日記62


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
表紙へ戻る。日記63へ続く。


(蝉を怖がる人)
今日の帰りの地下鉄の中です。少し離れたところで、みんながキャーキャー言って、こちらに逃げてくる人もいます。眺めていたら、迷い込んだ蝉が、出口を探して飛び回っているのです。そのうちに、つり革にとまりました。そこから離れる人、蝉を写真に撮る人。
何かの拍子に、再び飛び始めました。明るい蛍光灯に、とまどっているのでしょうね。そのうちに、私の前のつり革にとまりました。そーっと近づいて、捕まえました。動きが鈍くなっているので、酔っ払いのおじさんでも、難しくありませんでした。
若い女性が近づいてきて、「写真撮っても良いですか?」と。「ええけど、私の指を開いたら、逃げるで。指の間からなら大丈夫や。あんたが蝉を持つか?」と聞いたら、「怖いです」と。「蚊は刺すけど、蝉は悪いことせえへんで。しかも、鳴かへんから、メスや」といったけど、「へえ〜。メスなんですか」と。
地下鉄の駅で放すと困るでしょうから、駅に着いてから、街路樹の近くで放しました。(2016年8月5日)

(人に会うのが仕事)
平日の夜は、福島、東京とも数週間先まで「売れて」しまい、休日を当てています(とほほ)。研究者、マスコミ、苦労をかけた元職員、引き合わせてめでたく結婚した夫婦・・・。
土日の方が、お互い日程を合わせやすく、ゆっくりと話すことができます。仕事から派生した付き合いですが、いろんな人と知り合いになったものです。平日の昼にしろ夜にしろ、そして休日にしろ、人と会うのが仕事ですね。とはいえ、土日のどちらか1日は、午前中を孫の遊び相手として期待されていて、これは疲れます。そして、両日とも昼から飲むと、減量にならず・・・。
他方、「副業」の方は、連載は初級編を脱稿したので、しばらくは、締めきりが追いかけてきません。しかし、続く中級編の骨格を、つくらなければなりません。いくつか講演も引き受けていて、その準備が必要です。さらに、違う次なるテーマも勉強を始めたので(乞うご期待)、この夏もそんなにゆっくりしてはいられません。
非常勤職員になったので、平日に時間がとれると考えていたのですが、甘かったです。仕事を助けてくれる職員と日程を管理してくれている職員に、毎日「なんやこの日程は。詰め込みすぎ」と笑いながら愚痴をこぼします。二人とも笑っていますが、顔には「全勝局長が、自分で入れた案件や面会ばかりですよ」と書いてあります。苦笑。(2016年7月31日)

(家の椿、チャドクガ来襲)
玄関の椿に、チャドクガの毛虫が、なんと3か所にも発生。先日発生したので、剪定をして風通しを良くしたのですが(7月3日)、またまた発生。お向かいのお師匠さんのおられないときに、自己流で剪定しました。お師匠さんの評価では、「切りすぎ」とのこと。難しいものです。今日、キョーコさんが、虫に食われている葉を発見。チャドクガの毛虫集団がうごめいていました。よく見ると、他にも2枚の葉に、それよりはるかに生育した毛虫軍団が育っていました。早速処分。
ところで、玄関の反対側に植えてある夏椿。大きなのと小さいのと2本が植わっているのですが。小さい方は、原因不明で葉が枯れました。大きい方も、まだらに葉が枯れています。お師匠さんによると、今回は水やりを怠ったのではない、土と場所に問題があるのではないかとの見立てです。少々無理な場所に植えてあるのです。このまま枯れると、かわいそうなことをしました。(2016年7月30日)

