日記59


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記60へ続く

(自衛隊音楽祭り)
今日は、自衛隊音楽祭りに、武道館へ。ご存じの方も多いでしょう。大変な迫力、かつ一糸乱れぬ展開は、感動します。耳で音を聞き、眼でドリルを見て、体で太鼓の音を感じます。2時間があっという間でした。自衛隊の歌姫も、陸海空3自衛隊にそれぞれおられるのですね。昨年の演奏・演技を、映像で見ることができます。(平成26年度映像写真)。(2015年11月14日)

(絹谷幸二画伯)
日経新聞「私の履歴書」今月は、絹谷幸二画伯です。先生は、奈良(奈良市の真ん中)のご出身です。あの赤と金色の太陽と光を見ると、元気が出ますよね。一目で、絹谷先生の絵だとわかります。
連載が進んで絵の話になれば、日経新聞もカラーにしてくれるでしょうか。日経新聞の喜多恒雄会長も奈良(大淀町)のご出身なので、期待しましょう。(2015年11月4日)

(惜別の歌)
「惜別の歌」作曲者の方が亡くなられたと、新聞各紙が報道していました。「中央大学のお知らせ」。
島崎藤村の詩に曲を付けたものですが、多くの中高年は、小林旭さんの映画と歌でおなじみでしょう。私はその後の世代なので、映画は見ませんでした。元の歌詞は、嫁いでいく姉と妹との別れの歌です。歌では一般的な別れの歌になっています。もっとも、3番の歌詞は「君がさやけき目の色も 君くれないのくちびるも 君がみどり黒髪も」と、若き女性が対象だとわかります。私はこの歌詞が気にいっています。歌詞といい、メロディーといい、名曲だと思います。私がフルートで好んで吹く(吹くことができる)曲の一つです。(2015年10月28日)

(子どもは何を考えているかわからない)
地下鉄のドアの上に、液晶画面があって、お知らせや宣伝を流しています。多くは30秒、あるいは1分間でしょうか、乗客の注意を引くように、よく考えた広告が出ています。最近見た中では、お母さんは子どものことがわからないというのがあります。「早稲田アカデミー、変な生き物編」1分30秒。これが予備校の宣伝とは思えません。良くできています。(2015年10月28日)

(訂正、英語の綴り)
昨晩、訪日外国人調査の項で「英語の綴りは、これで良いのかな」と書きました。今日、復興庁に来ている外交官が、ほほえみながら「訂正しました」と、添削結果を持ってきてくれました。綴りの間違いは、合計5か所。sade,Japn,Koenj,Noodl,frend'。酔っ払って書いたら、よくないですねえ。このほか表現を変えた方が良いか所が、1か所ありました。another sideは、the other sideの方が適切。
別途、英語の達者な友人からも、間違いを指摘する電子メールをもらいました。なお、地下鉄を地下と書いていて、日本語も間違っていました。反省。早速訂正します。
言い訳は、つぎのとおりです。日本語を入力するとき、ローマ字入力のひらがな変換を使います。すると、サイドは、saidoと打ちます。それを加筆して、sadeとしたと思われます。英語の達者な人は、ワープロを打つとき、日本語と英語を上手に切り替えているのでしょうね。(2015年10月23日)

(訪日外国人調査)
今晩21時過ぎ、地下鉄の新高円寺の駅を降りたら、改札口で西欧人とおぼしきおじさんが2人、キョロキョロしています。前で立ち止まったら、私が降りた電車を指して、「Ginza?」と聞きます。「No,another side」と言ったのですが(the other sideと言うべきでした)、どうしてよいかわからないふうです。そこで、いったん地上に出て、銀座方面への改札口に案内しました。その途中で、いろいろと聞きました。
まず、「from United States?」と聞いたら、違っていて、「Australia」。「How many days in Japan?」ときいたら、「Muika(六日間)」と日本語で返ってきました。「Why are you in 高円寺?」と聞いたら「My friend's restaurant in Koenji. Soba Noodle」 「サッポロナマ、オイシイ。ニホンシュ、レイシュ、オイシイ」とのこと。
どうやら、オーストラリアの日本食店で働いていた日本人職人さんと親しくなり、彼が高円寺でそば屋を開いているので、晩ご飯を食べたそうです。明日は、沖縄に行くと言っていました。ホームに電車が入っていたので、「From this station to Ginza, it takes 30minutes」と言って見送りました。
英語の綴りは、これで良いのかな。酔っ払いのおじさん3人の会話なので、ええかげんなところは、許してください。(2015年10月22日、23日加筆)

