日記61


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記62へ続く。表紙へ戻る。

(大型連休)
大型連休。皆さんは、どのようにお過ごしですか。お出かけの方も多いのではないでしょうか。
私は5月2日に休みを取り、7連休。混雑を避けるため、出発日を少しずらして、旅行をしました(その間、このホームページの加筆を休みました)。例年通りに奈良の実家に顔を出し、兵庫県にある義父のお墓参り。それにあわせて、キョーコさんのお供をして観光。特別公開の寺社で、何度も靴を脱いで、内部を拝ませてもらいました。
天気にも恵まれました。「日本中の人が集まっているのか」と思うくらいの人出でした。アジアからの観光客も多く、「日本人は少数民族か」と思う場所も(誇張しすぎですね、笑い)。日本の良さを見てもらうのは、良いことです。
駅から宿へ、また宿から駅へ、鞄を配達してくれるサービスは、便利です。初日と最終日に、鞄を持たずに歩き回ることができます。また、宿から自宅への宅配便も、帰りの荷物を少なくしてくれます。
交通、商店、飲食店、そして病院、警察、消防。皆さんのおかげで、休日を楽しむことができます。ありがとうございます。(2016年5月3日)

(美術展巡り)
先週は、上野の西洋美術館「カラバッジョ展」へ。すごい表現力ですね。なかなか血の気の多い画家だったようです。今日は、山種美術館の「奥村土牛展」と、出光美術館の「伴大納言絵巻」をはしご。
カラバッジョにしろ絵巻物にしろ、良く保存されましたねえ。宗教関係の書画や巻物は、寺社で伝世するでしょう。源氏物語絵巻などは、上流階級のお姫様たちに大切扱われるのでしょうね。でも、伴大納言絵巻は、誰がなんのために書いて、どのように観賞したのでしょうか。(2016年4月23日)

(4月、新年度)
4月になって、新しく職場に配属された人や異動した人も多いでしょう。今年は、4月1日が金曜日。よって先週が、初の実働5日でした。疲れましたか。この週末は、リフレッシュしたでしょうか。また、1週間が始まります。(2016年4月10日)

(桜を見る会)
今日は総理主催の「桜を見る会」に、キョーコさんと新宿御苑へ行ってきました。今年は桜が残っていて、天気もよく、大変な人出でした。ニュースによると、1万6千人とか。その後は、東京国立近代美術館の「安田靫彦展」へ。しっかりとした構図、きれいな線、澄んだ色。よいですねえ。(2016年4月9日)

(世界の上野公園)
きょうは約束してあったので、上野公園へ。昼前には小雨も上がり、曇り空になりました。桜並木は満開です。まあ、すごい人出です。そして、外国人が多く、「世界の上野」になったと実感します。よいことですよね。パリだローマだと西洋ばかりありがたがらず、日本にも世界から人が集まることは。しっかりとビニールシートで席取りをして、飲むと食べるをしている人たちも。中国の旅行者は、薄い色の桜花より、濃いピンクや赤い桜花が好きなようです。その木の前が、写真を撮る人たちで特に大混雑でした。
孫と、動物園の象、パンダ、猿、熊、ゴリラを見てきました。こちらも、入園するには列に並び、中に入ると外国人も多かったです。(2016年4月3日)

(春、ボッティチェッリ)
福島への行き帰りの新幹線からは、野や畑が少しずつ春めいてきた風景を見ることができました。コブシや木蓮の白、麦畑の鮮やかな緑がきれいです。新幹線の中で執筆が進んだので、ご褒美に上野で下車。今週は連日の異業種交流会、加えて土日も仕事をしましたし。上野公園は、花見客で大混雑でした。桜並木は、まだ3分咲きでしょうか。
ボッティチェッリ展(東京都美術館)が、4月3日までなのです。これまた、人の頭を見に行ったようなものですが。しっかりとした構図、描かれた人の表情もよいですが、鮮やかな色使い、特に赤と青にハッとします。1,600円で、イタリア各地から集められた名画を見ることができるのです。これに、名画「プリマヴェーラ」か「ヴィーナスの誕生」が並んでいたら、すごいです。でも、それだけも名画が日本に行って「留守」だったら、イタリアに見に行った愛好家が、怒りますわね。(2016年3月27日)

(山本泰先生)
今日は、山本泰・東大教授の最終講義と退職記念懇親会に行ってきました。2002年、2003年と東大駒場に客員教授として、週1回講義に行きました。そのときの受け入れ担当教員が、山本先生です。このホームページは、その際に学生との連絡のために作ったのです。14年も前のことになります。
授業内容は専門誌に連載し、本にまとめました。「新地方自治入門−行政の現在と未来」です。(2016年3月21日)

(春の3連休)
3連休、雨も降りましたが暖かい日もあり、桜のつぼみが膨らんでいるようです。わが家の椿は、今年はたくさんの花を咲かせましたが、そろそろ終わりです。代わって、夏椿の芽が膨らんでいます。
肝冷斎は、シーズン到来で、野球観戦へ。私は、久しぶりのお休みですが、連載の原稿書きにいそしんでいます。ここのところ書く時間が取れず、「貯金」がなくなりました。新しい節に入ったので、素材を引っ張り出したり、文章をつないだりと、いつものように悪戦苦闘しています。
根気は続かず、気分転換に新宿まで散歩。わが家から5キロメートルあります。紀伊國屋に寄ったら、読みたい本がたくさんあって・・。(2016年3月21日)