(外出着)
暑い日が続いています。3連休、いかがお過ごしですか。私は、家ではバミューダショーツ、ポロシャツで過ごしていますが、外に出るとなると、そういうわけにはいきません。ちょっとした外出やクールビズ用に、ちょっとおしゃれに、別名「ちょい悪親父風」に挑戦中です。キョーコさんに笑われつつ、指導を受けて。
パナマ帽は、ツバが狭いのに替えました。広いのは、麦わら帽子に近く、「セミ取り網を持った少年」になるのです。明るい半袖シャツ、白に近い細身のズボン、茶色の遊び靴・・・。これまで、職場でも休日でも、紺と白を基調にしていたので、なかなか慣れません。
「それも似合うよ」と、キョーコさんに言ってもらい、ひとまず合格。ちょい悪親父には、なれませんがね。苦笑。
ところで、困るのが、鞄です。上着を着ないとなると、名刺入れ、携帯電話、財布、小銭入れ、鍵と、小物を入れる場所がないのです。ズボンのポケットが膨らむのは嫌だし。肩掛け鞄を使っているのですが、どうも様になりません。
小物入れ(ポーチ)は紐がついていないので、手で持たなければなりません。これは不便です。どこかに置き忘れる自信があるし。デパートで聞いても、肩掛け鞄(ショルダーバッグ)しかないようですね。鞄部分が腰に来るか、背中に来るかの違いくらいです。何か良いものがありませんかね。(2016年7月18日)

(2地域居住を練習中)
今週は、月曜から木曜まで、4日間の福島勤務でした。毎日、部下や秘書が、忙しく仕事を入れてくれます。それは、喜ぶこととして・・・。
2か所で勤務すると、いろいろと身の回りの準備が必要になります。公用パソコンは福島でも東京でも、同じもの(電子メールなど)を見ることができるので、これは便利です。とはいえ、いつも使っているお気に入りの万年筆などは、東京に置いてあるし。
下着はもちろん、替えの上着とズボン、靴なども、宅急便で送っておきました。細々(こまごま)としたものが、必要になります。使い慣れたボールペンをもう一本、オードトワレを同じものを一瓶・・。昨日と一昨日は、福島は最高気温が20度です。今日の阿武隈高地も涼しく、上着とネクタイでちょうどでした。夕方東京に帰ってきたら暑くて、ネクタイを外しました。
私用の携帯パソコンも、ホテルのケーブルにつなぐと、難なく使えました。これは便利です。毎日、けっこうな電子メール(私用の)をいただくので、その確認、返事は重要なのです。もっとも、このホームページは、自宅パソコンからしか、加筆できないようにしてあります。それで、この3日間、更新できませんでした。見てくださった方には、申し訳ないのですが。この問題を解決すべく、あのIT社長に依頼中です。
3泊4日といっても、私の場合は、仕事場があり、ホテルも連泊するので、楽です。かさばるものや洗面道具などは、宅急便で送っておき、ホテルや仕事場に置いておけば良いのですから。毎日移動しながら仕事をしている営業の方は、大変でしょうね。
一番の問題は、食事です。ホテルの朝食は、内容も充実しています。夜は、懇親会があり・・・。昼は外食、コンビニ弁当などになります。かなり気を遣っているのですが、東京でキョーコさんの弁当(カロリーを計算したもの)を持たされているのと、同じようにはいきません。4日間で2キログラム以上太りました。来週は、もっと節制しましょう。(2016年7月7日)

(暑い東京)
いや〜、今日は暑かったですね。早起きをして、原稿書きをしたのですが、午後からは、さすがに耐えかねて、冷房を入れました。東京都心でも、35度だそうです。いくつか買い物や、区立図書館に行く用事があったのですが、夕方まで待ちました。薄いベージュ色のズボン、パナマ帽子、お気に入りの茶色の靴という「ちょい悪親父」スタイルで、出かけました。最近気に入っているのです。キョーコさんには、笑われています。「似合わない」と。汗びっしょりになり、かなりのダイエットに成功しました。
最近、帽子をかぶる男性が増えました。パナマ帽やそれに似たものです。良いことですねえ。秋冬にも、はやるとうれしいです。
昨日、庭木に水をやっていたら、椿にチャドクガの卵が産み付けられていました。その葉は処分しましたが、剪定を下半分で中断していたので、残りもしなければなりません。密集した風通しの悪いところに、卵を産むのです。今日は夕方日が陰る頃を待って、剪定に着手。途中で、もう一か所、卵が産み付けられていました。これも、早速に処分。これまた、汗びっしょり。冷たい水のシャワーが気持ちよいです。さあ、ビールがおいしいですぞ。(2016年7月3日)

