日記58


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記59へ続く

(暑中お見舞い)
日本各地で梅雨が明け、真夏の暑さに見舞われています。この3連休を、お元気でお過ごしでしょうか、それとも、暑さに参っておられるでしょうか。
小生は、ホームページに書いたとおり、1日目は目一杯仕事。実は、金曜日から鼻風邪を引いて、やや元気がなかったのです。視察同行と講演会は何とかやり遂げたのですが、気力だけでは風邪は治らず。金曜日に次官室に訪ねてきた屈強な後輩と新聞記者に、「あげるわ」といって風邪を「うつした」はずだったんですが、効果なし(ひどい話です)。
聞くと、今年の夏風邪は、ひどくはならないが長引くとのこと。そこで2日目は、家でごろんごろんして、風邪を治すことに専念しました。とはいえ、夕方から「異業種交流会」を設営してあったので、出撃。行った甲斐があり、成果がありそうです。
今朝になって、ほぼ風邪は抜けたので、書類整理など。講演会の速記録が2つも届いているのですが、いつもながら加筆するのがいやになります。一つには、私がしゃべった日本語のできが悪く、文章にするのに手間がかかるのです。もう一つには、速記者と主催者が見出しを入れたり、要約してくださっているのですが、「え〜、こんな趣旨にとられているんだ」とがっかりします。しゃべった本人に、責任があるのですが。
あっという間の、3日間でした。楽しく過ごすためには、健康が第一です。風邪だったのか、暑さに負けたのか、わかりませんが。(2015年7月20日)

(鎌田先生の新著)
鎌田浩毅・京都大学教授が、『火山はすごい―千年ぶりの大地変動の時代』(2015年、PHP文庫)を出版されました。13年前に出版した処女作の文庫版だそうです。処女作は思い入れがあるでしょうね。その後、噴火が続くので、御嶽山噴火の章を追加し、今後の活動予測などを記した「文庫版のための長いあとがき」も付いています。文庫本なので、手軽で読みやすいです。
鎌田先生とは、10年にわたるお付き合いです。最初の出会いはひょんなことで、分野は違いますが「伝道師活動」からです2005年1月4日)。その後、鎌田先生は、出版活動、テレビ出演、京都大学で一番有名な授業と、エネルギッシュな活動をしておられます。同い年として、我が身を省みて恥ずかしいです。(2015年7月15日)

(今年も生きていました、近所のカエル)

このホームページを長く愛読してくださっている方は、覚えておられるでしょう。我が家の近くに出没する、大きなカエルです。最近では、2014年6月6日
今日夜、雨の中を傘を差して帰ってきたら、いました。アスファルト道路の真ん中です。握り拳ほどあるので、すぐわかります。このままだと車にひかれるので、道ばたのおうちの方に誘導しました。Tさん宅は庭木があるのですが、玄関の石段が高くて、何度跳んでも乗り越えられません。仕方なく、反対側のAさんちの庭に誘導しました。しかし、また道路に出てきそうです。いつもながら、どこの庭で生息しているのか、不思議です。(2015年6月26日)

(東林院の沙羅双樹)

沙羅双樹の寺として有名な、京都・妙心寺の東林院で、今年も「沙羅の花をでる会」が開かれているそうです。読売新聞ニュース。きれいですね。こちらのページもどうぞ。
我が家の夏椿は、東林院のものとは比べものになりませんが、たくさんの花を咲かせてくれました。でも、昨日の2輪を最後に、今年の花は終わったようです。(2015年6月20日)

