日記8

【春】
東京は初夏のような天気が続き、桜は一挙に満開です。
夕方、皇居のお堀端を、桜田門〜半蔵門〜千鳥が淵と、桜を見ながら散歩して帰りました。このコースは、お堀の水と土手の緑とが美しく、都心とは思えません。お堀や皇居の緑はスケールが大きく、振り返ると霞が関と丸の内の高層ビル群との対比もきれいで、絶景です。夕暮れから夜にかけては、空と水面が美しく、一段と風情があります。春宵一刻、値千金。ただし、左側に見える道路と交通渋滞は、「視野から消す」必要がありますが。
半蔵門も千鳥が淵も、花見客でごった返していました。かつては、お花見とは酒盛りと思っていましたが、最近は、お酒抜きで花を楽しめるようになりました。歳ですかね。(2005年4月7日)

やはり、花にはお酒なので、8日は半蔵門へ「お花見」に行ってきました。職場の有志と、夕暮れと夜桜、そしてビールにワインを楽しみました。9日は、総理主催の「桜を見る会」にお招きをいただき、新宿御苑に行ってきました。今年は、時期が早かったこともあり、桜が満開のいい時期でした。天気も晴天で、総理もご機嫌の様子でした。(4月9日)

【新年度】
4月、新年度が始まりました。総務省にも新採さんが入省し、総務課も人事異動がありました。みなさん方の職場・学校・家庭でも、新しい季節が始まったことと思います。
総務省のHPも新しくなり、シンボルマークキャッチフレーズも決まりました。昨年秋に決めた英語名称(MIC)と合わせて「三点セット」になっています。HPの左上とか報道資料の右上に、この三点セットが付いています。
フレッシュマンには、初心を忘れず、勉強を続けてもらいたいです。みなさん、若々しくて良いですね。私にも、あんな時代があったはずなんですが。
街や電車の中でも、たくさん見かけました。すぐにわかります。でも、男性も女性も、みんながそろって「黒いスーツ」を着るのは、なんとかなりませんか。異様です。組織への同調・忠誠を示しているのでしょうが。
こんなスタイルは、官僚と銀行員と××団だけでしょう。それぞれ、個性を殺して組織への忠誠を重要視する集団です(失礼)。もちろん、警察や自衛隊などもありますが、それらは制服があります。
組織に同調することは必要ですが、個性を犠牲にしてまで忠誠を尽くすことでは、これからの時代は生きていけません。近年のいくつかの会社や組織の失敗・不正・衰退がそれを示しています。
もっとも、「帽子(ボルサリーノ)をかぶり、クレリックシャツを着て、グレーのジャケットに色違いのズボン、関西弁の官僚になれ」とまでは、言いませんよ(笑い)。(4月2日)

【文化の香り】
イリーナさんが、あたらしいCDを出しました。前に一度紹介したことがあります。詳しくは、クリックしてHPをご覧ください。と書いたら、発売元の若林夫妻から、「モスクワで芸術を楽しんでいます。イリーナさんの両親にも会って」という便りが届きました。絵はがきの消印は、3月15日ですが。(3月26日)

【ご期待に沿えなくて】
インタビュー「戦後民主主義の変容をもたらす分権改革のインパクト」東京リーガルマインド広報誌『法律文化』2005年4月号。インターネットでもご覧いただけます、と書いたら。何人かの方から、意見をいただきました。その添え書きから、紹介します。
「今後とも、HPで最新の情報を提供してください。新しい著作も期待しています」→すみません。なかなか執筆できなくて。
「今後も、ますます過激な内容を期待しています」→本人は、そんな過激なことを書いているつもりはないのですが。(3月22日)

【労働者の権利】
今年も、職員から要求が来ました。「掲載の件、今年もよろしくお願いします!労働者の当然の権利として!」
僕がお世話になっているのは、次の職員です。
第1弾は「国会連絡室」のメンバーです。本島 栄二、福本 謙二、永田 雄彦、高橋 伸二、田口 雅人、長谷川 章、仙波 朋子、内山 忠則、織田 修亨、新井 篤史、岩見 哲司
毎日、朝早くから夜遅くまで、しかも難しい仕事を、ありがとう。(2005年2月24日)

