日記63


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
表紙へ戻る。


(休日、連載の執筆)
早いもので、明日で10月も終わりです。東京は、急に寒くなりました。
連載の執筆は、ようやく、第3章第2節2「企画と立案」を書き上げました。今回は、内容にも悩み、右筆の助言をもらいました。原稿を右筆に送り、手を入れてもらいます。いつもながらの、自転車操業です。
連載続きを書く前に、「初級編」の単行本の校正を急ぎましょう。そのうちに、年賀状の季節も来ますね。(2016年10月30日)

(早い1週間)
今週も、あっという間に過ぎました。困ったものです、気がつくと、金曜日です。
今週は、月曜日は大阪へ、火曜と水曜は福島勤務、木曜と金曜が東京で勤務でした。その間、毎日異業種交流会やらがあって・・・。この移動が、時間が経つのが早いと感じる要素の一つのようです。じっくりと落ち着いて、一つのことができないのです。
仕事場には、いろんな方が訪ねてきてくださり、またいろいろと相談が持ち込まれます。電子メールでも、たくさん。まあ、それが仕事なのですがね。秘書が、来週と来月の日程を打ち合わせてくれるのですが、どんどん予定が埋まっていきます。ありがたいことです。
本業の他に、次の講演の準備も必要ですし、原稿の締めきりも追いかけてくるし。懲りずに、次の企画を考えています。ははは・・。(2016年10月21日)

(結婚披露宴、ご両親に喜んでもらう)
昨日、10月1日土曜日は、元復興庁の職員の結婚式。2年間苦労をかけました。厚労省に復帰して、活躍しています。冒頭の祝辞で、ご両親と新婦のご両親に、新郎がいかによく仕事ができるかを報告し、喜んでもらえました。この週末も、よく働きました。(2016年10月2日)

(帰ってきた肝冷斎)
肝冷斎は、1週間ほど韓国に、遠征に行っていたようです。野球の報告は、韓国のリーグです。広島カープのファンで、優勝の場面には間に合ったようです。25年ぶりの優勝立ち会えたのですから、運の良いファンです。その瞬間には、涙を流したとか。
肝冷斎日誌は、1週間もお休みをしていました。毎回、「もう駄目だ」と愚痴を言っているようですが、ええコトしていますねえ。(2016年9月12日)

(板倉神社例大祭)
今日は、板倉神社の例大祭に参列しました。板倉神社は、福島藩主板倉氏を祀った神社で、福島城内にありました。今は、福島県庁本館の東隣にあります。今の県庁が福島城跡ですが、戊辰戦争の時に賊軍となり、お城は新政府に破却されました。県庁裏に土塁の一部が残っています。神社の場所は、かつては御殿のお庭だったようです。すぐ下を阿武隈川が流れ、眺めの良い庭園だったでしょうね。
第20代板倉家当主が自治省の先輩で、そのご縁で呼んでいただきました。明治維新(廃藩置県、版籍奉還など)から150年、戦後改革(華族制度廃止、財産税など)から70年が経ちますが、旧幕時代のつながりが続いているのですね。
板倉神社社殿は、大震災で大きく壊れましたが、立派に再建されています。県庁近くに行かれたら、ぜひお寄りください。(2016年9月4日)

(いかにも怪しいメール)
今日、携帯電話にメールが届きました。差出人は、見るからに変なアドレスです。表題は「メールアドレスを変更しました」で、文面は「お久しぶりです。また、食事したいですね。返事ください」です。
こんなメールに、返信する人がいるのでしょうか。笑い。直ちに削除しました。私とメールのやりとりをしている誰かの、携帯電話かパソコンが「汚染」されたのでしょうね。
復興庁の私のパソコンには、標的型メールと思われる「怪しいメール」がしばしば来ました。政府機関は狙われているようです。でも、個人携帯電話に来たのは、初めてです。(2016年9月2日)

(富士総合火力演習)
今日は、東富士演習場(御殿場市)まで、陸上自衛隊の「富士総合火力演習」を視察に行ってきました。心配された雨も、演習中は降りませんでした。ただし、雲が低く、航空機が上空を飛んでいる姿や、そこから発射されるミサイルは見えませんでした。着弾は見えました。富士山も見えませんでしたが。2万人を超える観衆が集まっているので、雨が降ったら大変です。
さすがに、戦車などの実弾射撃は、迫力があります。8月14日から、全国から呼ばれた部隊が訓練を重ねたのだそうです。遠くの的に、一斉に命中させるのは、訓練がいるでしょうね。もちろん、実戦はない方が良いのですが、国際情勢は、そんな平和なものではないようです。ふだん私が付き合わない方々と意見交換、というか、いろいろ教えてもらいました。
ところで、大震災の際には自衛隊が大活躍したのですが、意外だったのが、お風呂です。食事などの必要品は運び込み、またトイレも仮設で設置しました。最後まで「日常」でなかったのが、お風呂です。水と設備と燃料が必要なのです。お風呂を持っている、持って行けるのは、自衛隊だけです。発災1か月後の調査でも、「お風呂に入っていない」という回答に驚き、納得しました。お風呂のないところでは、体育館などの避難所から、ホテルなどに「休息」に行ってもらいました。(2016年8月28日)

(高円寺阿波踊り)
今日から、高円寺阿波踊りが始まりました。年に一度のお祭りなのに、残念なことに、今年も雨です。わが家に響いてくる鐘とドラムの音も、心なしか湿っています。近年の阿波踊りは、雨が多いような気がします。昨年の日記(2015年8月29日)を見たら、去年も天気は良くなかったようです。(2016年8月27日)

(8月21日)
8月も下旬になりました。早いものですね。暑い日が続いています。台風が3つも続いてきて、豪雨の被害も出ています。被害が大きくならないことを祈っています。
リオのオリンピックで日本選手の活躍が続き、甲子園が終わりました。私の週末は、いつもと同じです。雨の日だと、孫を公園に連れて行けないので、家で時間をつぶすのは、これまた大変です。連載の原稿は、構成に悩み、試行錯誤しています。水のシャワーは気持ちよく、書斎では辛抱しきれずに冷房を弱めに効かせて、呻吟しています。
本屋に行くと、読みたくなる本がたくさん、誘ってくれます。買うのは良いのですが、読まずにたまるので困ったものです。「時間が足りない」と嘆くのですが、それは「好奇心の多さに、時間が追いつかない」と言った方が正確ですかね。何をあきらめるか。まだまだ解脱できません。(2016年8月21日)

(お盆休み)
お盆の休日、12日を休むと4連休ですね。15日16日もお休みの方もおられるでしょう。皆さんそれぞれに、楽しい夏休みをお過ごしでしょう。暑い夏の日が続いていますが、東京の朝はそれほどでもなくなりましたね。
私はカレンダー通りに出勤し、土曜日も飯舘村に行ってきました。「お盆の土曜日に出張ですか。大変ですね」と聞いてくださる人がありますが、人に会うのが仕事ですからね。(2016年8月14日)

日記62へ戻る。目次1へ戻る。