日記6


【本業】
今日は、官房長の代理で中越地震災害対策本部会議に出席しました。防災担当大臣出席の下、各省から被災状況と復旧支援の状況を報告します。また、課題が指摘されます。支援物資は、かなり届いているようです。テントも大量に用意されつつあります。項目も多く、1時間半以上かかりました。現地支援本部とは、テレビ電話で結ばれています。明日も、15時から開かれます。(10月30日)

【副業】
昨夜は、東大で客員教授をしたときの学生さんが、「同窓会」をしてくれました。2002年度と2003年度の合同です。大学院で研究を続けている人、官僚になった人と内定した人、民間への就職が内定した人。それぞれ、元気でした。(10月30日)

【本業】
新潟中越地震や台風被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。総務課長は、総務省の災害担当もやってます。主に活躍するのは消防庁ですが、通信や放送の被害、被災地支援などもあります。23日の夜から、忙しくなりました。職員は交代で24時間勤務です。(10月25日)

【本業】
10月2日の日本経済新聞(プラス1)の「なるほど英語帳」で、総務省の英語表記が取り上げられていました。これまでは、Ministry ofPublic Management,Home Affairs,Post and Telecommunicationsでした。麻生大臣から「長すぎて、かえってわかりにくい」と指摘を受け、変更しました。
新しい名称は、Ministry of Internal AffairsandCommunicationsです。「総務」に当たるいい英語がないので、苦労しました。記事では少しほめてもらっているようで、安心しました。(10月4日)

【本業】
今日、内閣改造がありました。新大臣に総務省の仕事を説明するのも、総務課長の仕事です。でも今回は、麻生大臣が続投なので、楽をさせてもらいました。(9月27日)
閣僚名簿が発表されると、新閣僚が順に記者会見されます。通常、各省は官房長・総務課長・大臣秘書官が官邸で待機して、新大臣の発表を待ちます。そこで、記者会見に臨む新大臣と打ち合わせをするのです。その後、皇居での認証式、初閣議を終えて、大臣が省に初登庁されます。省の幹部と顔合わせをし、記者会見に臨みます。翌日には、新旧大臣の引継などがあります。大臣が留任されると、打ち合わせ等が不要になるのです。大臣の交代に続いて、副大臣・大臣政務官の交代もあります。(9月28日)

【日々の暮らし】
18日は、富山県城端町麦や祭り行ってきました。10年前、県の総務部長だった時に祭りに行きました。その時、河合県会議員(現参議院議員)、佐藤商工部長(現商工中金理事)、川田町長と酔いに任せ、みんなで「10年後に会いましょう」と墨書しました(らしいです)。すっかり忘れていましたが、「証文」が残っていて・・。
富山では、八尾町の「おわら風の盆」が有名ですが、城端の「麦や」と「庵うた」もいい祭りです。伝統を若い人たちが受け継いでいます。伝統的な踊りだけでなく、「よさこいソーラン」的な踊りも加え、外からの若い人たちを交えて、さらにパワーアップしていました。町は、中心部を通る国道をバイパスにせず、拡幅しました。多くの家が立ち退きや建て替えを余儀なくされ、大変だったのですが、その道路を利用して街の角かどで踊りが行われるのです。これも成功の秘訣でしょう。(9月19日)
その際、北日本新聞松井政治部長のインタビューを受けました。19日の朝刊に、「元県総務部長の岡本全勝総務省大臣官房総務課長が十八日来県し、国・地方財政の三位一体改革で、地方六団体がまとめた国庫補助負担金の削減案について『官僚側の抵抗は根強いが、有効な代案を出すのは難しいだろう。最終的に、地方の削減案がほぼ政府の改革案として通るのではないか』との見通しを示した。・・・『改革の先には、地方の責任や厳しい財政運営が待っていることを自覚することも必要』と指摘した。」と載せてもらいました。全文はこちら。(9月19日)

【日々の暮らし】
今日は、ある雑誌のインタビューを受けました。官僚論についてです。インタビューが終わってからのやり取りです。
記者「岡本さんが言うようなことは、官僚の方はみんなおっしゃいます」
全「じゃあ、なんで私に聞くんですか?」
記者「いや〜、実名でしゃべる人はいないんです。しゃべるときは、公務員を辞めたとき。現役だったら、匿名か、出世を諦めた人です。」
全「私はどうなるんですか」
記者「すでに、実名でいろんなことを書いているじゃないですか」
全「とほほ・・」(9月6日)

【季節のご挨拶】
8月も終わりですね。みなさんにとって、よい夏だったでしょうか。全国的には、猛暑、台風と豪雨災害、オリンピックの夏でした。災害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。
政治面では、三位一体改革地方団体案決定と、郵政民営化案が話題でした。ヨーロッパ視察中、ホテルのロビーで日本語新聞を読みながら、ある議員さんがおっしゃいました。「岡本さん、日本の新聞は、オリンピック以外は総務省(三位一体改革と郵政民営化)の記事ばかりじゃないか」「はい、それだけ重要な仕事をしてるんです」
小生は夏休みはもらえませんでしたが、それなりに充実した夏でした。(8月31日)

【再開のご挨拶】
ご無沙汰しておりました。17日から24日まで、衆議院総務委員会海外視察に随行してきました。訪問先はドイツとフランス。郵便事業の民営化や地方行政を勉強してきました。20日(金曜日)の朝のNHKニュースで、ドイツでの調査の状況が取り上げられた(小生もちらっと映った)ので、ご覧になった方もおられると思います。記録は2004年欧州視察随行記のページをご覧ください。
向こうでも、日本語衛星TV放送と日本の新聞があり、ニュースは数時間遅れで知ることができます。また、いつものように携帯パソコンを持っていったので、ホテルでNHKや新聞社のHPを見ることができました。三位一体改革の進行状況(知事会が3兆円削減案をまとめる過程)も、同時に知ることができました。(8月24日)

【日々の暮らし:夏休みは・・】
30日から、臨時国会が始まりました。お引き受けした講演会は、その日程をにらみつつ、資料づくりをしています。「進む三位一体改革−評価と課題」(下)は、書き上げることができました。「骨太の方針2004」を踏まえ、これからの予想や課題などを論じました。40ページを超える「力作」です。乞うご期待。(8月1日)

日記5
トップへ
トップへ
戻る
戻る