今日は第2弾、総括国会係(本省の国会担当)のみんなです(順不同、敬称略)。北原 久、井上 勉、瀬戸 隆一、黛孝次、山口 大助、原彰宏、大堀 芳文、浅岡 浩人、清重 典宏、稲葉 幸子
昨日第1弾のメンバーは、国会の最前線部隊です。部屋も、国会内にあります。国会議員から、通告を受けて、質問を取ってくるのが仕事です。今日のメンバーは、本省で各部局との間で、質問と答弁資料を調整するのが仕事です。各局からの答弁資料をセットして、朝の大臣レクに備えます。
「敵」を相手にするのと「身内」を相手にするのと、どちらが難しいと思いますか。もちろん、一般論ですが。
昨夜も、ほぼみんな、職場で夜を明かしたそうです。今日も、月曜日の質問が出そろわず、職員には休日出勤してもらいます。小生は、自宅でインターネットで対応します。昔は、上司と電話で連絡を取っていました。その後、ファックスで送るようになりました。しかし、総務課長では分量が多く、夜中じゅうカタカタ鳴るのも困りもので、今はメールにしてもらっています。
かつて大臣秘書官の時、大臣から「朝起きたら、びっくりしたよ。食卓がファックスの用紙で埋まっていた」とか「岡本秘書官、ファックスはありがたいけど、止めてくれ。夜中中うるさいのと、紙を補給するのが大変だから」といわれたことを思い出します。(2月25日)

今日はその第3弾、大臣秘書官室のみんなです(敬称略)。
片山 寅真、大原 禎郁、市川 志帆
彼らは、大臣のお側で、日程調整とその他のお世話をする係りです。合計すると絶対入りきらない(時間が足りない)大臣に対する説明・面会などの時間を、見事1日のうちに入れてしまいます。ありがとう。
さて、名前を載せた面々のうち、去年と今年と2回載った人は誰と誰でしょう。(2月28日)

【総務省の仕事】
総務省は、今年からメルマガを発行しています。「発表が遅い、少ない、不親切」と批判される役所ですが、結構いろんな内容が入っています。前に書いた「青少年スポーツのメッカ作り事業」なども、載ってます。もっとも、地方行財政のほか、通信、統計などが一緒に入っているので(総務省の所管がいろいろあることを反映しています)、その点をご了解ください。(1月31日)申し込みはこちら→総務省メールマガジン

【本業】
28日に、総務省から「スポーツ拠点づくり推進事業」の選定が発表されました。これは、小・中・高校生が参加する各種スポーツの全国大会を、各地持ち回りでなく、ある市町村で継続的に開催しようとするものです。例えば、「野球の甲子園」「ラグビーの花園」です。全国各地に、青少年があこがれとするスポーツの拠点=メッカを作ろうとしています。麻生大臣の肝いりで始めました。良い試みだと思います。(1月31日)

【2005年・新年のご挨拶】
明けまして、おめでとうございます。みなさん、よいお年をお迎えのことと存じます。わが家も4人そろって、元気に正月を迎えました。
小生は、50歳になりました。世間では、「いい歳のおじさん」ですよね。もっとも、本人にその自覚はなく、まだまだ若造と思っています。総務課長らしい貫禄は、ありませんし(部下はいやがってるでしょうが)。といっても、今月下旬には国会が始まるので、来週から早速、本業が忙しくなります。
今年は、三位一体改革にとっても、重要な年となるでしょう。昨年火がついた「地方団体の結束」を消すことなく、前進へのエネルギーに変えなければなりません。放っておいただけ、要望だけでは、改革は進みません。もう一工夫と一努力が必要です。改革を進めるために、「伝道師活動」も精を出すつもりです。
後輩や子供たちに、少しでも良い日本を残すために、微力ですが頑張ります。今年もよろしくお願いします。(2005年1月1日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記7
日記7