(充実した土曜日)
今日土曜日、午前中は秋葉原で、「THINK TOHOKU」の「ローカル・イノベーター・フォーラム」。アメリカの有識者らと一緒に、冒頭のパネルディスカッションに出ました。地域で起業する人たちと応援する人たちで、会場は400人くらいの人で満員でした。私は午前だけで退出しましたが、いただいた印刷物(これがまた内容が充実しています)で午後の各セッションを見ると、勉強になりました。彼ら彼女たちの行動力に驚くとともに、行政の限界を自覚しました。
午後は、北陸新幹線が富山へ。17時からの、河合常則・元参議院議員のパーティに出席。富山県総務部長の時に、県会議員だった先生にお世話になりました。当時お世話になった大勢の方々にお目にかかることができて、久しぶりにご挨拶ができました。先生の奥様にも。
そのあと、「魔笛の会」メンバーと意見交換。という名の飲み会。20年前、富山県庁時代に、室内楽のバンドを組んでいたのです。このページの上の「フルート中年」の似顔絵は、そのときのものです。当時係長だった若手が、部次長や課長になっています。私だって、39歳の部長から、61歳の事務次官になっているのですから。
新幹線が便利なのと、明日も仕事があるので、日帰りしました。(2016年2月27日)

(講演と執筆)
今週は、講演が2回、パネルディスカッション登壇が1回ありました。3月11日が近づき、このようなお声掛かりや取材が増えています。少しでも復興の現状と課題を知っていただけたらと思い、できる限り引き受けています。
連載の方は、3月7日掲載分まで渡したのですが。ほっとしたのもつかの間、次の締めきりが近づいてきています。毎週は、きついですね。このほかの雑誌の巻頭言と別の冊子の随筆と、合わせて2本を書き上げたので、連載の執筆に専念します。
連載は、第2章に入ります。そこで、構成やら入れる内容に悩んで、行きなずんでいます。大まかな構成は作ってあるのですが、いざ文章を書き始めると、穴があったり、据わりが悪かったり。思うようにはいきませんわ。(2016年2月11日)

(東京の雪)
東京は、久しぶりの積雪でした。わが家は、10センチ近く積もりました。朝、30分かけて、家の前の道路を雪かき。一昨年買い換えたショベルを、去年は使いませんでした。雨が降ってきて、そのうちに融けるだろうと思いつつ、「これがシャーベット状になって、夜に固まると困るなあ」と考えて、頑張りました。午後には、早速に腰が痛くなりました。運動不足解消になったかな。
長靴を履いて出勤。交差点で水たまりができていることを予想してです。案の定、プールになっていました。多くの人がよけて歩いている中を、ジャブジャブと直行。地下鉄は満員。隣の人が、びしょ濡れの傘を私に押しつけてきて・・。
職場は私が一番乗り。都心近くの職員の方が、大幅に遅刻して出勤しました。聞くと、電車が間引かれ、到着した電車は満員で乗れなかったそうです。駅への入場が制限され、駅前で立って長時間並んだ人も。
夜の異業種交流会も長靴で行こうとしたのですが、都心は道路が乾いていました。長靴は、袋に入れて持ち歩くことに。帰ってきたら、家の前の道路は、わが家とご近所さんの前がきれいで、ほかはまだ雪が残っていました。明日の朝は、これが凍るのでしょうね。(2016年1月18日)

(ようやく冬に)
今日の東京は、寒かったです。明け方には、雪も降ったそうです。私が出勤するときには、ミゾレになっていました。最高気温が6度とか。北海道の方にとっては「なんや、それ」という温度ですが、東京は昨日まで10度を超えていたのです。
出してあった冬用のコートとマフラーを、この冬初めて使いました。昨日までは、ハーフコートですんだのです。
暖かい日が続くことはありがたいですが、スキー場は困りますよね。新高円寺の駅前、青梅街道のイチョウ並木には、まだ黄色い葉っぱを付けた木が残っています。今晩会った大阪の方は、「桜咲いてまっせ」とのことです。私も、梅が咲いたのを見ました。(2016年1月12日)

(1月3日)
今日は1月3日、正月休みも終わりですね。皆さん、よいお正月を、過ごされたことと存じます。東京は天気もよく、また暖かな3が日でした。
私は、皇居に参内したほかは、初詣や東京国立博物館の始皇帝展などへ。あとは、原稿と格闘していました。もっとも、お雑煮やおせちを食べ、お酒をいただくと、勤労意欲は失せます。孫の相手も少々。いただいた杯で正月用のお酒を飲み、立派な鯛を食べて、満足です。
新宿のデパートの売り子さんに聞いたら、元日を休んだだけで、12月は31日まで、正月は2日から働いているとのこと。声をからして、バーゲンセールをしていました。交通機関、病院、警察、消防など、休みなく働いておられる方に感謝します。さあ、明日から頑張りましょう。(2016年1月3日)

(平成28年元日)
あけまして、おめでとうございます。みなさん、良い年をお迎えのこと存じます。
東京は雲一つない、すばらしい日本晴れです。夫婦で皇居に参内し、新年祝賀の儀で、天皇陛下と共に新年をお祝いしてきました。宮殿松の間は、気が引き締まります。
宮内庁の写真に、写っていました。写真右下、鮮やかな青い和服がキョーコさん、その隣が私です。

今年も、たくさんの年賀状をいただき、ありがとうございます。こちらから出していない方もからも、たくさんいただきました。申し訳ありません。
今年が、皆さんにとって、良い年でありますように。
知人が、自宅から撮って送ってくれた、元旦の富士山です。(2016年1月1日)




日記60へ戻る。目次1へ戻る。