日記56


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記57へ続く

(かつての同僚に感謝する会)
今日の放課後は、10年前の職場の同窓会。当時、部下に苦労をかけた、岡本総務省総務課長と福本国会連絡室長が部下に感謝する会です。当時も、この職員たちに支えられ、叱られました。例えば、2004年2月24日「課長はつらいよ」、2005年2月25日「労働者の権利」。まだまだありますが。
この会は、10年経っても、まだ続いています。あれから10年。それぞれに歳をとり、出世しているのですが、相変わらず愉快な仲間です。「あれから5歳若くなりました・・」とか。(2014年12月10日)

(初冬の休日)
東京は、土日続けてよい天気でしたが、寒かったです。
三菱一号館美術館の「ミレー展」は、よかったです。1,600円の価値はあります。ボストンに行くことを考えれば、なおさらに。観客が多いので、落ち着いて見ることはできませんが、ぜいたくを言ってはいけません。
年賀状の宛名書きも着手し、結構進みました。先週までに、宛先の整理をしておいたのが、成功でした。でも、まだまだ残っています。来週の土日に、頑張りましょう。年明け1月末締め切りの原稿も、8割方書き上げ、少し余裕ができました。
問題は、また本を買ってしまったことです。特に、ピケティ著『21世紀の資本』(邦訳2014年、みすず書房)は、「こんな分厚い本をいつ読むのだろう」と自問自答しつつ、買ってしまいました。好奇心か、義務感か、見栄でしょうか(苦笑)。フランスの本ですが、英米でベストセラーになり、日本の新聞の経済面でも、しばしば取り上げられています。
やめておけばよいのに、他にも小さな本を2冊(B)も。こちらは、今読んでいるある分厚めの本(A)に触発されて、買ってしまいました。すると、Bを読み始めると、Aの読了が遅くなります。まして、ピケティに着手するのが遅くなります。毎晩、異業種交流会や部下職員に感謝する会が、続きますし。(2014年12月7日)

(冬の気候)
12月6日土曜日、東京は晴れですが、真冬並みの寒さとか。日本海側や山沿いでは雪で、被害も出ているようです。気をつけてお過ごしください。(2014年12月6日)

(それはないでしょ。トータルコーディネイト)
先日の雨の日、地下鉄の中で。私の前に座っているお嬢さん。持っているのは、ブランドもののバッグ。着ているコートも高そう。化粧もばっちり、ちょっと濃いめだけど。なのに、傘は使い捨てのビニール傘、300円くらいかな。おいおい、おじさんは見てるぞ。昨日から、雨の天気予報だったよ。(2014年12月5日)

(3連休)
3連休が終わりました。皆さん、充実した日を過ごされたことと思います。東京は、暖かな日が続きました。私は、たまっていた資料を片付けることができました。もっとも、抱えている仕事が、全て片付いたわけではありません。
年賀状の整理が、ほぼできました。でも、なかなか宛名書きまで、進まないのですよね。1月末締め切りの原稿を、半分ほど書き上げました。良しとしましょう。集中するために、余計な本に手を出さず、紀伊國屋に行かないで、頑張りました。で、これだけ書けたので、やはり行って、何冊か買ってしまいました。今、分厚い本を読んでいる途中なのに。
こんな小学生の日記を書いている暇があったら、早く読書にかかりましょう。(2014年11月24日)

