの席に、私の直前に座っていたお客さんへ。ゴミは座席に置きっ放しにせずに、持って降りましょう。(2014年8月17日)

(夏休み)
実は、13日から夏休みを決行中です。部下から、「部下が休みを取りやすいように、上司から休んでください。決して、職場に出てきてはいけません」と、釘を刺されたのです。とはいえ、メールは、どこまでも追いかけてきます。(2014年8月15日)


(三会堂ビルの周辺、大規模再開発)
復興庁が入っている民間ビルの周囲で、大きな市街地再開発が進んでいます。「赤坂一丁目地区第一種市街再開発事業」です。大小何十ものビルを壊し、細い道路も取り込んで(つぶして)、大きな高層ビルと広い緑地空間を作るのだそうです。施工区域が2,5ヘクタールもあります。復興庁の入っているビルも、その区画の一画にあるのですが、なぜかこの再開発に参加していません。計画の地図で見てもらうと、施工区域の東北角に白い5角形があります。これが私たちのビルです。
ビルの取り壊し工事が進んで、日に日に空が広くなっています。復興庁の南隣のビルも、半分ほど解体されました。すると視界が開け、7階と6階の南側の窓からは、その南にあるアメリカ大使館が間近に見えるようになりました。私の執務室も6階にあるのですが、私の部屋は北向きなので、残念ながら窓からその景色は見えません。(2014年8月13日)

(伊勢神宮、色がついている)
先月、キョーコさんのお供をして、伊勢神宮に行きました。昨年、遷宮があって、まだまだ参拝客で賑わっています。私は何度も行っているのですが、今回勉強になったことがあります。外宮入り口に「せんぐう館」という展示施設ができています。わかりやすい展示です。というか、神宮の中には解説の立て札もなければ、そもそも社殿に近づけません。格式高い神社ですからね。外宮の正殿の原寸の模型(東側4分の1分)があり、私たちが近づくことのできない正殿の造りがわかります。そして、係員による、詳しい説明があるのです。正殿は神様が暮らしておられるので、屋根には上ってはいけないのだそうです。そして、20年間補修せずにおくと、茅が朽ちるので、立て替えます。というか、20年間持つだけの分厚さがあります。屋根以外は、掃除はするのだそうです。
さて驚きは、欄干の擬宝珠に色がついているのです。この写真で、少しわかりますかね。銅板の上に特殊な技術で色を付けるのだそうです。五色です。神宮では古来の伝統を守っている、日本の神道は質素であると信じていた私には、衝撃でした。奈良時代に、このような飾りを付けたようです。当時としては最先端の技術で、神様を喜ばせたのだそうです。伊勢出身の某人にこの話をしたら、彼は子どもの時に、お白石持に参加して、正殿を間近に見たそうです。(2014年8月13日)

(牛乳を使った和食)
「乳和食(ニュー・ワショク)」って、ご存じですか。簡単に言うと、牛乳を使った和食です。このページをご覧ください。ポイントは、「減塩だけど美味しい、カルシウムもしっかり摂取」だそうです。詳しく知りたい方には、こんな本もあります。森重樹 ・農水省牛乳乳製品課長から、「宣伝せよ」との指示です。森課長は、今年の春まで復興庁で苦労した仲間です
なお、我がふるさと飛鳥には、牛乳を使った「飛鳥鍋」があります。すみません、私は食べたことがありません。(2014年8月12日)

(最近の記事、反響
最近の記事で、反響の大きかった(読者からの意見があった)のは、「薄型テレビに」(8月7日)と「仕事の段取り」(8月8日)です。前者は、「よくまあ辛抱しましたね」とか「物持ちが良いのですね」。さらには「全勝さんは、部下とキョーコさんとテレビには、やさしいのですね」とか。笑われています。
後者は、一部の関係者と、玄人に受けました。この記事の後ろには、事案があるのです。いつか「明るい課長講座」に、書きましょう。(2014年8月11日)

(発掘された日本列島展)
今日は、早めに仕事場を出て(仕事をしている部下を残して)、江戸東京博物館へ。例年の「発掘された日本列島展」に行きました。土日には、文化庁の専門家による解説があるのです。
やはり、解説があると、大違いですね。よくわかります。逆に、展示物に付けてある説明文を、もう少し詳しくわかりやすくできませんかね。発掘された状態の写真とか、遺跡の全体写真とか、工夫はしてあるのですが。中学生にもわかるくらいの解説(パネル)が、欲しいですね。
「発掘された展」も、今年で20周年になるのだそうです。それで、新発見だけでなく、これまでに展示されたものも並べてあります。
当初始まったときに、これは良い企画だと思いました。これからも、続けてください。それにしても、日本には、まだまだ「お宝」が埋まっているのですね。ご関心ある方に、お薦めします。(2014年8月10日)

