日記57


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記58へ続く。

(明治天皇の国見)
三の丸尚蔵館「明治天皇 邦を知り国を治める - 近代の国見と天皇のまなざし」展が、お薦めです。明治天皇が行幸された際に撮った写真や、各地から天皇に報告された写真の展示です。明治初年の日本各地が写っています。きれいな状態の名古屋城、熊本城、首里城や、町の家並みといった風景だけでなく、八甲田山での陸軍遭難や三陸津波の被害も。天皇への被害報告の意味があったのでしょう。当時の被害を記した地図には、今回の大震災で大きな被害を受けた沿岸部の地名が並んでいます。
そのあと、皇居東御苑を散策してください。江戸城本丸跡の広々とした公園です。立派な石垣や櫓があります。松の廊下跡は、単なる広場ですが。今は、梅が盛りです。しかも、入場料無料です。
地方から来られた方や外国からの方を案内するには、もってこいです。私は、浅草や上野より、また同じ皇居前でも二重橋より、お薦めの場所と思うのですが。余り知られていません。今日も、諸外国からの観光客がたくさん来ておられました。ひょっとしたら、日本人より多いかも。(2015年2月14日)

(還暦祝い)
先日、職員たち(あるグループ20人)が、飲み会に誘ってくれました。イタリアンのレストラン行ったら、何と私の還暦祝いとのこと。発泡ワインで乾杯。「おめでとうございます」と言われて、複雑な気持ちです。この歳になると、歳をとるのはうれしくないですね。若い職員に聞いたら、彼ら彼女らのお父さんが50歳代です。私より若いのです。
赤いちゃんちゃんこでなく、赤いポケットチーフをいただきました。ありがとう。(2015年2月6日)

(スイカの売れ行き予想、2)
昨日、申し込みが170万枚になったと紹介した、東京駅記念スイカ。申し込みは316万枚と、その後2日間で倍近くになったそうです。1枚2,000円です。買った人が使わずに、記念に保管したとすると、JR東の儲けは・・・。(2015年2月4日)

(スイカの売れ行き予想)
東京駅記念スイカ(ICカード)の申し込みが約170万枚に上っていると、各紙が伝えています。昨年12月20日にこのスイカを売り出した時に、購入希望者が東京駅の窓口に殺到して、大混乱になりました。ニュースでご覧になった方も多いでしょう。そこで、売り出しを中断し、改めてホームページや郵送で受付をしていました。当初発行予定枚数は1万5千枚、予定を変更して10万枚まで増やす予定でした。1人3枚までだそうでです。ところが、応募数は170万枚になりました。受け付け開始3日間でです。当初予定の100倍です。これはすごい。消費者の予測は、できないものですね。(2015年2月3日)

(奈良薬師寺、高田好胤さんの思い出)
日経新聞夕刊こころの玉手箱、今週は、奈良薬師寺管主の山田法胤さんです。1月28日には、山田さんの若い時の話が載っていました。当時の高田好胤管主が、薬師寺の伽藍再建のために、参拝者に般若心経の写経を勧め、納経料として千円(最近は2千円)を寄付する仕組みを始められました。累計で777万巻になるそうです。おかげで、金堂も西塔も再建されました。すごく成功した「ビジネスモデル」です。最近では、どこの寺でもやっていますよね。
その頃、山田さんは、拝観者に説法をする役割を仰せつかっておられました。じっとして聞いていない修学旅行生を、どう引きつけるか。工夫をされたとのことです。
私も、高田好胤さんの説法を聞いたことがあります。若い人は、エンターテイナーと呼ばれた、名物僧の高田好胤さんを知らないでしょうね。中学生頃でしょうか。お正月に父に連れられて、家族で薬師寺に行きました。すると、高田さんが説法をされるところに出くわしたのです。内容はもちろん覚えていませんが、最後のところだけ強烈な印象を残しました。「行こう行こう、幸せの国に行こう」「行こう行こう、幸せの国に皆で行こう」というようなセリフでした。それを、お堂の中の参観者皆に、一緒に唱えさせるのです。そして、私たちが唱えると、「声が小さい。もっと大きな声を出さないと、幸せになれませんよ」と大きな声で叱るのです。これを繰り返しているうちに、私たちの身体は温まり(正月の奈良は寒い)、自分も幸せになれると自己暗示にかかります。
「上手なものやなあ・・」と、感心したのです。山田さんの記事を読んで、あの時のことを思い出しました。(2015年1月29日)