(悲しいお知らせ、近所のカエル。初冬の休日)
今朝、近くのKさん宅の前の道路で、また大きなカエルが死んでいました。車にひかれたようです。まだ冬眠していないのですね。今日は暖かかったので、出てきたのでしょうか。今年に入って、これで4匹目です(8月28日の記事)。あと何匹いるのでしょうか。大きな謎です。元気に跳ねている姿も、見たいものです。
最近は東京も寒くなったので、下着なども冬用にしたのですが、今日は暖かくて、失敗。最高気温が19度で、最低気温が11度でした。さらに、職場は民間ビルなので、暖房も入っていました。
夕方は早く「店じまい」して、ご近所の酒屋さんに1升ビンを買いに行きました。高原商店です。我が家から、約300メートルの近さです。ホームページで宣伝すれば良いのにと思っていたら、ブログを始めていました(かなり前からでした。すみません、気づきませんでした)。
すごい種類の地酒が並んでいます。低温貯蔵庫(冷蔵庫のような蔵、ワインで言うとセラー)が、4つあるとのこと。それぞれ温度が違い、そこで管理、熟成しています。もっとも、私が買うのは安いものばかりで、常温の部屋と第1番目(入ったばかりの)貯蔵庫です。いつも商品リストをくださるのですが、その数たるやすごい多さです。丸ノ内線の新高円寺駅から、ルック商店街を北に(JR高円寺駅に向かって)200メートル、最初の信号を左折して100メートルほどです。ご関心ある方は、ぜひ覗いてみてください。
私は、お店のご主人か奥さんに、「辛口、喉ごしが良くて、後味がさっぱりしたもの」を選んでもらいます。毎回違う種類を出してもらうのですが、とても制覇できそうもありません。今日も、聞いたことのない銘柄を出してもらいました。で、そのお酒を飲んで、このホームページを書いています。(2014年11月22日)

(便利な封筒)
郵便局のレターパックって、ご存じですか。既に利用されている方も多いでしょう。簡単に言うと、切手が貼ってある大型封筒でしょうか。A4サイズが入り、薄い方(3センチまで)で360円、厚い方(4センチまで)で510円です。そこに文書などを入れて、ポストに投函します。ボール紙でできた封筒は頑丈で、かつ封をするところには強力な糊がついているので、楽に封ができます。振り込め詐欺に利用されているようで、「これで現金を送れというのは、すべて詐欺です」という趣旨の注意書きが印刷されています。
さらに、各封筒には番号が振ってあって、その番号によってインターネットで配達状況を追跡できます。時々、仙台市内まで資料を送ることがあるのですが、土曜日の午後に東京で投函すると、翌朝には仙台中央郵便局に到着していて、直ちに宛先の住宅まで届けられています。そのスピードは(これは他の郵便物も同じでしょうが)、驚異的です。薄い書類なら、普通の封筒に入れて切手を貼る方が安いのでしょうが、少し分厚くなると、このレターパックは安くて便利です。
しかし、こんな悠長なことを書いている暇があるのなら、年賀状に着手しなければなりません。今年も、印刷だけは早々と済ませたのですが。宛先の整理が、できていません。(2014年11月21日)

(展覧会の秋)
昨日土曜日は三井記念美術館の「東山御物展」、今日日曜日は東京国立博物館の「国宝展」へ。早く行かないと、そろそろ終わりなので。日本各地に秘蔵されている宝物が、一度に見ることができます。かつては、よほどの権力者か関係者でなければ、見ることはできなかったものです。そして、各地に出かけて行って、ツテでもない限り見ることはできなかったでしょう。展覧会は、便利ですね。それにしても、紙や木でできたものが、よくまあ何百年も伝わったものです。
この秋も、東京では展覧会が目白押しでした。都美術館のエジプト女王展とウフッティ展、損保ジャパン美術館のノルマンディー展、新美術館のオルセー美術館展とチューリッヒ美術館展、出光美術館の宗像大社展。結構見に行きましたね。もっとも、行きたいと思っているうちに終わってしまった展覧会も、たくさんありました。反省。(2014年11月16日)

(国会質疑)
今日6日は、衆議院復興特別委員会での質疑でした。午後から園遊会が開かれるので、8:40〜11:40という時間帯です。大臣との勉強会はその前に行ったので、少し早起きしました。もっとも、総理秘書官や大臣秘書官の時は、もっと早起きでしたから、どうってことはありません。大臣の所信に対する質疑なので、今日もさまざまな分野の質問が出ました。私にも、2問の質問がありました。(2014年11月6日)

(三連休)
三連休、皆さん、楽しく過ごされたでしょうか。天気は必ずしも良くはなかったようですが。
私は、2日間はキョーコさんのお供、仕事は1日だけでした。先日からぼやいているように、処理していない電子メールや書類が山のようにたまっていて、それを片付けるのに一苦労しました。優先順位を付けて、なるべくその順に処理するのですが、ある書類を見ていたら別の案件を思いついたりして。電子メールは便利です。その思いついたことを、直ちにメモにして職員に送っておくことで、忘れないですみます。もちろん、送ってこられた職員は、えらい迷惑ですが(ごめん)。かなり進んだのですが、いくつかは未処理で後送り。少し考えている「ある仕事」の方針検討や原稿には、着手できず(反省)。仕事を追いかける(仕事に追いかけられる)のではなく、仕事の前に立って率いる(仕事が私の後ろをついてくる)ようになりたいのですが。(2014年11月3日)

