日記1

【教官控え室小話】
大学院の教官控え室で、講義準備中の船橋洋一さん(朝日新聞コラムニスト。同じく客員教授)にご挨拶しました。
全:「船橋先生も大変ですね、お忙しいのに」
船:「あなたの方がもっと忙しいでしょう、現役課長なのに」
全:「言われてみるとそうですね・・・」(7月12日)

【新著の編集】
2002年度の東大講義録「地方自治50年の成果と課題」の出版準備をしています。原稿をゲラにしたところ、本文だけで450ページになりました。図表などを入れると、500ページを超えます。編集者曰く、「地方自治関係者がいかにお金持ちでも、買ってもらえませんね」泣く泣く3割カットをしています。(6月29日)

【地方財政図書】
霞ヶ関の政府刊行物センターをのぞいたら、レジの横に「地方財政関係図書」コーナーが作られていました。拙著も平積みされてました。関心が高いということでしょう。でも、売れているのかなあ。(6月22日)

【今年の交付税】
月刊『地方財政』4月号(
地方財務協会)に、拙稿「平成15年度地方交付税法の改正と最近の議論について」が載りました。今年度の地方交付税の改正(留保財源率の引き上げ・三位一体改革の芽だし、国会での議論)と、最近の交付税をめぐる議論を解説しました。三位一体改革と財源保障の必要性、財源不足、市町村合併と交付税について述べてあります。拙著「地方財政改革論議」の続きです。地方財政関係者に読んでいただきたいと思います。(5月2日)

【連載完結】
平成14年度東大大学院での講義を加筆して連載していた「
地方自治50年の成果と課題」が、4月28日号で完結しました。連載は、30回、延べ200ページを超える「力作」になりました。これまでの地方行政の解説書とは違うものを目指し、かつ「好きなこと」を書きました。いろんな人から「面白い」とほめていただきました。ありがとうございました。でも、あれだけのものを、わかりやすく書くのは「大変なのです」よ。(4月29日)

【三位一体始動】
4月1日の経済財政諮問会議で、総理から三位一体について、「ハッパがかかり」ました。翌日、財務大臣が「うそつき」と発言する事件がありました。
議事録にリンクを張っておきました。(4月26日)

【投稿のおすすめ】
月刊『
地方財務』(ぎょうせい刊)3月号・4月号に、向井文雄氏の「分都型合併の研究」が連載されています。旧市町村の役場に、機能を分散(残す)ことで、各地区の活力を残そうとするものです。「合併すると、吸収された町村がさびれる」とご心配の方は、是非お読み下さい。向井氏は、富山県職員です。彼の論文が目に付いたので、「斡旋」しました。
皆さんも、論文を書かれたら、『地方財務』編集局に「投稿」してみませんか?書いて残すことは、重要だと思います。富山県には、職員が書く「
デルクイ」という政策情報誌があります。せっかくの良いアイデアを酒飲み話に終わらせず、みんなに読んでもらい、役に立てましょう。(4月30日)

【教授2年目】
東京大学大学院での、2年目の講義が始まりました。1年が経つのは、早いですねえ。初回(10日)には、37人の院生・学部生・留学生が参加してくれました。もっとも、これはガイダンスなので、次回からは少し減ると思いますが。今年は、日本の政治と行政を取り上げます。副題を付けるとすると、「官僚が見た、日本の政治と行政の機能不全」です。かなり荷が重いと自覚しているのですが、挑戦してみます。(4月11日)

【新川文化ホール】
5月24日(土)に、富山県魚津市の新川(にいかわ)文化ホールで『佐藤しのぶソプラノリサイタル』が開かれます。「新川ムジーク・フラウエン」10周年記念です。1995年の佐藤しのぶコンサートの後、料理屋でのうちあげの際、佐藤しのぶさんの前で、フルートを吹きました。佐藤さんは、笑っておられました。残念ながら、日本を代表するソプラノとの合奏とはなりませんでしたが(笑い)。
魚津は5万人の小さな市ですが、いろんな地域活動の活発な、すばらしい町です。ムジーク・フラウエンは、地域の女性による音楽愛好会、文化ホールの応援隊です。私も、新川文化ホールの応援団を自認しています(何度か、フルートを吹かせてもらったことへの感謝も込めて)。佐藤しのぶさんのファンの方、そのほか時間のある方は、ぜひどうぞ。(4月26日)

