日記13

今日は、砂原庸介君の結婚式にお招きをいただき、行ってきました。新郎は、私が東大に教えに行っていたときに、塾頭をつとめてくれました。東大の山本泰先生(社会学)や内山融先生(政治学)、一橋の林正義先生(財政学)、大阪市立大学の北村亘先生(政治学)らと、同じテーブルでした。最初の挨拶をさせてもらったあとは、先生方といろんな話、普段霞ヶ関ではできない話をしてきました。他流試合はおもしろく、ためになります。
夕方からは、地方財政学会に参加しました。もっとも、議論は終わっていて、懇親会と2次会です。今年も、たくさんの参加者があったようです。学者だけでなく、実務家も参加しています。これまた、いろんな話を聞けて、ためになります。皆さん、地方財政改革の行方に関心があり、心配しておられます。
何人もの方から、質問というか、ご叱正を受けました。「進む三位一体改革ーその評価と課題」の続きはまだですか。「地方交付税−仕組と機能」の改訂版はいつ出るのですか。「明るい係長講座」を早く出版してください、などなど。すみません。「進む三位一体改革」の続編は、月刊「地方財務」6月末発行号に載せるべく、がんばっています。(5月27日、28日)

鎌田浩毅京都大学大学院教授が、PHP新書「ラクして成果が上がる理系的仕事術」を出版されました。私のHPで何度か紹介しましたが、先生は、「科学の伝道師」を自称しておられます。小生もささやかながら、地方自治・日本の行政の伝道師を自称しているので、おつきあいをさせてもらっています。先生のHPにあるように、もう何冊も伝道師としての著作を出しておられます。そのアウトプットとわかりやすさに、脱帽します。難しい論文指導でなく、新書という形が表すように、一般人・文系の人間を対象とした本です。ご関心ある方は、ぜひお読みください。(5月19日)

(9連休)
休みって、あっという間ですね。天候が良かったので、皆さん楽しめたのではないでしょうか。9日もあると思っていたのに、もう明日からお勤め。早速、参議院行革特別委員会です。
私は、一橋大学院の準備はしましたが、原稿「続・三位一体改革」は完成せず。どころか、まだ3分の1しか進んでいません。結構難渋しています。とほほ。でも、長年放置してあった大量の本を、整理できました。もっとも、新しい書斎への収納はこれからです。その他、親孝行を少しと、仲人のまねごともしました。奥さんのお供をして、スーパーの買い物にもついていきましたし。ゆっくりとできたことで、良しとしましょう。(5月7日)
3日は良い天気でしたが、原稿書きで終わり。でも、連休中に終わりそうにありません。ごめん、川原編集長。(5月4日)
今日2日は、東京は雨、というより雷も鳴る悪天候でした。気温も昨日の30度近くから15度程度と、7月から3月へ逆戻りでした。せっかくの連休なのに、引きこもって、原稿書きにいそしんでいます、はい。(5月2日)
皆さん、連休をいかがお過ごしでしょうか。私も、5月1日2日は国会が「開店休業」なので、自宅勤務にしてもらっています。実は、連休明け8日の国会の質問通告が出そろっていないので、総務課はそれを待って、該当する課に割り振らなければなりません。職員は出勤していますが、私は電子メールを利用して、自宅でその結果を見ることで済ませてもらっているのです。職員のみんな、ありがとう。(5月1日)

今年も、総理主催の桜を見る会にお招きをいただき、夫婦で行ってきました。心配された天気も、花曇り時々晴れでした。今年は、ほとんどの桜は終わっていましたが、八重桜が満開でした。
霞ヶ関界隈も、桜が終わり、新緑が映える時期になりました。ご近所に、小さなリンゴのような実を、枝いっぱいにつける木があります。名前は知らないのですが。その白い花が満開で、風に散っています。(4月15日)

(拙著の検索)
インターネットによって、どんどん便利になりますね。書店による在庫照会システムは、欲しい本の確認を超えて、様々な利用ができます。例えば、ある著者の著作一覧も、簡単に見ることができます。どのような内容かも、ある程度は分かります。よく利用させてもらっています。今までだったら、本屋に行くとか図書館で調べるとか、結構手間暇がかかりましたよね。しかも、全部がそろっているわけではありませんし。
三省堂書店が、共著も含めてたくさん検索できるようです。私のHPには、「著作等」のページの下に、紀伊国屋書店ジュンク堂八重洲ブックセンターなどにリンクを張ってあって、時々自分の本を見ています。「この本屋は僕の本を置いていてくれて良い本屋だ」「この店は売り切れてしまった」とか・・(笑い)。アマゾンの場合は、売り上げランキングも出ます。さらに、古本まで出品されています。拙著「地方交付税−仕組と機能」は出版社に在庫がないようですが、新品と一緒にたくさん古本が出ています。
「うーん、僕の名著を古本屋に売るとは、けしからん奴だ」なんて言っていたら、職員から「古本屋に出るほど売れている、ということじゃないんですか」と、慰められました。(4月9日)

(桜)
この週末、東京は良い天気に恵まれました。八重桜が咲き始め、近所ではハナカイドウや桃の花が咲き誇っています。拙宅のプランターでも、暮れに植えたチューリップが咲きました。もっとも私の週末は、講義の準備です。はい。(4月9日)
今日は、先週に続いて善福寺川緑地に花見に行ってきました。桜は満開、天気も良く、花見客でごった返していました。(4月1日)
今日は放課後に、桜田門から半蔵門、千鳥ヶ淵を経て九段まで、桜を見ながら散歩して帰りました。日記を見たら、去年は4月7日ですから、今年は1週間早いですね。桜は満開でした。皇居のお堀は夕暮れ時で、桜はライトアップされた夜桜です。異様なほどにきれいですね。もっとも、今日は風も強く寒くって、花見客もコートを着てふるえながらお酒を飲んでいました。(3月31日)
4月1日の、人事異動が近づいてきました。今日も、後輩の送別会がありました。それぞれ、新しい職場への希望にあふれておられます。そして、少しの不安とに。新しい季節、新しい職場は、人間を元気づけますね。(3月27日)
皆さんのところは、この週末は良い天気だったでしょうか。東京は気温も上がり、桜がかなり咲きました。近くの善福寺川まで自転車で行ったら、川縁の桜並木は、ほぼ5分咲きでした。中には、すでに満開になっている木もありました。木蓮の白、れんぎょうの黄色、残っている椿の赤も美しく、春になったことを感じます。プランターのチューリップも、葉が伸びてきました。ということで、今週末も原稿は進まず。ごめん、川原編集長。(3月26日)

このHPを見てくださる方に応えるため、なるべく毎日更新するようにしているのですが、できない日もあります。すると翌日、課員が「課長、夕べは飲み過ぎですか?」と聞いてくれます。そういう日もあるのですが、51歳にもなったので、かつてほどは、飲み過ぎることはなくなりました。正確には、飲めなくなりました。
逆に、早く家に帰ると、夕食後そのまま寝てしまうんですよね。1日中、国会や議員会館を回っていると、結構疲れると言うことでしょう。「接客業」って、気を遣いますものね(「おまえは、気を遣っていないじゃないか」との声が聞こえてきそうですが。笑い)。(3月25日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記12
日記12