日記2


【来年の交付税総額についての予測報道】
毎日のように、新聞に来年度の交付税総額の見込みの記事が出ています。取り上げていただくのはありがたいのですが、中には不正確で、混乱を招く記事があります。最近の記事から、取り上げてみましょう。続きは、
評論1へ。(2003年12月16日)

相関研究会
今日は、東大の研究会で発表してきました。「予算査定風景の変化に見る日本の行政の変化」です。
内山融先生の要求は「財政による行政支配の神話を疑う」でした。数字と私の体験(ここまでは「地方財務」12月号に書きました)とジャーナリストの書いたものを基に、私見を足して発表しました。
「不平等社会日本」(中公新書)で有名な
佐藤俊樹先生が、鋭い質問をしてくださいました。研究会後も場所を変えて、3人で日本社会を議論してきました。別の世界の人と議論するのは、勉強になります。(2003年12月11日)

【国際貢献:政治のあり方】
昨日(12月9日)、総理が、イラク復興人道支援活動のため、自衛隊と文民を派遣することを決断されました。私は、歴史に残る政治決断だと思います。拙著「
新地方自治入門」第10章で、政治のあり方を議論しました。そして、日本は、この50年間「政治をしなくても済んだ」(p307)と述べました。その際に代表例として出したのが、国際社会での貢献と、国内では税負担の増です(p299)。続きは「新地方自治入門」補足・追加その2のページ(12月10日)

【朝日新聞一面】
今朝の朝日新聞第1面に、私の発言が載りました。
「破綻の聖域 地方交付税」という表題で、「『地方交付税制度は破綻状態に近く、今のままでは制度として維持できない。官僚だけでは処理できなくなっている』総務省の岡本全勝・交付税課長が地方自治体職員ら約140人を前に、制度の窮状を明らかにした。東京・新宿で11月11日に開かれた地方自治講演会。交付税の責任者が吐露した本音に、参加者は驚いた。」という書き出しです。その補足と「訂正」については、
三位一体改革その2をご覧ください。なお、「新聞の第一面に、官僚が実名で出てくるのはいかがなものか」という批判については、別途書きます。(12月4日)

【イラクでの事件】
イラクで、日本の外交官お二人が、亡くなられました。
カンボジアでのPKOで、警察官とボランティアが亡くなったのが、10年前の出来事でした。急きょ、村田自治大臣と現地に飛んだときのことを、思い出します。ご冥福をお祈りします。(12月3日)

【三位一体改革議論】
総理の1兆円決意を受けて、経済財政諮問会議で、議論が進んでいます。
21日には、麻生総務大臣が「義務教育負担金の退職金のみの一般財源化は反対、教員の加配分や事務職員分の一般財源化」を求めました。
地方財政関係者の皆さん、諮問会議の動きを注視していてください。会議に出された資料は、翌日までにはHPに載りますし、議事概要も4日後には載ります。新聞には一部しか報道されませんから。(11月26日)

【休日出勤】
課長補佐の命により、今日は出勤しました。来年度に向けて、交付税の算定方法の簡素化をいくつも検討しています。今年度の補正予算も検討されているとのことで、今年もきつい冬になりそうです。内容については、ブロック会議などで、順次お知らせしています。職員が毎晩遅くまで仕事をしていることには、頭が下がります。(11月24日)

【増ページ】
三位一体改革が、再び動き出しました。「諮問会議で11月から動く(そうでないと動かない)」という予言は一部当たりました。そこで「
最近の資料」のページを整理し、「三位一体改革その2」を増設しました。また、「「新地方自治入門」補足・追加」と「今後の執筆予定」のページを作りました。こうして、自分で仕事を増やしているんですよね。(11月23日)

【音楽の話】
今日は、ピアニストの紹介です。ロシア出身の
イリーナさんです。私の「お友達」である、若林さんのお友達です。詳しくは、クリックしてHPをご覧ください。ショパンのさわりも、聞くことができます。同じ音楽といっても、僕のフルートとは大違いです。いいえ正確には、「同じ音楽」ということが、間違いでした。(11月20日・22日)

