日記5


【世間の考え】
毎日、新聞記者さんを始め、いろんな人が電話やメールをくださり、訪ねてきてくださいます。「喫茶全勝」と「岡本電話相談室」は、おおはやりです。全てにお相手するのは、結構大変なのですが、すごい「市場調査」になります。岡本の主張に「あれはいい」「わかりやすい」と言ってくださる人、「おまえの意見には賛成だけど、官僚がそこまで言っていいのか」と心配してくださる方、「あの点は反対だ」と異論を述べてくださる方。それぞれ、ありがたいです。
「各省の官僚が『ご進講』と称して(補助金存続の)説明に来るよ」とか、「この間、会った市の職員はぼやいていたよ」「生活保護は・・」「義務教育は・・」なども、とても参考になります。お話を聞くことと、こちらから説明することで、私自身の勉強・頭の整理になります。(7月27日)

【進む副業、なくなる自由時間】
みなさん、3連休はいかがお過ごしだったでしょうか。災害に遭われた方は、避難や後片づけで大変だったと思います。お見舞い申し上げます。総務課は防災担当なので、職員は交代制で出勤です。私は、家で連絡を受けることですみますが(担当職員諸君、ありがとう)。
私は、「進む三位一体改革ーその評価と課題」の原稿書きでした。まとまった時間がとれたので、結構はかどりました。もっとも、他のことができない、ということですが。書きたいことがあって、どんどん増えています。「下」は、今年の進み具合とこれからの課題です。残る2年間だけでなく、その次の予測も書いてあります。そしてそれが、政治的にどのような意味を持つのかも。乞うご期待。
(7月19日)

【今日の見聞】
今日は、恒例の「減量班の会」でした。平成13年に行われた省庁改革に際し、内閣の改革本部で組織等減量を担当した仲間の同窓会です。東京電力・日立など民間人と公務員の連合軍です。今や、それぞれ幹部になって、でもやっぱり組織管理で「苦労」しています。(7月14日)

【今日の見聞】
今夜(9日)は、自治大学校教授時代の生徒さん達(関東の市役所有志)の同窓会に行ってきました。昭和63年からなので、もう16年も続いているんですね。それぞれ市役所の幹部になって、活躍しておられます。でも、集まってみると、みんな「いいおじさん」になっています。「本を読んでますよ」「表紙のデザインは・・」とか「三位一体は・・」と、いろんな意見をもらってきました。(7月9日、11日)

【進む改革、進まない原稿
今日は、「進む三位一体改革:成果と課題」の原稿書きをしました。そのときどきには、このHPに日記風に記録してあるんですが、通して原稿にすると、穴だらけで。しかも、今の職場は財政を離れているので、資料の整理もままなりません。
平日、特に国会開会中は部屋にいません。部屋にいるときは、本業のほかに、記者さんや地方団体からの訪問者がひっきりなしで、そのお相手で、一日が終わります。ありがたいことです。ある人曰く、「喫茶岡本」。でも、この名前は、総務部長の時ももらってました。お茶を出す秘書さんが、大変で申し訳ないのですが。
夜や休日もいろいろな理由で潰れて・・。それに休日は、このHPの整理もしなければなりません。日記が増えて、それを項目別のページに移し替えているんです。例えば、「新地方自治入門補足5」「明るい係長講座メモ2」。今日で総ページは165になりました。(6月27日)

【国会閉幕】
今日、159回国会が閉会しました。総務省提出案件(法律13本、承認案件1件)は、すべて成立しました。関係者のみなさん、ありがとうございました。総務課長として、いろいろ勉強させていただきました。そのいくつかは、「法律ができるまで」と「国会というところ」で紹介しました。でも、一番の仕事の内容は、まだ書いていません。機会があれば、紹介したいと思っています。もっとも、この仕事は「段取り屋」「ロジ」なんで、なかなか解説は難しいのです。部下から、「最も部屋に座っていない課長」という評価をもらいました。私としては勲章ですが、尋ねて来てくださった方々には、いつも留守で申し訳なく思っています。この後は、「副業」の講演の予定が結構入っています。それで、やっぱり部屋にはいないんですよね。(6月16日)