(秋の3連休)
秋の3連休、一部天気が悪かったですが、運動や行楽日和でした。皆さんも、お出かけになったことでしょう。小生は、1日は仕事と美術館、残る2日は原稿の奴隷と化して、書斎に引きこもっています。いよいよ締め切りが近づいてきて。とほほ・・(2015年10月12日)

(久しぶりに肝冷斎)
最近、このページに、出演が少なかった「肝冷斎」。毎日、ぶうぶう文句を言いながら、難しい漢文解説を書き続けています。そのエネルギーには、脱帽します。難点は、21世紀の日本人には、少々難しすぎることです。たまには、わかりやすい、良いことも書いています。9月28日白楽天「飽食」より。
既可暢情性 亦足傲光陰 誰知利名尽 無復長安心
意味は、本文をお読みください。さらに最後に、アダム・スミスが出てきます。これは出色です。(2015年10月2日)

(秋の良い日)
秋の良い日が続いています。雨の地方もあるようですが、行楽日和です。ご近所の庭で彼岸花が咲き、キンモクセイは甘いにおいを運んでいます。
小生は自宅で、原稿との格闘+時々孫のお守りです。先日ある人から、「最近は、休日出勤はしないのですか」と、聞かれました。はい、仕事も落ち着いてきて、事務次官が休日出勤することは、ほぼなくなりました。イベントでの出番はあります。原稿は2本抱えていて、あっちを少々書いては、こっちを少々と、非効率なことをしています。ある節をほぼ書き上げたと思ったら、入れ忘れていた項目を思い出し、加筆。すると、前後の文章の流れが悪くなって、構成をやり直しとか。一進一退を繰り返しています。
沖縄では、台風が近づいているようです。ご注意を。(2015年9月27日)

(秋の5連休)
今日で、5連休が終わりました。シルバーウィークと言うのだそうですが、季節も良く、日本全国ほとんど天候にも恵まれ、行楽日和でした。皆さんも、充実したお休みを過ごされたことでしょう。知人は、観光に行ったり、豪雨被災地の支援に行ったりと、それぞれの過ごし方をしています。いつものことですが、商店、交通、病院、警察、消防といった、休日でも働いておられる方々に、感謝します。
私も、5連休をいただきました。2日間はキョーコさんのお供をして、残りの日は朝から晩まで原稿書き+時々孫のお守りでした。かつてのように集中する時間が取れず、また馬力もなくなっています。締め切りを考えると、やや悲惨な状況に追い込まれているので、やむなく籠城状態です。おかげで、それなりには進んだのですが、先は長いです。(2015年9月23日)

(おフネさんは89歳、タラちゃんは74歳)
人気番組「サザエさん」のお母さん、フネさんの声が代わるとのことです。各紙が伝えていました。46年間務めてきた麻生美代子さん(89歳)が交代されます。46年間務めてこられたということも驚きでしたが、89歳の方の声とは思いませんでした。当初からのメンバーは、サザエさん役の加藤みどりさん(75歳)、タラオ役の貴家堂子さん(74歳)とのこと。これもびっくり。
ところで、漫画の中では波平お父さんは54歳だと知っていましたか。私より若いのです。おフネさんは明らかにされていませんが、波平さんより若いでしょうね。でも、漫画の中ではえらい歳をとったように描かれています。昔の50歳代は歳をとって見えましたよね。サザエさんが24歳とは、誰も信じないでしょう。
ちびまる子ちゃんと、サザエさんは、日曜夜に多くのご家庭で見ておられるのではないでしょうか。私も愛読者です。でも、「あれを見ると、ああ、明日から仕事だと落ち込むのです」というサザエさん症候群の人もいるようです。(2015年9月19日)