(発掘された日本列島展2015)
今日は、用事を早めに切り上げて、江戸東京博物館へ。今年も恒例の「発掘された日本列島展」が開かれています。そして、土曜日曜には、文化庁の専門家による解説があるのです。今年も、ポスターに使われているハニワを始め、「こんなモノが残っていたのだ」と感心する遺物が展示されています。ハニワの顔は、皆同じような眼です(リンク先の4体をご覧ください)。どうしてこんなに単純化して、ほほえましい表情になるのでしょうか。
文化庁のMさんの説明は、予定時間を超過して大サービス。いつもわかりやすく、ありがたいです。よく通る声で、観客を引きずり込む話術は、プロですね。
ところで、Mさんに教えてもらったのですが、日本では1年間に約8千件の発掘調査が行われているのだそうです。他国では2千件がせいぜいだとのこと。法律があること以上に、国民の意識が高く理解があるからでしょうね。いくら法律で義務づけても、工事を進めてしまえば(ブルドーザーで壊してしまえば)、わかりませんから。それにしても、日本だけが、他国よりたくさん遺物が残っているのですかねえ・・
今年も、東日本大震災の復興事業に際して行われた、発掘調査の結果が紹介されています。わかりやすいパンフレットも、作られています。高台移転して住宅を造る場所から、しばしば遺跡が見つかるのです。縄文人も、津波の来ない場所を知っていたと思われます。さて、急がなければならない工事と文化財調査をどう両立させるか。関係者の方が、知恵を出してくださいました。重要な遺跡がある場所は事業を避ける、発掘調査と工事を並行して行う、最新機器を用いて調査を効率化する。そして、全国から専門調査員を派遣するなどです。
平成26年度は、83人が応援に行きました。なにせ野外での調査です。夏は暑い炎天下で、晩秋からは寒空の下で。発掘が順調に進み、住宅工事が順調に進められるのも、皆さんの協力のおかげです。ありがとうございます。副次的効果として、派遣された調査員は、他県の事情を勉強でき、最新の技術と情報を持ち帰ることができたのではないでしょうか。内に閉じこもらず、外に研修に行く効果です。今回の成果・特徴は、何かの形でまとめられるのでしょうか。高台移転工事は今年と来年がピークですが、発掘調査は26年度がピークだったようです。パンフレットには、次のような記述があります。
・・・当初は「復興の壁」と言われた遺跡の発掘調査も、今では「郷土の誇り」として、認識されつつあります・・・
発掘現場を見学した小学生のうれしそうな顔、岩手県野田村の宝物になった蕨手刀。大昔の遺跡は、今そこに住む人たちにとっても、誇りです。
宮城県岩沼市の地層が展示されています。今回の東日本大震災による津波堆積物(20センチほどの砂の層)の下に、慶長16年(1611年)の津波と貞観11年(869年)の津波と思われる砂の層が、積み重なっています。このようなことも、発掘調査の対象となり成果になっています。
お薦めです。そして行くなら、解説のある時間帯でどうぞ。東京では7月20日まで。その後、日本各地を巡回します。(2015年6月14日)

(夏椿)
東京が梅雨入りしたら、待っていたかのように、我が家の夏椿(沙羅樹)が花を咲かせました。昨晩は雨でわからなかったのですが、今朝、3つほど花が落ちていました。今日帰ってきたら、5つも花を咲かせていました。 朝咲いて、夜には落ちる1日花です。白くきれいな、はなかい花です。たくさん、白く丸いつぼみがたくさんついているので、これからしばらく楽しむことができそうです。
先代が枯れ(と言うか、枯らしてしまい)、去年植え替えてもらった、2代目です。まだ枝振りはよくないのですが、Sさんのご指導の下、気長に育てますわ。(2015年6月9日)

(地震、エレベーターの緊急停止)
今日午後、関東では、比較的大きな地震がありました。東京でも、震度4だったとのこと。その際に、初めてエレベーターの緊急停止を経験しました。復興庁の入っているビルで、地下の駐車場からエレベーターで6階に上っているときです。突然エレベーターが停止してドアが開き、「緊急停止します。降りてください」との放送がありました。「なんじゃいな」と思って降りたら、大きな揺れが来ました。けっこう長い時間揺れていました。最初の縦揺れは、感じませんでした。それでも緊急停止する。日立のエレベーターは優れものです。ふだん待っているときは「なかなか来ない」と悪口を言っていましたが、エレベーターに謝ります。(2015年5月25日)

(2時間半並びました。鳥獣戯画)
今日は午後から、「鳥獣戯画展」(東京国立博物館)を敢行。6月7日で終わるので、あと2週間しかありません。平日はとても無理なので、土日しかありません。すると、ほとんど行ける日がありません。
先週17日の日曜日に、息子に誘われて「大関ヶ原展」(江戸東京博物館)に行ったのです。数週間前に出かけていったのですが、余りの待ち時間に、あきらめて見ずに帰ってきました。17日はもう後がないので、前日に電子チケットを買い、当日朝9時半始まりのところ、8時半に並びました。これは効率的でした。もっとも、開館1時間前に並んでいるので、1時間待ちと同じでした。今朝も、その手を使おうと思ったのですが、いろいろやっているうちに時間が過ぎてしまいました。インターネットで調べたら、開館時点で、入場まで60分、お目当ての「鳥獣戯画甲」までさらに90分とのこと。昼に確認したら、入館に120分、「甲」まで160分とか。う〜ん、東京中の人が上野に行っているのか。
よって、15時45分に東博に到着。この時間なら減っているだろうというもくろみです。入館は待ち時間なし。他の展示を見て、16時半に「甲」の列へ。少しは短くなっているかと思ったら、依然として160分待ちでした。「係員も少しはサバを読んでいるだろう」と期待しましたが、正確でした。150分(2時間半)並んで、3分間見せてもらいました。待っている間に、邪魔も入らず、少し硬めの本を読むことができました。照明が暗かったですが。こんなに並んだのは、「清明上河図」(2012年1月2日)以来ですかね。見終わったら、夜の7時過ぎでした。家に着いたら8時過ぎ。5時間、飲まず、トイレにも行かず、立ちっぱなし。
筆と墨で書いてある、勢いのある漫画です。かなりの達筆な人(当時は、僧侶か公家しかいませんが)でしょう。巻物になるのですから、何が物語り(ストーリー)があるのでしょうが。(2015年5月24日)