【付き合い、または生き方について】
今日は、高校の同窓会関東地区総会に行ってきました。彫刻家の先輩坂口紀代美さんのスライド付きお話や、ジャズピアニストの後輩安井さち子さんの演奏など、ふだんにない時間を過ごしてきました。続きは生き方論。(6月12日)

【副業】
今年も、政策研究大学院に講義に行きます。週末は、その準備をしました。三位一体改革がどんどん進むので、資料の差し替えが大変です。私は、役所の資料の他に、新聞記事なども使っています。その方が、「臨場感」があります。もちろん、手作りの解説資料も。これが、私の「売り」です。(5月31日)

【パンフレット】
総務省の採用パンフレット「先輩談」に、「社会が求める官僚と官僚が目指す社会と」を寄稿しました。印刷物はできていたのですが、HPに載ったのでリンクを張りました。また、文章は官僚論2に転載しました。私の考える官僚論を述べたので、学生さんの勧誘には不向きだったでしょうか。先日の東大大学院での主張と、一部重複しています。私としては、現職課長としての「説明責任」を果たしているつもりです。平成13年度のパンフレットは、体験談をご覧ください。(5月26日、6月10日)

秘密の黒部・立山ルート
立山黒部アルペンルートは、富山県側から北アルプス立山直下、黒四ダムを経て、長野県大町に出る有名な観光ルートです。今頃は、雪の壁が大きく(10メールを超えているそうです)残っています。このルートは立山を東西に横切るコースですが、立山(黒四ダム)から、北に進むルートがあります。
工事用トンネルを使い、トロッコやケーブルカーを乗り継いで、観光用トロッコ列車に至ります。途中、地下発電所や剣岳を裏から(東から)見ることができます。普通はよほどの山登り・健脚の人しか、行くことができないところです。関西電力の協力で、ヘルメットをかぶって、工事用トンネルを通らせてもらうのです。NHKのプロジェクトXで取り上げられ、2002年暮れの紅白では中島みゆきさんが歌った場所です。
予約制なので人数も限られ、あまり知られていません。普通の地図には載っていない「秘密のルート」です。平成8年からこのように、通れるようになりました。ここに至るまでには、たくさんの関係者のご努力がありました。山口支社長、お世話になりました。(5月6日)

【休日】
今日は、総理主催の「桜を見る会」(新宿御苑)にお招きを受け、夫婦で出かけました。総理は、ご機嫌よく挨拶をしておられました。大変な「人出」で、とても近くにまでは行けませんでした。八重桜がきれいでした。小生は、知人や先輩ご夫婦の写真機のシャッターを押す係りを務めてきました。(4月17日)

【新年度】
挨拶が遅くなりましたが、新年度が始まりました。新入生だけでなく、新しい職場に移られた方も多いでしょう。その意欲と緊張感を忘れず、仕事に取り組んでいただきたいと思います。私の職場でも、職員の異動があり、部屋のレイアウトも変えました。机(すなわち職員)を減らし、不要な書類を捨て、場所をとるソファーを会議机に替えました。
鹿児島県学事文書課長の時も、県庁中の書類を捨てたり、たびたび部屋の模様替えをやってました。当時捨てた書類は、積み上げて20キロメートルを超えたと記憶しています。鹿児島の伝統行事である妙円寺参りほどの距離でした。富山県総務部長の時も、ソファーを会議机に替え、部屋の中の模様替えをして、入りやすく明るくしました。
仕事の方は、国会が開会中で、次に書いたように、毎日「事故処理」やら次の段取りやらに追われています。総務課長がいなくても、国会審議は進むんだと思うんですが。「ロジ」(ロジスティク担当)とは、部外者には理解してもらいにくい、不思議な商売です。それで、なかなか自分の時間がとれず・・。歓送迎会でフルートを吹いたり、富山に講演に行ったり、記者さんと議論したりする時間はあるのですが(そんなことしてるから、時間がないのです)。(4月10日)

日記6に戻る
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記4
日記4