(豪雨災害お見舞い)
昨日今日と、栃木県、茨城県そして宮城県を中心に、豪雨による大きな災害が起きました。被害に遭われた方に、お見舞いを申し上げます。
写真で見ると、広い地域が水没し、びっくりするような状態になっています。今回は川の氾濫による災害ですが、津波と同様に、水の恐ろしさを見せつけられます。一日も早く水が引き、復旧することを期待しています。(2015年9月11日)

(平成27年夏の終わり)
今日は8月31日、今年の夏も終わりました。前半、あれだけ猛暑だったのに、後半の涼しさと、ぐずついた天気は、がっかりです。泳ぎに行けなかった小学生が、かわいそうです。
さて、皆さんは、この夏をどのように過ごしましたか。ゆっくりできたでしょうか、それとも、夏ばてだったでしょうか。私は、8月に入ると早々に、夏休みをいただきました。しかし、暑さのあまり、計画していた書斎の本の片付けは、早々と断念。書こうと思っていた原稿は、半分くらいは進みましたが、半分しか終わらなかった、ということです(反省)。さらに、たくさん本を買い込んで・・。いつ読むのですかね。肝冷斎は、ぶつぶつ言いながら、野球を見に行っています。これは、かなりの根性です。
さて、涼しくなった秋を、どのような実りある秋にするか。私も皆さんも、それぞれ立てる計画と、その実行次第です。12月の大晦日には、どのようなことを書くでしょうか。(2015年8月31日)

(猛暑はどこに行った)
8月も29日になりました。「あの猛暑がどこに行ったのか」と思うくらいに、急に涼しくなりました。数日前から、パジャマを長袖にして、タオルケットを軽い掛け布団にしました。
高円寺では、今日から恒例の阿波踊りです。わが家の一つ隣の道路(裏のおうちの裏)がルック商店街で、演舞場(踊り場)です。わが家の前は、そこへの移動の通路で、踊り手さんたちが通っていきます。夜目遠目傘のうち・・失礼。17時から、元気なドラムと太鼓と鉦のビートが聞こえています。でも曇り空もあって、少し寒いですよね。17時の東京都心の気温は、21度です。(2015年8月29日)

(中年男性、妻との会話)
先日、「世間には2種類の組織がある。サイバー攻撃をすでに受けた組織と、攻撃されたことにまだ気付いていない組織だ」(6月24日)を紹介しました。そのもじりです。
「世間には2種類の夫がいる。妻との会話が成り立っていない夫と、成り立っていないことに気がついていない夫だ」。
最近の飲み会で、この話が受けました。もっとも中には、真剣に「わが家では、妻との意思疎通ができています」と発言した中年男性もいます。ところが、このジョークは夫には成り立っても、妻には成り立たないのですよね。妻はとっくに、夫を見限っていますから。なお、円満に過ごしておられるご家庭では、この話は無視してください。(2015年8月26日)

(鎌田浩毅先生、書評)
8月23日の日経新聞読書欄、「今を読み解く」は、鎌田浩毅・京都大学教授の執筆「活動期迎えた日本の火山」でした。先生は、ますますご活躍です。(2015年8月23日)

(外国人観光客)
8月22日の、奈良での学会での見聞です。生まれて初めて、京都から奈良までJRに乗りました。通常は近鉄を使うのですが、会場がJR奈良駅の近くなのと、本数もあったので。
土曜の昼前の奈良行きは、4両編成で満員でした。ざっと見たところ、日本人が半分、外国人観光客が半分です。さらにその半分が西欧人、残りの半分がアジア系でした。外国人観光客は、終点の奈良まで乗っていました。外国人観光客が増えていることを、実感しました。(2015年8月23日)

(肝冷斎お休み中?)
肝冷斎ファンは、心配しておられるでしょう。8月9日から更新されていません。観タマも、同様です。どこかで行き倒れているのか、仙人となって羽化登仙したか。心配になって、肝冷斎本人に連絡を取りました。本人は、いたって元気で、旅行をしたり仕事もそれなりにしているようです。
ブログが更新されない原因は、パソコンの調子が悪いのだそうです。パソコンを買い換えたところ、インターネットにうまくつながらないようです。だから、「本人は元気です」と、ブログに書けないのです。私にも、経験があります。きっと、本人が一番イライラしているでしょうね。(2015年8月20日)
と書いたら、20日深夜に復旧したようです。(2015年8月21日)