(美術館巡り)
先週は、3連休がありました。久しぶりに、美術館巡りをしました(あっという間に、1週間が経ちました。その日に書いておかないと、古くなります。反省)。
まずは、日本橋へ。福島県のアンテナショップ「ミデッテ」に寄ったら、古い友人とばったり。福島県の売り子に徹して、商品を勧めました。彼は最初、私に気づかず、「何で、黒い中折れ帽をかぶったおじさんが、商品を売っているのだろう」と思ったそうです。しかも関西弁で、福島の商品を説明するのですから(苦笑)。
三井記念美術館では、「雪と月と花展」。国宝「雪松図屏風」(円山応挙筆)が鎮座まします。これを飾ってある室は、この国宝を展示するために、設計されているのだそうです。部屋に入ると正面一杯に、屏風が見えるのです。もっとも、私たちが見に行く時は観客がいっぱいで、かつガラスに近寄って細部を観察している客もおられるので、全体をきれいに眺めることはできません。
お隣の日本橋三越では、「東山魁夷 わが愛しのコレクション展」。作品もよかったですが、画伯が使っておられた絵の具の数がすごかったです。少しずつ違う色の岩絵の具が、ガラスビンに入ってびっしり並んでいます。プロは違うなと、思わせます。
翌日は職場から、根津美術館へ。「動物礼讃。大英博物館から双羊尊がやってきた」。表題の尊のほか、泉屋博古館蔵「虎卣」も久しぶりにご対面。私の書斎の机には、このミニチュアの文鎮が飾ってあります。でも、この意匠は何なのでしょう。
根津美術館の「饕餮文方盉」3つも大きくて、いつ見ても存在感があります。殷王朝の宮廷では、これら青銅器がどのように使われていたのでしょうね。当時は青く錆びてなく、金色だったはずです。こんなにたくさん酒器ばかり作って、どのように酒を飲んでいたのでしょう。
根津美術館のもう一つの魅力は、庭園です。これが都心にあるのかと思うくらいの、静かな森です。庭園マップについているカメラマークをクリックして、風景をご覧ください。特に番号やアルファベットの振っていないカメラマークが、景色を楽しむことができます。敷地の割にはたくさんの茶室と石像物などを並べてあって、そこが少し興ざめですが。
そこから、美術館通りを歩いて、山種美術館へ。「東山魁夷と日本の四季」へ。満足して帰りました。期間が終わりに近づいている展覧会もあります。お早めにどうぞ。(2015年1月17日)

(新年早々、仕事はどんどん進む)
今日は、仕事始めの翌日。早速、自民党の復興加速化本部が開かれました。平成26年度補正予算案、27年度の当初予算要求、税制改正案、提出予定の福島特措法改正案について、現在の進捗状況を報告しました。明日は、公明党でも、加速化本部が開かれます。まだ正月の6日、国会が始まる前に出てきていただき、議員の先生方には申し訳ないですが。このようにして、政治と行政は進んでいます。
放課後は、異業種交流会を本格的に開始。今日のメンバーは、非営利活動の若手たちでした。私にとって、視野を広げる、ありがたい機会です。彼らの、日本社会を変えようという情熱と行動力には、頭が下がります。(2015年1月6日)

(御用始め)
今日は御用始め。復興庁では、大臣から訓示をいただいて、仕事を始めました。その様子は、NHKのお昼のニュースでも流れました。課題と取り組み方針は明確になっています。それぞれの対策を加速します。また、新しい課題に対応します。
ところで、私の若い頃は、御用納めの日や御用始めの日は、昼から職場でお酒を飲んで、「気合い」を入れていました。それはそれで、一つの区切りであり、リズムでした。最近は、そのような風習は、なくなりました。
復興庁でも、朝から仕事がフル回転。職員が次々と、「冬休みの宿題」をもって、報告や相談に来てくれました。私は、身体も頭もしゃきっとしました。休みをもらっているより、職場で仕事をしている方が、充実します。貧乏性です(苦笑)。夜のお酒も、休みの日より、今日の方がおいしかったです。(2015年1月5日)

