日記4

【HPの効用】
霞ヶ関の「同業者」の方から、「HP見ましたよ」と言われました。『重要広範議案』をインターネットで検索したら、私のHPが出てきたそうです。確かに、そんな言葉を解説しているのは、多くはないでしょう。少し、世の中に貢献することができました。(4月7日)

【大臣等規範】
今日、平沢総務大臣政務官が、「大臣等規範」に違反したとして、麻生大臣に辞表を提出しました。この規範は、平成13年1月6日に閣議決定された、大臣・副大臣・大臣政務官の服務規律です。続きは評論3へ(4月2日)

【飛鳥浄御原宮跡】
天武天皇の宮跡に続き、蘇我馬子の邸宅が発掘されました。私の学んだ小学校の校庭です。隣が、石舞台古墳でした。
飛鳥浄御原宮跡は、橿原考古学研究所のHPに載っています。そのうち151次調査が宮殿跡です。152次調査の説明にでてくる「岡」は地名で、私が生まれたのは「岡1190番地」です。「岡本」は宮殿の名前で、またわが家名の起こりです。もっとも、私は分家です。(3月12日)

今日のニュースで、天武天皇の宮跡が発掘されたと、写真入りで大きく報道されていました。私の生まれ育った近所です。家から約500メートルかな。小学生の時は、付近の田んぼで草野球をしていました。今から考えると、宮殿跡の上でやってたんですね。この隣には板葺宮跡があり、発掘された大井戸跡(今は埋めてレプリカになっています)で、カエルを捕まえて、悪さをしていました。(3月9日)

【東大授業】
今日は、東大の私の生徒達が謝恩会をしてくれました。プレゼントまで頂いて、ありがとうございました。若い人、異分野の人と話をするのは、楽しいですね。客員教授を辞めるのは残念ですが、またいつか会えるでしょう。(3月5日)

【またまた副業】
1月に宮崎で行った講演を活字にしてくださるとのことで、速記録に手を入れています。難しいですね。自分の話が、こんなに「読みにくい」ものとは。でも、私の語りの下手さを除いても、日本語って、話し言葉と書き言葉では、かなりの差があります。口語体でも、というか口語体は、「言文一致」とはいきません。それに、身振り手振りは活字にならないし、黒板を使っていることも。
私は、講演会では、録音をお断りしています。今回は、宮崎県庁の茂補佐の要請を受けてしまいました。(2月29日)

【課長はつらいよ・続き】
昨日、私を支えてくれる職員の名前を載せました。すると、総括国会係(本省の国会担当)から「僕たちの名前も掲載することを要求します。労働者の当然の権利として!」とメールが来ました。そこで、今日はその面々を載せます。「清水 正博、荒井 崇、河内 達哉、渡邉 泰之、山口 大助、原 彰宏、渡部 貴徳、高橋 文武、中田久美子、古淵 隆志」また、大臣秘書官室の2人にもお世話になっています。「市川 志帆、片山 寅真」みんな、ありがとう。これでいいかな、古淵君。(2004年2月27・28日)

法律ができるまで:実況中継】
前回、「それを支える総務課(特に国会担当者)も、大変です・・・。総務課長は、その職員達に支えられています。ありがとう」と書いたら、「そんな1行では納得できません。ぐれます」という職員がいるので、改めて書きます。
私を支えてくれている職員(国会連絡室)は、次の職員です(敬称略、順不同)。「福本 謙二、西浦 敬、永田 雄彦、高橋 伸二、笹山 佳徳、法川 英市、松岡 果奈子、長谷川 章、仲西 章、古川 大樹、岩見 哲司」これでいいだろう、福本さん・長谷川君。その他の職場の職員は、追って載せます。古淵君・市川さん、待っててね。(2004年2月26日)

毎日長時間多くの質問があって、大臣は大変です。もちろんそれを支える総務課(特に国会担当者)も、法案提出課職員も大変です。各議員からの質問通告聴取、答弁資料作成担当課の振り分け、答弁資料の作成。夜に質問が判明し、それも100問にもなると・・。総務課長はその職員達に支えられています。ありがとう。(2月24日)

