日記60


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記61へ続く。表紙へ戻る。


(大晦日)
今日は12月31日。東京は穏やかな年の瀬です。今年も日本一の蕎麦打ち名人のお蕎麦を食べて、年を越します。皆さんにとって、今年はどのような年だったでしょうか。充実した一年であったことでしょう。
私は、3月に復興庁事務次官になり、引き続き復興に携わりました。関係者の努力のおかげで、着実に進捗しています。しかし、なお18万人の方が自宅に戻れず、5度目の正月を迎えようとしておられます。
私生活でのできごとである、事故と原稿については、昨日と一昨日、このページに書いたとおりです。家族も健康で過ごすことができました。ありがたいことです。今年1年、このページにお付き合いいただき、ありがとうございました。よいお年をお迎えください。(2015年12月31日)

(ダイビング友の会。平成27年の回顧、その1)
さて、今日は29日。年賀状は既に出し終え、門の松飾りも付けました。大晦日に、今年1年の回顧を書く予定ですが、今日はその前段として、今年の事件を書きます。
12月1日に、国会前の横断歩道で、道路に向かってダイビングを試み、顔から着地しました。夕方5時半ごろで、飲んでもいません。信号が青に変わったので、リズムよく歩道を走り、90度曲がったところで、体が宙を舞いました。何が起こったかわからないままに、アスファルトにたたきつけられました。右の眼鏡が割れ、ほほから少し血が出ています。どうやら、イチョウの濡れ落ち葉で滑ったようです。高校生の時にゴールキーパーをしていたので、セービングをして着地するのは得意なのですが、受け身をする間もありませんでした。
翌日、右目の周りが紫色に内出血し、パンチを食らったボクサー状態になりました。眼鏡のレンズが、激しく当たったのでしょう。キョーコさんに資生堂の化粧品を塗ってもらい、惨状を隠しました。良くできたもので、ほとんど気がつかないくらい、消してくれます。「そうか。女性は毎日、こうして化けているのか」ということが、よくわかりました。内出血は、消えるのに、3週間かかりました。
行きつけの東眼科で見てもらったところ、眼球には何の異常もなし。ボルサリーノの帽子のつばが破れ、眼鏡が壊れただけで、体や衣服は何ともなかったようです。受け身をしていたら、コートは破れ、手もすりむいていたはずです。顔から着地したことが、よくわかります。
眼鏡は、縁なしなのでレンズを取り替えるだけすみました。といっても、高いレンズですが。眼鏡屋さん曰く、「チタンの丈夫なツルだったので、よかったのかも。普通の眼鏡なら、ツルが曲がって、顔に突き刺さっていたでしょう」と。ボルサリーノは、銀座ヴォーグの原さんに見てもらい、傷のか所を少しわかりにくくしてもらいました。まあ、長く使ったので、そんなにもったいなくはありません。遊びの際にかぶりますわ。帽子と眼鏡が、体を守ってくれたのです。運がよかったと思いましょう。革靴は滑りますね。いくつかの靴底は、滑り止めを貼ってもらいました。
家族や職員からは、「その年になって、走らないように」と忠告を受けました。そうですね、時々階段などで、足先がつっかえることがあります。思ったようには、足が上がっていないのでしょう。神様が、大けがをする前に、注意をしてくださったと思いましょう。その点でも、運がよかったのです。何事も、よい方向で考えましょう。
さて、表題の「ダイビング友の会」についてです。この話をしたら、私の周りに、地上でダイビングをした人が何人もいました。以下、列挙します。
1 40代男性。小走りに走っていて、足を滑らせ、道路でダイビング。肋骨にひびが入りました。手をポケットに入れていたので、被害が大きかったようです。私の事件の数週間前のできごとだそうです。
2 50代男性。4年ほど前。電車に乗ろうとしてドアのところで足がつっかえ、電車の床にダイビング。額を10針ほど縫ったとのこと。
3 40代男性。ホテルに帰って、ベッドに身を投げ出したつもりが、床にダイビング。3か月ほど、手をつっていました。
4 30代男性。日比谷公園の柵を越えたら、足が引っかかったらしく、地面にダイビング。前歯2本を折りました。
番外 20代女性。私の事件を聞いて笑ったあと、電車とプラットフォームの隙間に落ち、足をすりむきました。これは、真下に落ちたので、ダイビングとは認定せず。
このうち3人は、民間人です。このほかに海に潜って写真を撮る、本当のダイビングをする知人も、2人いるのですが。(2015年12月29日)

(仕事納め)
今日は12月28日、役所では仕事納めです。といっても、特別な行事はありません。先週、職員たちに「年休を取りなさい」と申し渡し、私もお休みをいただく予定にしていたのですが。机の上の資料が片付かず、仕方なく出勤。
すると、職員の「ちょっと良いですか」攻撃に遭い、年末の挨拶に来てくれる元部下たち(官民)がいて、さらには記者さんの挨拶兼取材があって・・・。なかなか、自分の時間は取れませんね。(2015年12月28日)

(年賀状書き終了)
年賀状を書き上げ、投函しました。27日午前に差し出すのは、近年にない快挙です。去年の日記を見ると、28日に投函して「快挙だ」と書いています(苦笑)。これだと、元旦に届きますかね。日本郵便さん、よろしくお願いします。
今年も、たくさんの方からいただきながら、多くの方に返事を書いていません。お許しください。いまだに、表書きを自筆で、そして裏には何か一言を書いています。万年筆で下手な字でです。私のこの字を期待してくださっている方がおられるので。(2015年12月27日)