【富山の深層水】
富山県が「富山湾の深層水」を、売り出しています。ミネラルウオーターだけでなく、有名なところではアサヒビールの発泡酒に使われています。担当職員から「宣伝せよ」と指示を受けましたので、このホームページで紹介します。いろんなことに使われるHPです。(4月25日)

【村田大臣の訃報】
秘書官としてお仕えした村田敬次郎元自治大臣が、お亡くなりになりました。いたらぬ秘書官に対し、たくさんのことを教えていただきました。また、カンボジアPKO緊急出張など、多くの思い出があります。体験記の写真がそれです。ご冥福をお祈りします。(4月2日)

【新年度】
新年度になり、交付税課も新人を迎えました。15年度の算定作業も開始です。4日には、各県の担当者にお集まりいただき、連絡会議を開きます。今年度も算定方法の見直しがたくさんあり、会議も大変です。頑張れ、佐々木係長、北代係長。(4月1日)

【肝冷斎】
下宿人をもう一人増やしました。中国古典を趣味とし、「肝冷斎主人」と名乗っています。彼も、元部下です。私は、その造詣の深さに「大人」と呼んでいます。彼の著作の一部を載せます。絵も彼の作です。今回は、一挙に3部作です。(2月26日)

【欧州地方行財政調査報告書】
昨年秋に行ってきた「欧州地方行財政調査報告書」が完成しました。私の論文(月刊「地方財政」に掲載したもの)の他、団員の力作ぞろいです。B5版で100ページです。小さな市町村がどのようにして自治を守っているか、参考になると思います。余部が少々ありますので、ご入り用の方は、地方財務協会にお問い合わせ下さい。協会の渋谷さん、岡田さん、お世話になりました。(2月10日)
私の担当部分は、月刊『地方財政』2002年12月号に、「制度と運用と−ヨーロッパで地方自治を考える」として掲載されています。その訂正です。69ページの記述で、ドイツの町会議員の手当を年間36万円、「月2万円」と書きましたが、「月3万円」の間違いです。中学生の息子に、間違いを指摘されました。「お父さん、ドイツは一年18か月か?」と。(1月13日)

【祝 ホームページ1周年】
2002年1月7日に、ホームページを開設しました。それから1年です。こんなにページを増やせるとは、考えていませんでした。こんなに多くの人に見てもらえるとは、思っていませんでした。ありがとうございます。(1月6日)

【新年のご挨拶】
明けまして、おめでとうございます。皆様、よいお正月をお迎えのことと存じます。今日は、48歳の誕生日です。もうこの歳になると、めでたさも・・。次回の年男は、還暦です(ひえー!)。今年が、皆様にとってよい年でありますように。(2003年1月1日)

[2002年]
【年末のご挨拶】
今年1年、このホームページをご覧頂き、ありがとうございました。1月7日に開設してほぼ1年が経ちました。皆さんにとって、この1年はどの様な年だったでしょうか。私にとっては、本業の方は、交付税の算定の見直しに明け暮れた1年でした。段階補正、事業費補正、留保財源率です。これは、来年も引き続き進めます。ご理解をお願いします。
副業の方は、なんと言っても、東大の客員教授です。若い人との議論は、勉強になりました。その他、講演や講義が40数回に上りました。京都大学、慶応大学、関西大学、政策研究大学院、名古屋大学、勉強会などなど。執筆の方は地方財政改革論議」を出版し、「地方自治50年の成果と課題」を連載中です。このような機会を与えていただいた関係者に感謝するとともに、わがままを許してくれた課員に感謝します。(前田君、山谷君、西川君、これは「よいしょ」だよ)では、皆さん、よいお年を(交付税課は、29日まで営業しています。)(12月26日)

【ヨーロッパ探検記】
ヨーロッパで、小さな市や町を調査してきました。お世話になったサン・タンニェスSainte-Agnes村を見て下さい。写真載せてあります。(2002年10月16日)

これ以前も日記は書いていたのですが、次々と書き換えていたので、残っていません。
トップへ
トップへ
戻る
戻る