(椿の剪定)
今日、お向かいのSさんにお願いして、玄関横の椿の枝を剪定してもらいました。一昨年は、Sさんに手入れをしてもらい、去年はきれいな花をたくさん咲かせました。花が終わったら、チャドクガの毛虫が大発生したので、私が剪定しました。大胆に刈り込んだら、今年は花を一輪も咲かせませんでした。引っ越してきて9年。こんなことは初めてです。
で、今年は、プロにお出ましを願いました。そして、どのように切ればよいのか、指導を受けました。まず、去年は切る時期が悪かった。若葉の時期にやってはいけない。その他、絡み合っている枝をどう処理するか。そもそも、大きな刈り込みばさみでやっていたのが、失敗でした。
さらに重要なコツ。今年一年で形を整えるのではなく、来年を考えながら、切る枝と残す枝を選ぶのです。なるほど。その長期的視点が重要なのですね。これは、いろいろな場面で、応用できます。
お師匠様は、下の方のいくつかの枝には手を入れず、私に向かって「ここを残しておきましたから、やってみてください」と。う〜ん、できた師匠です。私は切る前に「これは切って、ここを残すのでは、どうでしょうか」と、おそるおそる伺いを立て、採点してもらいました。その際も、「ダメです」とはおっしゃいません。
いや〜、弟子を育てることが上手なお師匠さんです。私も見習わなくちゃ。もう遅いか。(2015年5月23日)

(大型連休、2)
大型連休。皆さんは、どのようにお過ごしですか。気候もよく、お出かけの方も多いのではないでしょうか。
私は、1年ぶりに実家に顔を出し、また義父のお墓参り(反省)。それにあわせて、キョーコさんのお供をして観光と、奈良・兵庫・京都に行ってきました。めったに両親にも顔を見せない、親不孝者です。ふだんしないことをしましたが、雨の日は1日だけでした(苦笑)。仕事続きの毎日なので、非日常が続くと居心地が悪いです(笑い)。でも、携帯メールは、どこまでも追いかけてきます。その着信音で、現実に引き戻されます。仕方ないですね。もっとも、簡単な報告だけだったので、大したことはありません。
東海道新幹線をはじめ列車は満員、観光地は「日本中の人が集まっているのか」と思うくらいの人出でした。アジアからの観光客も多かったです。小さな子ども連れの家族も多く、少子化を感じさせませんでした。
大型連休中でも、休めないお仕事も多いです。交通、商店、飲食店、そして病院、警察、消防と。ありがとうございます。皆さんのおかげで、休日を楽しむことができます。(2015年5月5日)

(5月、大型連休)
あっという間に、また1週間が過ぎ、4月が終わりました。私の許しも得ずに(笑い)。こんなに早く時間が経つと、困ります。したいこと、やらなければならないことが、たくさんあるのに。復興庁では、新年度予算の執行、福島特措法改正案の成立とその施行準備、後期5か年の事業計画に向けてこれまでの総括作業など、忙しい日が続いています。4月は、6回、東北新幹線に乗りました。復興庁の仕事は、時間の経過、事業の進捗に従って、課題が新しくなります。多くの役所で通じる「去年どおり」や「前回どおり」では、できない仕事が多いのです。新しく異動してきた職員と一緒に、職員たちも頑張ってくれています。連休中も、復興関係のイベントなどに「勤務」する職員もいます。ありがとう。
今日から、大型連休が始まりました。すでに昭和の日から、お休みをとっている人もおられるでしょう。各地とも、天気も良さそうですから、春(初夏の気候ですかね)を、お楽しみください。(2015年5月2日)

(桜を見る会)
今日は、キョーコさんのお供をして、総理主催の桜を見る会に行ってきました。天気も良く、今年は八重桜が満開でした。1万5千人の参加者だそうです。大変な人出でした。(2015年4月18日)

(春真っ盛り)
鉢植えの八重桜は、キョーコさんの手入れが良く、きれいな花を咲かせています。玄関横の椿は、今年は花を1輪も咲かせることなく、若葉が元気よく出てきました。夏椿も、きれいな新芽を出しています。お向かいの庭の柿の木も、眼にも鮮やかな若葉をつけ、花海棠も真っ盛りです。モミジは、赤紫の若葉を広げています。
新幹線から東北の桜や木蓮を愛でていますが、ご近所をゆっくり見ることができていません。しばらく見ないうちに、ご近所でも、どんどん春が進んでいます。(2015年4月12日)