(お正月休み終了)
正月休みが終わり、明日から仕事です。
今日は、準備のために、少しだけ職場に顔を出しました。早速、出勤している職員に捕まり、いくつかを打ち合わせ。予算班も出てきていて、聞くと「31日、1日、2日と、3日間だけ休みました」とのこと。別のグループは、「年末に全勝さんに相談したあの件を、検討するために集まりました」とか。ご苦労をかけています。
その後は、日枝神社(仕事関係のお願い)と湯島天神(家族のお願い)を、はしごしました。例年大変な人出ですが、4日になると、行列は短かったです。天気もよいので、そのまま「ブラタモリ」。東大構内を横切って、春日まで。東大正門前にあった私の下宿が取り壊され、アパートが建築中でした。近所の家も、木造だったのが、ほぼすべてコンクリートに変わっています。私が暮らしたのは、もう40年近く前のことですから、変化して当然です。ところどころで地図や案内板を見て、昔を思い出していたら、守衛さんやおまわりさんに、「探しておられるのですか」と声をかけられました。見物客か、道に迷ったおじさんに見えましたかね(苦笑)。
9日間のお休みも、過ぎてしまうと、あっという間ですね。私は、年賀状書き、原稿書き、読書、初詣(地元の氷川神社、近くの大宮八幡宮をあわせ4か所。神様、喧嘩しないでください)と、散歩で終わってしまいました。まあ、よく寝ました。硬めの本がいくつか読めたので、良しとしましょう。お酒の量も控えて、太らないようにしましたが、これは失敗。(2015年1月4日)

(平成27年元旦)
あけまして、おめでとうございます。みなさん、良いお年をお迎えのこと存じます。
我が家は、娘夫婦が孫を連れてきて、賑やかなお正月です。近所の神社にお参りをして、いろいろとお願いをしました。私も60歳、還暦を迎えました。早いものです。これまで健康に過ごせたことや充実した仕事をさせてもらったことに、感謝しなければなりません。もっとも、改めて聞かれても、「まあ、そんなものか」と、取り立てて感慨はありません。平均寿命が80歳を超えた現代では、60歳のもつ意味が変わってきているのでしょうね。
今年も、たくさんの年賀状をいただき、ありがとうございます。こちらから出していない方もからも、たくさんいただきました。申し訳ありません。
各地で、大雪が伝えられています。被害がないことを祈っています。交通機関、病院、消防、警察など、年末年始の休みもなく働いておられる人たちに、感謝します。今年が、皆さんにとって良い年でありますように。(2015年1月1日)

(大晦日)
今日は12月31日。東京は穏やかな年の瀬です。私は、今年もいただいた日本一のお蕎麦を食べて、年を越します。皆さんにとって、今年はどのような年だったでしょうか。充実した一年であったことでしょう。
私は、仕事では、引き続き復興に携わりました。このホームページに、記録しているとおりです。関係者の努力のおかげで、それぞれに着実に進捗しています。しかし、大規模な災害故に、なお23万人あまりの方が自宅に戻れず、4度目の正月を迎えようとしておられます。引き続き事業の促進に努めます。
「副業」では、いろいろと書きたい原稿もあるのですが、なかなか書くことができません。それだけ毎日が忙しいのだと、言い訳をします。発災直後に比べると、徐々に仕事は軌道に乗っているのですが、それでもなかなか自分の時間を取ることができません。また、歳をとると、時間が過ぎるのが早いです。
家庭では、3月に娘に女の子が誕生し、おじいさんになりました。まあ、そんな歳になったということですね。私を含め、全員が健康で過ごすことができました。ありがたいことです。
今年1年、つまらないこのページにお付き合いいただき、ありがとうございました。よいお年をお迎えください。(2014年12月31日)

(年末の一日)
今日の東京は、暖かな一日でした。職場からはメールで報告をもらうことにして、「出社に及ばず」とのこと。
まずは、玄関に松飾りを付け。ご近所でも、昨日までに庭師さんが入って庭木を剪定したり、門松を立てたり、正月準備が進んでいます。キョーコさんのお供をして買い出しに。生鮮食品売り場は、元気が出ますね。鮮やかな赤のイチゴやトマト、黄色いミカン類、みずみずしい緑の野菜、様々なチーズ、お酒のたぐい。おいしそうな食品がたくさん並んでいて、見ているだけでうれしくなります。とても、食べきれませんね。お正月用兼私の誕生日用の鯛を選んできました。
さらに運動不足解消に、久しぶりに善福寺川散歩。木々は葉を落としていますが、芽が膨らんできています。(2014年12月30日)

(原稿1本完成)
今日の東京は、寒い雨の日でした。年賀状も書き上げたので、書斎にこもって原稿書き。1月締め切りの原稿を書き上げました。雑誌の大震災から4年目の特集に載せるものです。乞うご期待。
この原稿はほぼできていたのですが、草稿に目を通してもらった知人たちからの意見を反映し、またしばらく寝かせて置いた間に思いつくこともあり。さらに読み返すと、加筆したらよいところもでてきました。2万4千字の大作です。書き始めると書きたいことがたくさんあって、こんなに分量が増えました。編集長、どうしましょう。(2014年12月29日)