(個人番号カード受領)
今日は朝から、個人番号カードをもらいに、区役所へ。1月初めに申請して、先週、ようやく交付通知が来ました。待ち時間も短く、サッサと交付してもらえました。住基カードの返還、廃棄も同時に。窓口の職員の応対も良く、「休日も大変ですね」と声をかけたら、「お待ちいただいているので、少しでも早く交付できるようにしています」との答。
あわせて、参議院議員選挙の期日前投票も済ませました。区役所を出てきたら、NHKの出口調査員に捕まりました。調査に協力すると同時に、こちらも調査をしました。1日に80人くらいの人が、答えてくれるそうです。声をかけたら「忙しいから」と拒否する人もいますが、かなりの人が応じてくれるとのこと。ただし、どこまで正確に回答していますかね。投票した候補者名を回答用紙に書く、それが調査員に見られるのは、抵抗ある人もいるでしょう。(2016年7月2日)

(発掘された日本列島)
昨日土曜日もいろいろ雑用があったので、今朝は5時に起きて、連載原稿の執筆。午前中は、孫のお相手。これが一番疲れます。
午後からは、まずは上野の国立博物館へ。日本と韓国の2つの半跏思惟像が特別展示されています。1400年前に、これだけの表情豊かな仏像が作られたのですね。そして、残っているのです。残念ながら、韓国の仏像はどのように伝世したか不明のようです。
そして、14 時30分には、両国の江戸東京博物館へ。今年も「発掘された日本列島」を見るためです。15時から文化庁の専門家による解説があるので、それまでに一通り見ておくのです。今年も、びっくりするような品がたくさん並んでいます。震災復興の過程で発見された文化財も、たくさん展示されています。そして、いよいよ15時からは、K調査官による解説。毎年M調査官の解説を楽しみにしているのですが、今年は私の日程が合わず。K調査官の解説も、とても良かったです。テーマを設定して、その角度から主な出土品の意味を教えてくれます。展示品とそれに付いている解説文を読んでいるだけでは、絶対わからないことばかりです。一緒に聞いていた観客たちも、一様に頷いていました。
お薦めです。ぜひ、調査官の説明のある土日(+金曜)のその時間帯に、行ってください。日時は、ホームページの下に載っています。その後、全国を巡回します。(2016年6月26日)

(夏椿)
今年も、わが家の玄関先の夏椿が、花を咲かせました。数週間前から、つぼみが膨らんできたので、いつかなあと待っていました。夕べ帰ったら、開き始めていました。今日帰宅したら、花が4つほど落ちていました。一日花なので、私が帰る頃には、落ちているのです。
しばらく、白い可憐な花を楽しむことができるようです。去年は、6月9日に咲いています。お師匠さんの言いつけを守り、枝は伸ばしたままで、肥料を与え、水もやっています。(2016年6月7日)

(初夏)
初夏のさわやかな風が吹いています。木々の緑がきれいです。お向かいの庭のスイトピーが色とりどりの花をつけ、チョウチョが舞っています。ご近所のびわの木に実がなり、ザクロの赤い花が鮮やかです。わが家の夏椿もつぼみが膨らみ、もうじき花が開くでしょう。
東郷青児記念美術館の「フランスの風景 樹をめぐる物語」もよかったです。(2016年5月29日)

(社会の変化、退職者が増えると、2)
先日(5月19日)、若冲展で、私は仕方なく連休中に行き80分待ちで入り、それを聞いて平日に行った友人は90分待ちだったことを書きました。その友人から、続きが送られてきました。「65歳以上が無料となった5月18日には、なんと、11時の段階で320分待ちとのこと。その時点で入場しても、閉館時間まで1時間なので、その後は制限されたのでしょう」とのことです。
若冲展のホームページを見ると、「5月18日(水)はシルバーデーにつき65歳以上の方は無料。当日は大変な混雑が予想されます」と書かれています。いよいよもって、私の推論「高齢社会では、平日を狙っていく人が増えるので、逆に休日の方がすいている」が当たっているようです。この展覧会は、24日で終わります。明日と明後日は、どれくらい混むのでしょうか。(2016年5月22日)

