日記10

【自治と分権の実践】
沖縄自治体職員ネットワーク(いちゃりば)の仲間が、がんばっています。夏にお世話になった幸地さんが、ホームページに「地域づくりで三方一両得」を書いています。南風原町では、わかりやすい予算書の試みとして、「ハイさいよーさん〜見るだけで、すべてがわかる町の予算〜」を作りました。沖縄自治研究会は、「沖縄自治州あたなはどう考える?−沖縄自治州基本法試案−」というブックレットを出版しました。「紹介せよ」との指示(依頼)を受けましたので、このHPで紹介します。ご関心ある方は、ご覧下さい。(2005年10月30日)

【うれしいこと】
先日、タクシーに忘れた傘が、今日戻ってきました。その日は降りてすぐ気がついたのですが、タクシーは走り去り・・。会社(組合のマーク)を覚えていたので、インターネットで、組合の忘れ物受付にお願いしておきました。すると、問い合わせが来て、「何時頃、どこで乗ってどこで降りたか、どんな傘だったとか」と聞かれました。数日後に、「見つかりました」と連絡がありました。そして、今日、職場まで届けてくださいました。ありがとうございました。でんでん虫の個人タクシーは、良いタクシーです。
ロンドンで買ってきた、お気に入りの細身の傘だったので。なぜ高い傘は、すぐなくなるのでしょうかね。500円傘は全然なくさないのに、海外で買ってきた傘はすぐなくします。これで?本目です。タクシーに乗ったときは、ドア側に置くようにしているのですが、その日は・・。(10月18日)

【気になったこと】
朝日新聞28日夕刊「新日本百名山」から。
「ちょっとしたトラブルがあると、携帯電話でヘリを要請してくる登山者が増えたと聞くのは残念なことである。長野県警の人の話では、こんな会話があったという。
『はい救助隊です』
『すみません、歩けないのでヘリをお願いします』
『了解しました。警察のヘリは点検中ですので、民間のヘリを要請しましょう』
『それじゃ結構です。歩いて下ります』」(2005年9月28日)

【日々の暮らし】
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったものです。先日まであれほど暑かったのに、台風が去って、東京は急に涼しくなりました。今朝は半袖では寒くなったので、長袖にしました。すると、ネクタイがないと様にならず、上着も必要となります。クールビズは自然と終了ですね。ただし私はスーツには戻らず、ズボンとそろいでないジャケットにしていますが。今年の霞ヶ関は、クールビズがすっかり定着しました。もっとも、定着したと言うためには、2〜3年は必要でしょう。次は、秋から春までの間に、全員が紺のスーツを着るという「制服」でなく、もうちょっとおしゃれな服装がはやることですね。しかし、これは少々お金がかかるので、時間もかかるでしょう。
夏に、クールビズ商品が売れているというニュースで、店員さんが言ってました。「まずはお子さんの商品が売れます。次が奥様の商品、その次がペットの商品の順です。ご主人のものまで売れるのは、景気が上向いたからでしょうか」と。私は、これを聞いた瞬間に笑ってしまいましたが、その次には落ち込んでしまいました。「僕らはペットの次か」(9月27日)

【国会】
昨日「がんばろう、総務課職員のみんな」と書いたら、早速反応がありました。「そんな程度ではがんばれない。ちゃんと名前を載せよ」とです。で、要求通りに、氏名を載せます。敬称略です。
<国会内総務省控室>
福本謙二室長、本島栄二課長補佐、荻谷克幸係長、高橋伸二主査、岩見哲司係長、長谷川章、仙波朋子、織田修亨、関本文夫、川原洋平
<本省総務課総括国会係>
池田博之長補佐、海老原諭課長補佐、瀬戸隆一課長補佐、田上陽也係長、折居実係長、原彰宏係長、伊藤秀夫、浅岡浩人、西室洋介、 稲葉 幸子
この内、前回前々回と3回続けて名前が載ったのは誰でしょう。(9月15日)

またまた、意見が来ました。「一人忘れてますよ」。ごめん、追加しました。これで良いですか、原係長、稲葉 さん。一方、「名前を載せていただいて、ありがとうございます。先日お話ししたとおり、来週はお休みをいただきます。よろしくお願いします」という職員もいます。家族親族優先で良いですよ、織田君。
国会は来週からですが、すでに我が課は提出予定法案の準備、事前説明の準備に入っています。ところが、各法案にはそれぞれの事情があり、準備がそろいません。一方、手続きはなるべく早く、一緒の方が良いのはもちろんです。これの調整も、結構大変なんですわ。(9月16日)

【副業】
先日、かつてこのページで紹介した「科学の伝道師」鎌田浩毅京大教授が、訪ねてきてくださいました。伝道師活動の重要性と難しさを、ひとしきり議論しました。お話ししていると、同じ時期に東大で学んでいたとのことです。私は文化系、先生は理科系で、接点はなかったのですが。先生からは、文春新書「成功術―時間の戦略」をいただきました。おもしろく、ためになる本です。一気に読みました。例えば、「第1章:人に負けない武器を持つ方法」「第2章:人間関係の戦略」「第3章:フレームワーク利用術」といった目次を見ても、おわかりになるでしょう。ここで言うフレームワークは、思考の型枠です。
新書で分厚くない上に、伝道師である先生が書いておられて、読みやすいです。もっとも、先生の経験を基に書かれているので、かなり向上心のある方向けの内容です。現在の自分に不満のある方、悩んでいる方には、必読です。うーん、鎌田先生の活躍に比べると、私の伝道師活動は、まだまだですわ。(9月6日)

今日は、季刊「ユニバーサルデザイン」の対談に行ってきました。お相手は、高橋 潤二郎先生( アカデミーヒルズ理事長 慶應義塾大学名誉教授)でした。「岡本がユニバーサルデザイン?」と思われるでしょう。私もごお誘いをいただいたときは、「なぜ私ですか」と聞き返しました。先生が拙著「新地方自治入門」を読んでくださって、「おもしろい、官僚にもこんなのがいるのか」ということで、ご指名をいただいたそうです。ありがたいことです。
話し上手な先生の誘導で、予定をオーバーして好きなことをしゃべってしまいました。もちろん、建物のバリアフリーの話ではありません。日本社会、行政の話です。編集者は、これを活字に整理するのが大変でしょうね。すみません。(9月5日)

1月に近畿自治体学会フォーラムで行ったパネルディスカッション速記録を事務局が起こしてくれたので、手を入れました。お盆休みも、こうして消えていきます。何か変だなと思ったら、市長・村長・僕の3人とも関西弁でしゃべったはずなのに、原稿は「東京弁」になっています。事務局曰く、「関西弁は聞いてたらようわかるけど、活字にしたらわからへんのですわ」とのこと。
そういえば、先日、職場で「岡本課長は大学院で講義するとき、標準語ですか」と聞かれたました。「私は、あんたの言うている意味がわからへん。いつも標準語をしゃべってるんで、講義の時だけ変えるようなことはしてへんで。東京弁はようしゃべらんけど」と答えました。(8月18日)

日記11に戻る
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記9
日記9