(天皇誕生日宴会、2)
宮内庁のホームページに、当日の写真が載りました。私は、この写真のもう少し左側に座っていたので、写っていません。
読者から質問があったので、紹介します。豊明殿は、宮殿北側にある大きな部屋で、宴会などに使われます。宮殿の図面では8番。写真の中程に出てきます。
宮殿は、有名な二重橋を渡った奥にあります。皇居の地図では正門。陛下が一般参賀をお受けになる際にお立ちになるのは、長和殿(地図の12番)のベランダです。参賀に参加した人は、東庭に立ちます。(2015年12月25日)

(天皇誕生日宴会)
今日12月23日は、天皇誕生日。天皇誕生日宴会の儀にお招きいただきました。夫婦で、皇居豊明殿で、午餐をいただきました。皇族のほか、閣僚、国会議員など500人を越える大勢でした。厳粛な中にも、和やかな宴でした。(2015年12月23日)

(年賀状書き)
今日は、もう12月20日。この時期恒例の修行=年賀状書きに、引きこもっています。私にとっては、年に一度のペン習字のお時間です。ようやく表書きを300枚書きましたが、先は長いです。(2015年12月20日)

(12月半ば)
12月も半ば、時間が経つのは早いですね。東京も、時々暖かい日をはさんで、寒い日が続いています。わが家の椿も、たくさんの花を咲かせています。12月にこんなに咲いたのは、初めてです。これは気候のせいと言うより、お向かいのおじさんが、手入れをしてくださったからです。ところで、青梅街道のイチョウは、まだ半分くらいは青いです。黄色くならないのです。
毎朝、出勤簿に、はんこを押します。職場の出勤簿は、1年分が1枚になっているので、もう少ししか空欄がありません。今年も、これだけ仕事をしたのだなあと、目に見えます。手帳も来年用を用意し、日程が入り始めています。原稿書きを優先しているので、年賀状に着手できていません。昨日ようやく、今春にいただいた年賀状を整理しました。今週末から、頑張りますわ。(2015年12月14日)

(個人番号カード)
わが家に、個人番号通知カードが届きました。配達の郵便局員に聞いたら、1日に150軒を訪ね、平日だと会えるのは50軒だそうです。
顔写真を用意して、個人番号カードの交付申請をしなければなりません。郵送でも、パソコン・スマートフォンからでも、手続きできるのですね。(2015年11月28日)

(モネ展)
今日は、東京都美術館で開かれている「モネ展」へ。だんだん閉幕が近づいています。連日大混雑とのことですが、3連休の最後の日だし、天気も悪いので観客は少ないだろうと、決行。5分待ちで、入ることができました。もっとも、絵を見に行ったのやら、人の頭を見に行ったのかわからない状態でした(笑い)。
「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」は良かったです。
私は印象派が好きで(平均的日本人です)、モネも好きです。パリのマルモッタン美術館も、ジベルニーの睡蓮池も、見に行きました。大きな睡蓮の絵のポスターを買って、抱えて帰ってきました。富山県庁の総務部長室や総務省の総務課長室に飾って楽しんでいたのですが。復興庁の次官室の壁は、被災地の地図が占領していて、飾ることができません。(2015年11月23日)

(わが家の椿開花)
東京も寒くなりました。わが家の椿が、早くも1輪花を咲かせました。膨らんで赤く色づいたつぼみもあり、次々と咲きそうです。例年より早いです。11月というか、年内に咲いたのは、初めてではないかな。
この椿は、毎年たくさんの花をつけて楽しませてくれたのですが、昨年夏に私が枝を刈り込みすぎ、昨冬(今年の春)は花を咲かせなかったのです(2015年3月17日の記事)。そこで、お向かいのお師匠さんに助けてもらいました(5月23日の記事)。その甲斐あって、今年はたくさんのつぼみを付けています。もっとも、なぜか下半分の枝だけです。
玄関に対にして植えてある夏椿(これも初代を枯らしてしまい、現在のは2代目です)は、きれいに紅葉しています。(2015年11月22日)

(絹谷幸二画伯、カラー)
日経新聞「私の履歴書」、絹谷幸二画伯は、20日の写真がカラーになりました。先生の作品は色がついていないと、意味が無いですよね。参照11月4日の記事。(2015年11月20日)

(鎌田先生のテレビ)
TBSテレビ・毎日放送「情熱大陸」11月22日23時は、鎌田浩毅・京大教授です。「今、大地が揺れている!異色の火山学者が語る「日本列島に迫り来る危機」とは?」。先日、次官室に取材陣を連れて訪ねてこられ、インタビュー(先生と私の掛け合い)を録画して行かれました。ひょっとしたら、その映像が出るのですかね?(2015年11月18日)

(未来から来た?)
今日、職員が、「次官は、未来から来たのですか」と、笑いながら聞いてきました。「なんで?」と聞き直したら、「ホームページの記事が「私は当時(20011年夏)」となっていますよ」とのこと。
確かに。これでは、2万年先から来たことになります。読み直したつもりなのですが。酔っ払って書くと、ダメですね。早速訂正しました。(2015年11月17日)

(日常? 原稿の奴隷)
非日常的な時間はそうしばしばないからこそ、非日常です。残りの時間は、いつものように過ぎます。すなわち、毎日、職場では仕事に追われ、家では原稿に追われています。
連載「明るい公務員講座」は、1か月分の原稿を出版社に渡してあるので、順次返ってくるゲラを校正すればすみます。とはいえ、その次の分を書かなければなりません。
3月に共著で出す予定の本は、11月中旬が締めきりと、編集者から督促されています。今日も家にこもって、ほぼ書き上げました。これから、関係者に目を通してもらい、完成させる必要があります。
このほか、年内に2か所で講演を引き受けているので、これもしゃべる内容と資料を考える必要があります。
夜は異業種交流会が続き、このあとは、年賀状という苦行難行が待ち受けています。(2015年11月15日)

日記59へ戻る。目次1へ戻る。