(社会の変化、退職者が増えると)
先日、若冲展で80分並んだと書きました。連休中の5月4日のことです。これを読んだ友達が、同情してくれました。そして彼は、平日の朝、開館前に行きました。90分待って、開館と同時に入ったそうです。しかし、出てきたときには3時間待ちとの表示が出ていたとのこと。彼曰く「私の方が気の毒でした」と。苦笑。ところが、もう一つ同じようなできごとがありました。先日の土曜日に、キョーコさんと六本木の新美術館のルノアール展に行きました。待ち時間なしで入れました。別の日の平日に、キョーコさんが他の人と行ったら、大変な混みよう、かつ賑やかだったそうです。女性と高齢者の軍団に占拠されて。レストランもです。
ここからは推測です。私たち勤め人は、休日しか行くことができません。他方、主婦や退職した人はいつでも行くことができるので、すいている平日を選ぶのでしょう。ところが、退職した高齢者が増えて、平日も混むようになったというのが、私の見立てです。たった2回ことからの推測ですから、ええ加減な話です。(2016年5月19日)

(記念スイカの売れ行き、顛末)
覚えておられますか、2014年12月にJR東が売り出した、東京駅記念スイカ。希望者が殺到して、窓口売り出しを停止しました。その後、ホームページや郵送で受け付け、全員に販売することにしました。このホームページでも、その混乱ぶりと売れ行きを紹介しました(2015年2月4日)。
今日5月9日の日経新聞夕刊に、その結果が載っていました。1万5千枚の予定が、427万6千枚売れたとのことです。すべての発送を終えたのは、今年の3月とのこと。値段は1枚2千円。かけ算してみてください。世の中には、まだまだ売れるモノがあります。(2016年5月9日)

(大型連休、3)
大型連休も、終わりました。この間、各地は天候にも恵まれたようです。皆さんお出かけになったでしょうか、ゆっくりとお休みになれたでしょうか。熊本の被災地では、なお余震が続いているようです。早くおちついて、安心して本格復旧に入れると良いのですが。
私も、旅行、孫のお相手、原稿書きと、あっという間に過ぎてしまいました。それぞれに、そこそこの疲労を残しつつ(苦笑)。明日から、また頑張りましょう。(2016年5月8日)

(大型連休、2)
東京は、今日も晴れ渡り、良い天気。気温は7月上旬並みとか。皆さんも、良い季節の休日を、楽しんでおられるでしょうね。
私は1週間近く遊んだので、今日は閉じこもって連載の執筆。連休前に、第2章第2節を書き上げ、ほっとしたのもつかの間。次の締めきりが迫ってきます。一つのことをするためには、何かを切り捨て、あきらめなければなりません。とほほ・・仕方ありませんね。原稿は、新しい節「人は外見で判断される」に入りました。思いつくことはいろいろとあるのですが、どのような組み立てにするのかを、試行錯誤しています。形になるには、しばらくかかりそうです。
肝冷斎は、関西遠征を敢行中のようです。(2016年5月5日)

(若冲展)
今日は決心して、上野の「伊藤若冲展」へ。混んでいるかなと思ったら、都美術館の前にはとんでもない長い列が。最後尾で整理している職員に聞くと、90分待ちとのこと。「いつだったらすいていますか?」と聞くと、「毎日大変な人出です」と言われました。夏を思わせる日差しの下、一瞬ひるみましたが、期間が短いこともあり、キョーコさんが「見る」と宣言。80分並んで、入場できました。
まあ、良くこれだけも細かく書き込めたものですね。そして、色の鮮やかさ。ここ数年で、何度か見ていますが、いつ見ても感動します。並んだだけのことはあります。
若冲と言い、カラバッジョと言い、学生時代には知らなかった、教えてもらわなかった画家です。(2016年5月4日)

日記61へ戻る。目次1へ戻る。