(お盆です、ご機嫌伺い)
お盆の時期、皆さんどのようにお過ごしですか。多くの職場では、夏休みを取っている方が多いでしょうね。私は、部下たちと分散する形で、先週に3日間お休みをいただきました。
今週も前半は、各省の幹部人事異動があり挨拶に来てくれる知人が多かったです。木曜金曜は来客も少なく、来るメールも部下からの相談も大幅に減りました。それを見越して、たまった資料片付けや、考えの整理に充てようとしたのです。そこそこ進みましたが、なかなかですわ。夕方からは、異業種交流のほか同業他社との意見交換、かつての同僚と久しぶりにビールとかが、入っていますし。(2015年8月14日)

(悲しいカエル)
今朝、わが家の前の道路で、大きなカエルが死んでいました。夜に出てきて、車にひかれたようです。昨日、時々雨が降ったので、外出してきたのでしょうか。カエルは、最近では6月26日に、このページに登場しています。(2015年8月11日)

(大島理森先生の読書)
8月2日の日経新聞の読書欄に、大島理森・衆議院議長の読書が紹介されています。忙しい政治家が、どのようにして本を読んでいるか、また読んでこられたか。ご関心ある方は、お読みください。(2015年8月2日)

(暑い日、涼しいコンサート)
8月になりました。東京も暑い日が続いています。皆さん大丈夫ですか。私は、夜は我慢してエアコンをかけずに寝ているので、朝起きると汗びっしょりです。毎朝シャワーが気持ちよいです。今日も午前中、我慢してたら汗だく。何度も水シャワーを浴びましたが、遂に冷房を入れました。
午後は、サントリーホールまで、ベートーベンの第九を聞きに行ってきました。高校時代の友人のK君が、60の手習いと称して、合唱を始めたのです。毎週土曜日に練習に行っているのだそうです。1人では、できませんものね。新日鉄住金の職員やOBでつくっている、オーケストラと合唱団です。彼もOBです。今日の晴れ舞台のために、練習をして、蝶ネクタイも買って。合唱団の前から3列目、右から3人目で、口を大きく開けていました。どの程度の声が出ていたかは、遠くてわかりませんでしたが(失礼)、よい趣味を見つけましたね。
1,500円で、サントリーホールという大きな空間、冷房も効いて、気持ちよい2時間を過ごすことができました。隣のおじさんも、気持ちよく寝ていました。(2015年8月1日)

(今日は西へ東へ)
「しそうし」って、ご存じですか。宍粟市は、兵庫県西部、姫路市の北、姫路駅から車で1時間くらいのところにある、山間部の街です。今日は、6時50分東京駅発の新幹線で姫路まで行き、車で宍粟市まで行きました。旧知の岡田初雄・元市議会議長の叙勲祝賀会でした。岡田さんとは、10年ほどのお付き合いで、9年前には、呼ばれて講演にも行きました(2006年3月4日)。岡田さんは、青年団活動以来、地域の活性化のために活動してこられました。その熱意に、私も共鳴したのです。
出席者の多くの方が「何で兵庫県の市議会議長の祝賀会に、復興次官が出てきて挨拶するの?」と、不思議がっておられました。珍しい男が遠くから出席したので、喜んでいただけました。
祝賀会を中座して、大阪まで車で移動。伊丹空港15時発の飛行機で、16時には福島空港へ。そこから車で移動して、福島県庁へ。18時からの「12市町村の将来像検討会」へ出席。提言がほぼまとまりました(NHKニュース)。23時半に、東京駅着。
伊丹から福島への飛行機が、ちょうどよい時間にあったので、この強行日程を組むことができました。この時期の出張には、ウエットティッシュが役に立ちます。職場には大きな箱でおいてあるのですが、出張にはポケットサイズを鞄に入れていきます。
明日は、岩手県遠野市です。カッパに会えるかな?(2015年7月25日)

日記58へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。