(今週と今月が終わりました)
今日は10月31日の金曜日。今週も、怒濤のような1週間が終わりました。10月29日の記事を、ご覧ください。その後の木曜日と金曜日も、会議や打ち合わせが続き、自分の時間が取れませんでした。出勤を30分早めたのですが、その程度では処理しきれませんでした。月曜日に来た電子メールに、今日返事を書いたりして。すみません。
そして、私に断りもなく、10月が終わってしまいました。困ったものです。10月は、落ち着いて仕事ができる月です。結構、仕事は進んでいるのですが、やらなければならないこと、やりたいことがたくさんありすぎて。夜の異業種交流会が続くと、読みかけの本がなかなか終わりません。時間が経つのが、早すぎます。巨人に圧勝したタイガースは、ソフトバンクにあっけなく負けてしまうし。明日から3連休。皆さん、良い休日をお過ごしください。私も・・・。(2014年10月31日)

(古本を寝ながら読んではいけない)
先日から、くしゃみが出て困りました。風邪でもないのに。ある人に言ったら、「花粉症になったのではありませんか」との見立て。
ようやく、原因がわかりました。くしゃみが出るのは、夜、布団の中で本を読む時です。読みたいある本が紀伊國屋にもアマゾンの中古にもなかったので、区立図書館で借りました。どうやら、この本がかぶっていた細かいホコリが、原因のようです。どおりで、眼も、くしゃくしゃしました。それに気がついて、本のページをぱらぱらめくってホコリを落としたら、さらにくしゃみが出ました。失敗。古書は、仰向けに寝ながら読んではいけませんね。(2014年10月25日)

(ビジネスホテル)
昨日20日は、郡山市で経済同友会の会議に出席、今朝は早くから、同友会の現地視察に同行。ということで、昨晩は郡山市のホテルに泊まりました。東北地方のホテルに泊まると、しばしばロビーで読売新聞が無料で配られています。今朝のホテルは、朝日新聞が無料で配られていました。
最近の泊まりは、ビジネスホテルが多いです。まあ、寝るだけなので、パジャマさえ持っていけば、狭くても問題はないのですが。お風呂だけは、好きになれませんねえ。洗い場でゆっくりと身体を洗いたいです。また、足を伸ばして、湯船に浸かりたいです。ささやかな願いです(笑い)。自宅が一番ですわ。検索したら7月5日にも、同じことを書いていました。
また、このホームページは、自宅のパソコンから加筆できるようになっているので、出張の夜は更新できません。すみません。(2014年10月21日)
昨日のこのページを読んだ何人かの人から、「東北の駅前にも、安くて広い風呂のあるホテルもありますよ」と、メールが来ました。ありがとうございます。次回から、参考にさせてもらいます。でも、自宅の風呂と布団より良いホテルは、ありません。(2014年10月22日)

(民主主義か扇動か)
先日紹介した肝冷斎です。わかりやすくためになる記事もあります。10月17日の「牛耳る」は、長編です。前段では、牛耳るの語源解説をして、後段では、古代中国での民主主義を紹介しています。王が民衆の意見を直接聞いて、政策を決めるのです。もっとも、これを民主主義的要素と見るのか、高等な扇動と見るのかは、見る人によって分かれるでしょう。ただし、あの挿絵は、何なのでしょうねえ。(2014年10月18日)

(祝、肝冷斎10周年)
肝冷斎雑志のホームページが、10周年を迎えたそうです。おめでとうございます。肝冷斎は、それまでは、このホームページに下宿していました。よくまあ、毎日、あの難解な漢文の解釈を書き続けたものです。尊敬します。(2014年10月16日)

(鎌田先生の新著)
鎌田浩毅先生が、『地震と火山(2014年、学研パブリッシング)を出版されました。今度の本は、わかりやすく、お薦めです。御嶽山が噴火したりして、時宜を得た出版です。もっとも、火山の専門である鎌田先生も、御嶽山噴火であれほどの被害が起きるとは、予想していなかったようです。(2014年10月15日)