(年賀状投函)
年末恒例の大事業終了。今日、年賀状を書き終えて、投函しました。例年は大晦日までかかり、昨年は早くて29日でしたから(2013年12月29日の記事)、近年にない快挙です。元旦に届くでしょうかね。郵便屋さん、よろしくお願いします。
たくさんの方から年賀状をいただいていながら、こちらから出していない方も多いです。反省、すみません。(2014年12月28日)

(御用納め)
今日は12月26日金曜日、役所も多くの会社も、仕事納めでした。役所では「御用納め」、民間では「仕事納め」と呼ぶようです。かつては多くの職場で、午前中に仕事を終えて、お昼から職場で飲み会をしました。最近は、そのようなことはなくなりましたねえ。それはそれで、一つの区切りでした。ハレとケのリズムでした。
明日から1月5日まで、9連休です。皆さん、充実した休日を過ごされることを、期待しています。役所関係では、税財政関係部門が、休み無しで仕事です。警察や消防の他、交通、病院、飲食関係も、年末年始の休みに関係ありません。
私は、仕事が片付いていないので、その整理が残っています。だって、昨日も今日も、夕方の退庁時間を過ぎてから、相談に来る職員がいるのです。W参事官、U参事官。「簡単な相談です」と言って入ってくるE参事官も。けしからん職員です。私に、夜の意見交換会があることを知っていながら、退庁時間間際に来るとは。もっとも、夕方まで外回りをしていて、職場にいない私が悪いのですが(苦笑)。年賀状も、まだたくさん残っています。(2014年12月26日)

(代表的日本文学)
河出書房新社から、池澤夏樹個人編集日本文学全集全30巻の発行が開始されました。私は、最近は、小説をほぼ読みません。というか、興味ある社会科学系の本を読むだけでも時間が足りず、とても、小説まで手が回らないのです。また、作り話より現実の方が、しばしばとんでもなく、また面白いのです。人間の想像力は限られていて、現実世界では「想定外」のことが起きます。中学や高校生の時には、当時の文学全集の中の数冊を、かじったこともあります。また司馬遼太郎さんや塩野七生さんは、いくつか読みましたが。
教養といったら叱られますが、その観点からこのシリーズを見ていると、「なるほど、日本文学を代表するのは、このような本なのだ」と、勉強になります。古典は、一定の評価が定まっています。またそのいくつかは、学校で習い、私も少しは読みました。しかし、このシリーズの第14巻以降の現代文学になると、「この人は取り上げられているんだと」うれしくなったり、「この人は読んでいないなあ」と感想が出てきます。折口信夫、宮本常一、須賀敦子さんが入っています。逆に、結構有名な小説家で、入っていない人もいます。池澤さんの選択について、皆さんはどう思われますか。池澤さんの選択には、この他に、世界文学全集があります。恥ずかしながら、こちらは知らない本ばかりです。(2014年12月25日)

(組閣、大臣再任)
今日、第3次安倍内閣が発足しました。復興大臣も再任されたので、大臣交代に伴うさまざま作業をしなくてすみました。(2014年12月24日)

(生き方に貴賎はある)
今日も鉄道の話で、すみません。帰りの地下鉄です。途中の駅で、小学校低学年とおぼしき子どもが乗ってきて、空いている席に座りました。お父さんが直ちに「そこは座ってはいけない・・・」と注意しました。男の子は不満そうでしたが、立ちました。そうでしょうね。そこは座席の色が違う優先座席だけど、周りには元気なお兄さんやお姉さんたちが座っていて、漫画を読んだりスマホをいじったりしているのですから。
かつて、「職業に貴賎はないが、生き様には貴賎はある」と教えられました。いずれ、私も優先座席にはお世話になるでしょうが、まだ座りたくはありません。また、私は携帯電話をオンにしているので、優先座席には近づかないことにしています。(2014年12月17日)

(冬の電車、きつい暖房はかえって困る)
今日の東京は、寒かったです。職員曰く「寒さのギアが、一段と上がりましたね」。いい表現ですね。夕方は、嵐のような雨でした。といっても、北国の寒さや日本海側の積雪に比べれば、大したことはないです。
スーツもコートも、真冬用にしました。ところで困るのは、電車の中です。暖房がよく効いていて、コートを着ていると暑いのです。もう少し室温を下げてくれてもよいのですが。温かい方がサービスだと、思っているのでしょうね。(2014年12月16日)

日記56へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。