【岩波新書】
今月の岩波新書「リサイクル社会への道」(寄本勝美早稲田大学教授著)が出版されました。その中で、清掃費についての交付税措置の重要性が書かれています。最近、交付税制度を十分理解せずに批判する人が多い中で、これほど的確に書いていただくとありがたいです。寄本先生、ありがとうございます。(10月29日)

【お礼状】
最近、著書を頂くことが多くなりました。小生も、拙い書をお贈りすることが増えました。人様々ですね。某大学総長は、すぐに礼状が来ます。大先輩の某元官房副長官も、直筆の礼状が届きます。お二人ともお忙しいのに。メールででも、一言「届きました」と来るとありがたいのですが。音沙汰ない人には、「届きましたか」と聞くわけにもいかず・・。(10月29日)

【朝日新聞のオピニオン】
10月6日の朝日新聞大阪版オピニオン欄「いらちの小憩」に、論説副主幹の桐村英一郎さんが、市町村合併について書かれています。「一人旅選んだ明日香村」です。文中に、「『村民が合併しない道を選ぶのは自由。だがそれならそれで自らの負担で自治を支える覚悟が必要だ』明日香村出身の岡本全勝総務省交付税課長はそう語る。」とあります。桐村さんの主張にすべて同意するわけではありませんが、この点は、正しく伝えていただきました。残念ながら、この記事もインターネットでは読めません。(10月8日)

【最近の副業】
9月27日付け南日本新聞に、インタビュー記事「地方交付税の今後」が載りました。新聞社のHPに載らないので、鹿児島県外の方にご覧頂けないのが残念です。韓国では、すべての新聞記事が、インターネットで見ることができるそうです。大野支社長、木脇記者、遅れてまっせ。(9月29日)
東大の新学期も始まるし、原稿もまだいくつか抱えていて。ほいほい引き受ける自分が悪いのですが。原稿書きのない日曜日の朝が来ないかなあ・・。(連休も債務奴隷状態の・・より)(9月15日)

【普通交付税の算定結果】
月刊『地方財政』8月号(
地方財務協会)に、拙稿「平成15年度普通交付税の算定結果等」が載りました。今年の特徴は、総額の7.5%減少、県分留保財源引き上げなどの改革です。また、普通交付税のほか、交付税を補完する財源についても解説してあります。すなわち、交付税の算定に併せて、臨時財政対策債・第1種と第2種の地方特例交付金・恒久的減税補てん債・先行減税補てん債の5種類も計算しています。地方交付税総額は18.1兆円、これら補完的財源は7.6兆円になっています。地方交付税を語るときには、これら「補完的財源」(交付税の類似財源)も説明する必要があるのです。(9月10日)

【来年の交付税総額】
来年度に向けての各省の概算要求が、報道されています。その中に交付税総額も、出ています。しかし、この数字が、来年度の交付税総額になるわけではありません。予算に出てくる交付税総額には、2つのものがあります。一つ目は、国の一般会計に計上される額で、二つ目は、(特別会計から)地方団体に配られる額です。今回出ているのは、この一つ目の数字(のたたき台)です。
実際には、年末の地方財政対策によって、地方団体が必要とする総額が決定されます。今回出ている数字は、議論の過程の数字です。さらに、交付税の代わりに発行している赤字地方債(臨時財政対策債)の額も、あります。もっとも、この数字だけを見ていると、「交付税は増えるのか」と誤解されそうです。常々申し上げているように、交付税総額は、減少すると見込まれます。(8月30日)

東大での教授業
大学の夏学期の成績評価は、今回もレポートです。これから、26人の力作を読ませてもらいます。(2003年8月18日)

【2003年度普通交付税額】
今日、2003年度の普通交付税の各団体別交付額を決定し、閣議に報告しました。今年度の総額は、約17兆円。前年度に比べ、7.5%の減です。詳しくは、総務省のHPをご覧下さい。併せて、臨時財政対策債(赤字地方債)、地方特例交付金、減税補てん債も決定しました。関係者の方々、ご苦労様でした。国家財政の5分の1もの金額を、間違いなく計算することは大変ですよね。(7月25日)。
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記1
日記1