(今日の失敗)
地下鉄に乗っていたら、私の前に、年配の夫婦が立たれました。さっと立って、「どうぞ」と席を譲ったら、おじさんの方が「私ですか?」と尋ねました。「ええ」と返事したのですが、座るような雰囲気がないので、「失礼しました」と言って、座り直しました。私より年上と見えたのですがねえ、私の方が年上に見えたのでしょうか(苦笑)。次の駅で、私の隣の席が空いたら、座られました。(2014年10月5日)

(伝統工芸作品)
今日は、キョーコさんのお供をして、「日本伝統工芸展」などへ。すばらしい作品が、たくさん並んでいました。しかも入場無料、お薦めです。
陶芸作品は、飾ってみたいですね。残念ながら我が家には、直径50センチはあろうかという器を置いて観賞できるだけの空間がありません。職場にも、応接室やそのようなスペースがありません。機能的にできているといえますが、ゆったりした空間がないのです。出世したら、そこそこの給料をもらえて、それなりの執務室や住宅に住めると思っていたのですが・・。
その観点で見ると、私の執務室だけでなく、他の省の大臣室や局長室も、ゆとりがありませんね。すばらしい芸術である陶磁器なども、同時代の人たちが買い、飾ることで、技術や美意識が継承されると思います。美術館で収蔵するだけでは、広がりがないです。(2014年9月21日)

(3連休)

みなさん、この3連休は、どのように過ごされたでしょうか。東京や多くの地域では、久しぶりに良い天気に恵まれました。充実した休日であったことでしょう。小生は、2日間は仕事片付け、1日はキョーコさんのお供と、充実した3日間でした。
出張などがなく、ゆっくりと職場で仕事を片付けることができるのは、うれしいです。出勤している職員に「子どもさんの相手はしなくて良いの?」とか、「休日は仕事が進むよね」などと会話をしながら、どんどんはかどりました。内閣改造以来、10日分の書類がたまっていたのです。目を通して、大量の書類を捨てました。執務室の床が、数センチ浮き上がったことでしょう。明日以降の仕事についても、何をしなければならないかを考え、その段取りを職員に指示できました。仕事に追われるより、先取りして準備しておくと、みんながハッピイになれます。
毎週、同じことを書いています。そして、今日もすべては片付かず。でも休日なのですから、ゆっくりさせてやってください。仕事以外の新聞切り抜きもたまっているし、読みたい本をたくさん買ってしまったし・・。(2014年9月15日)

(今日は金曜日)
今日は金曜日。今週も怒濤の1週間が終わりました。15分残業をして、17時半には出かけようとしているのに(私は霞が関では珍しく、8:30〜17:15を勤務時間にしています)。締め切り間際になって、次々と「ちょっと良いですか」という、部下の仕事攻撃に遭いました。どうせ、そんなことになるだろうと予想して、予定の業務をどんどん前倒しに進めたのですが。
大切な人を待たせるわけにはいかないので、打ち切って出発。「後は、明日出勤して手を入れて、あんたの椅子の上に置いておくわ」と振り切りました。で、明日に続く・・。それでも、昨日も今日も、携帯電話や携帯メールが、次の席まで追いかけてきます。(2014年9月12日)

(奇妙な漢字)
東京大学出版会のPR誌『UP』2014年9月号、大西克也教授の「屈原との筆談」から。
先生のゼミ「戦国楚系文字研究」で勉強すると、あの世に行って屈原と筆談ができるのだそうです。屈原は、中国戦国時代の政治家です。紀元前300年頃ですから、今から2,300年前の人です。『楚辞』に収められた「離騒」が有名です(横山大観の絵「屈原」も印象的です。厳島神社が所蔵しているとのことですが、インターネットでは良い写真が見つかりませんでした)。
筆談ができるかどうかは、本文を読んでいただくとして。紹介したいのは、その文章に添えられている写真です。戦国時代の楚の国で使われていた文字(漢字)ですが、何とも奇妙な文字が並んでいます。その後、秦の始皇帝によって文字が統一され、滅ぼされた文字です。ご関心ある方は、ご覧ください。(2014年9月12日)

日記55へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。