(4月なのに、冬に逆戻り)
今日の東京は、寒かったです。朝は3度程度で、昼間は5度くらいでした。さらに、雨も降って。冬の服装で出かけました。昨日、盛岡に行ったときに、地元の人が、「明日は氷点下の予想です」と言っておられましたが、その通りだったようです。
ついこの間まで、最高気温が20度を越えていたのですが。でも、今年の東京は、雪かきをすることがなかったです。(2015年4月8日)

(大地変動の時代)
3月28日の朝日新聞天声人語に、鎌田浩毅先生が出ておられました。
・・「大地変動の時代」が始まったと言って過言ではない――。火山学者で京都大教授の鎌田浩毅さんが近刊『地震と火山』でそう書いている。2011年の東日本大震災以後、日本列島はいつ、どこで地震や噴火が起きてもおかしくない「活動期」に再び入ったという・・(2015年3月28日)

(春、2)
いや〜、東京は今日も暑かったです。今日は、最高気温22度だったとのこと。昨日からハイソックスをやめ、下着なども順次春物に。今日は春用の上着で行ったのですが、それでも職場は暑かったです。職員の熱気とパソコンなどの電子機器が発する熱によるようです。このまま春には・・・、なりませんよね。(2015年3月18日)

(春)
今日の東京は、暖かを通り越して、暑かったです。最高気温は、21度だったとのこと。
ご近所のHさんの庭の紅梅白梅は、盛りを過ぎました。Sさんちの白い大輪の椿は、今年もきれいな花を咲かせています。我が家の椿は、昨年私が刈り込みすぎたので、今年はつぼみを付けません。Tさんちのミモザは、鮮やかな黄色い花を咲かせました。(2015年3月17日)

(3千年前の話、殷王朝)

落合淳思著『殷―中国史最古の王朝』(2015年、中公新書)を紹介します。歴史で習った、中国古代の王朝です。この本では、発掘された甲骨文字から、当時の統治を再現しています。牛の肩胛骨や亀の甲羅に彫られた甲骨文字は、王が占いに使った物です。いろんなことを占ったので、ある意味で王朝の記録集になっています。それにしても、占いの甲骨文字から歴史を復元するとは、すごい作業です。
未来を予測しただけでなく、都合のよい結果になるように操作したり、結果が出てからそれに合うように改ざんされたものもあるのだそうです。王の権威付けに、利用されていたのです。
酒池肉林に耽る紂王の伝説などの逸話は、『史記』をはじめとする後世の創作だそうです。殷は、今から3千年前の話です。史記が書かれたのが2千年前ですから、当時でも千年前の話だったのです。現在に引き直すと、藤原道長(966〜1028年)の頃のことを書いていることになります。しかし、王の系譜など、結構正しく伝えられています。千年の間、どのようにして伝えられたのでしょうね。はじめは口伝で、途中から竹簡などに記録されたのでしょうが。権威ある組織や集団が記録保存しないと、千年間は難しいですよね。遺族が「」という国を許されたので、ここが伝えたのでしょうね。
この本では、殷を継いだ周王朝が、都合のよいように歴史を改ざんしたと思われることも指摘しています。推理小説のようなところもあります。(2015年2月21日)

(読者の反響、お店の紹介)
昨日のこのホームページを読んだ人(複数)から、「お店の紹介も始めたのですか」と質問がありました。中には「ホームページで宣伝をしてよいのですか」という指摘も。
う〜ん、本の宣伝はしばしばしているのですが。実名入りの飲食店の紹介は、初めてでしたかね。NHKではないので、特定のお店や商品を宣伝しても問題ないと思うのですが。新聞やマスメディアのインターネットのサイト、さらには個人ブログでも、必ずといって良いほど宣伝が載っていますよね。少し違和感がありましたか。お店からは、宣伝料はいただいていないんですが(苦笑)。(2015年2月19日)

(宣伝、中華料理店)
新橋にあった中華料理の「廣豊楼」が、神田駅前に移転して、今日から新装開店しました。年末まで入っていた建物が、建て替えになるので、移転したそうです。
安くて、量があって、品数があり、しかも選べます。例えば「コースの達人」。味は、もちろんです。個室で、会合にはもってこいです。お得で、お薦めの店です。(2015年2月18日)

(スイカの売れ行き予想、3)
当初の発売枚数が1万5千枚で、売り場が混乱した東京駅記念スイカ。その後10万枚に増やしましたが、申し込みは170万枚、300万枚とふくれあがりました(2015年2月4日)。
さらに増えて、遂に500万枚近くになったそうです。商売上手。(2015年2月18日)

日記57へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。