(薄型テレビに)
遂にテレビを入れ替えました。これまで見ていたのは、日本ビクターの1997年製です。もちろんブラウン管で、奥行きは40センチ以上ありました。
・・5年ほど前に、画面が暗くなり、修理に来てもらいました。配線の一部が弱くなっていたとのことで、修理してもらうと、またきれいに映るようになりました。その時の職員さんが、「このテレビを、大切にしてください。まだ当分、きれいに映るでしょう。この型が、日本で製造した最後のテレビです。その後は、アジアに生産を移しました」とおっしゃったのです・・と書いたのは、2008年4月27日でした。
アナログ放送が停止した際も、我が家はケーブルテレビなので、ブラウン管テレビでも何の問題もありませんでした(2010年3月6日の記事)。
我が家に来た人たちが、感心するやらあきれるやらの代物でした。私は、何の問題も感じなかったのですが。キョーコさんは、「全然明るさが違う」とのこと。遂に引退しました。古いテレビは、引き取ってもらうのにお金もかかりました。もっと問題なのは、テレビの上に並べてあった人形などの、置き場がなくなったことです(笑い)。このような家電は、耐用年数は10年ほどだそうです。17年も良く長生きしたものです。もっとも、私はニュースと「サザエさん」と「ダーウィンが来た」くらいしか見ないので。今日も、しょうもない話で、すみません。(2014年8月7日)

(携帯電話料金、知らないと損。2)
昨日の記事に、読者から便り(反応)がありました。
「私はスマホ派です。仕事で便利です。ゲームは、していません」。これは民間企業の方。他にも、「タブレットは便利です・・」とか。この人たちや若い人からすると、私は「時代遅れのおじいさん」なのでしょうね(苦笑)。あの機械が便利な人も、多いと思います。でも、現在のところ、私には不要なのです。(2014年7月24日)

(携帯電話料金、知らないと損)
携帯電話は嫌いなのですが、仕事がら、持たないわけにはいきません。メールは重宝しています。出先で、国会答弁案を確認するのに便利です。また、メールは、相手の都合を考えずに送ることができますし、こちらも都合の良いときに見ればすみます。これに対し、電話が問題です。ところ構わず、かかってきます。重要な知らせかもしれないので、無視できず、話を聞くことになります。
近年はほとんど使わないので、かなり安い料金体系で契約していました。ところが、先月、先々月と急に高額の請求が来ました。原因は、娘が孫の写真を毎日送ってくれることでした。データ量が大きくて、パケット料金が跳ね上がったらしいのです。娘には、写真を送ってくれるのはうれしいけれど、携帯電話ではなく、自宅のパソコンに送ってもらうことにしました。しかもその方が、大きな画面で見ることができます。
また、お店に行って、契約内容を見なおしてもらいました。パケット料金に上限をつける契約です。少し基本料金は上がりますが。先月に遡って、適用してくれるとのこと。これならもっと早く、お店に相談すべきでした。若い人には、笑われそうな話です。お店の方は、親切に相談に乗ってくれました。競争が激しいのでしょうね。スマートフォンやタブレットを勧められましたが、キッパリと拒否。
私の「何が便利なの」とか「あんたは、何に使っているの」といった問に、いろいろ例を挙げられましたが、「インターネットを見ることができる」ことや「地図を見ることが便利」とのことでした。どちらも、私は、外で見ることの必要性を感じないのです。放課後の「意見交換会」の場所は、たいがい幹事さんが「ぐるなび」の地図をつけてくれるので、それを印刷して持っていけばすみます。地下鉄で熱心にスマホを使っている人の多くは、ゲームをしていますよね。なお、私は外での仕事や原稿を書くためには、携帯パソコンを持っています。そのほか、「あんたは、スマホをどこに入れているの」「ポケットが膨らむやろ」など、おじさんの社会調査にも付き合ってくれました。
今日も、しょうもない話で、すみません。(2014年7月23日)

(ビル街の竹林)
7月10日の日経新聞アートレビューが、きれいな写真付きで、「竹の居場所」を取り上げていました。虎ノ門ヒルズのビル内に、小さな竹林があるのです。このほかにも、東京では、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、日本橋三井タワー、秋葉原クロスフィールドにもあるそうです。首相官邸の中庭にもあります。
ビルの中やビルの谷間に、竹林があると、オヤッと思いつつ、何かしら落ち着いた感じがします。竹は、和風建築には欠かせませんが、コンクリートの洋風建築には、違和感がなきにしもあらずです。それを、どのように調和させるか。建築家の腕の見せ所なのでしょう。竹林を使い出した、ランドスケープ・アーキテクトの三谷康彦さんは、「竹林には日本的な空気が流れている。まっすぐ立つ様は潔い」と述べています。
記事によると、これらの竹は、すべて同じ場所で育ったのだそうです。宇都宮市の若山農場です。なぜ、ここの竹が使われるか。背が低いのです。だから、狭い空間でも使いやすいのです。もっとも、かつて関係者に聞いたところ、ビルの中で竹を育てるのは、結構手間がかかるのだそうです。(2014年7月14日)

日記54へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。