【困難な副業】
5月22日に開かれる地方財政学会総会で、共通論題「三位一体改革」について報告する予定です(土曜日なので大丈夫かと)。その報告要旨を、事務局に提出しなければならないのですが・・(頑張って、その後、23日に提出しました)。
東大での授業の学生院生の成績評価は、無事提出しました。でも、何人かから預かった卒業論文や修士論文がまだ読めていなくて。他の大学からも博士論文もお預かりしています。総務課長がこんなに時間がないとは・・。ごめん、もう少し時間を下さい。(2月21日)

【増刷】
「新地方自治入門」が、増刷されることになりました。初版の4000部が売れたということです。養老孟司先生の「バカの壁」は200万部を超えているそうです。えらい違いです。それでも、うれしいですねえ。(1月16日)

【省庁改革同窓会】
昨夜、
省庁改革本部「減量班」同窓会に出てきました。私と一緒に、組織・業務・審議会などの削減を担当してくれた(苦労してくれた)同僚との懇談会です。現在はそれぞれ、東京電力・日立製作所・ソニー・内閣府・総務省・厚生労働省・経済産業省で出世して活躍中です。ローマ大使館・ワシントン大使館・大阪府警・山口県庁・宮古市役所で活躍中の人もいますが、参加は無理なので、メールでの参加です。事務局が解散してからも、引き続き年に数回、開催しています。私にとっての財産の一つです。(1月10日)

【一週間】
今年最初の1週間が過ぎました。辞令交付もそこそこに、国会議員会館の挨拶回り(3時間で200枚名刺がなくなりました)。翌日からは、関係者への提出予定法案の説明など・・。あっという間の、1週間でした。
よかったこと:体重が1キロ減りました。歩いて歩いて。
困ったこと:挨拶に行かなければならないところに、行けません。省内の挨拶回りもできていません。でもこれは、最近の異動の度にそうです。3年前の交付税課長就任の時は、辞令をもらう前(年末休み)から単位費用を作っていました。省庁改革本部の時も、着任した日から仕事でした。秘書官の時は、もちろんその日から仕事。
部屋に座っていないので、eメールも見る時間がなくて。ご挨拶できない方には、申し訳ありません。当分、このような生活が続くようです。(1月9日)

【異動】
今日、6日付で、総務省大臣官房総務課長に移りました。国会担当というと、わかりやすいでしょう。他にも仕事はあるのですが。当面は、19日から予定されている国会で、当省から提出する法案の審議と成立を、国会議員の方々にご理解を得ることです。
交付税課長の時は、毎年、2回法案を出していましたし、課長補佐や大臣秘書官の時に、親しくしていただいた議員や秘書の方もおられます。今日も、議員会館などに挨拶回りに行くと、激励やらお祝いの言葉をいただきました。「今日は帽子をかぶってこなかったの?」とか・・。(1月6日)

【2004年・年始のご挨拶】
みなさん、あけましておめでとうございます。ご家族そろって、よいお正月をお迎えのことと存じます。わが家も4人そろって、元気に新年を迎えることができました。
あっという間に、49歳になりました。小学校の時に、高校野球の兄さん達を見て、「すごいおじさん」と思っていました。いつの間にか、追い抜いていました。大学に入ったら、塩野宏先生や西尾勝先生たちを見て、「遠くの山」と思いました。今にして思うと、当時先生達は、30〜40歳代でした。公務員になったときは、課長補佐は「怖い存在」で、課長はまともには口がきけないほど「遠い存在」でした。
こうしてみると、今、自分が50歳近くになり、課長の職を占めていることに驚きます。本人は、「まだまだ若い」と思っているのですが。後輩や子供達、社会に対し、果たさなければならない責任は大きいですね。そう思うと、忸怩たるものがあります。今年もよろしくお願いします。(2004年1月2日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記3
日記3