日記16

昨日リンクを張った、「東京大学大学院での講義」を見た人からの感想です。「本業の時より、しゃきっとしてますね」「こんな顔をしているときも、あるんですか」。はい。(2006年10月19日)

3連休ですね。東京は、金曜日に嵐が来ました。各地で被害も出ています。お見舞い申し上げます。土日は、良い天気が続いています。キンモクセイの香りを嗅ぐと、運動会を思い出しますね。で、今日は、運動不足解消をかねて、少し長めの散歩をしました。さわやかな良い気分でした。そのあと、久しぶりにフルートを出したら、なかなか指が動きません。娘曰く「『ご近所の皆さん、お騒がせしております』と、竿だけ屋さんのように、町内に言って歩かなきゃ」(10月8日)

季節は、さわやかな秋になりました。なのに、家で「三位一体改革−成果と課題」の原稿と格闘しています。3年間連載した原稿はあるのですが、それを項目ごとに再整理するのは結構大変です。一冊の本を書くのは、労力が要ります。体力と気力と、それに勢いが必要ですね。(10月1日)

(同級生の活躍)
29日の朝日新聞夕刊科学欄に、ガン治療の手法として「RNA干渉」というのが紹介されていました。そこに、大阪大学医学系研究科の金田安史教授が出ておられます。高校時代(奈良女子大付属)の同級生です。みんな、それぞれの分野で、活躍しています。この研究がどれくらい難しいのか、門外漢の私にはわかりませんが。ノーベル賞をもらってくれると、うれしいですね。(9月29日)

秋のよい季節になりました。ご近所のキンモクセイが、あの甘酸っぱい香りを運んできます。庭には赤とんぼもとまって。昨日は、一日原稿書きにいそしんだのですが、今日は天気もよく、散歩に出てしまいました。
前の職場は、言ってみれは営業職ですから、歩いて人に会うのが仕事でした。今度の仕事は、個室に入った管理職ですね。運動量が、激減しました。体重は、正直です。夏のビールとアイスクリームが、しっかりと結果を出しています(笑い)。秋はまた、お酒も食べ物もおいしいですよね。美食と節制では、勝負になりません。今日歩いたくらいでは、減量にはなりません。(9月24日)

遂に、単行本「三位一体改革−成果と課題」の執筆に、着手しました。すでに、最初の部分は「地方財政改革論議」として出版しましたし、その後は「進む三位一体改革ーその評価と課題」として、3年間にわたり連載しました。これからの課題も、先日書き終えました。よって、ほとんど素材はあります。というより、分量が多すぎます。それを、どう整理するかです。川原編集長のアドバイスの下、作業に入りました。乞う、ご期待。あとは、どれだけ土日をつぶすかですね。とほほ。(9月21日)

虫の音がうるさいくらいの季節になりました。先日まで、暑くてヒーヒー言ってたのですが。季節は確実に回ってきます。もっとも、台風や大雨の被害も大きいようです。被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。
3連休ですね。昨日は、先週に引き続き、実家から本を送ってもらい、蔵書の整理。今日は、出光美術館の「風神雷神図屏風」を見た後、皇居前から久しぶりに皇居東御苑(江戸城本丸跡)へ。北へ抜けて、代官町から山種美術館。ここは、小ぶりですが静かに日本画を見せてくれるので、よく行きます。あとは、いつものように千鳥ヶ淵から九段坂を下りて、神田神保町の本屋街へ。ゆっくりと散歩をしました。宗達・光琳・抱一の3人の風神雷神図は、解説がないと、ここまでそっくりなのに、気がつきません。(9月17日)

このHPに時々登場する(例えば三位一体改革8月1日の項)、朝日新聞編集委員の辻陽明記者は、土曜の別冊「be on Saturday」3ページ左下に、「新市民伝」を連載しておられます。NPO、ボランティア活動などの、活動家の紹介です。市民運動というと、かつては、はちまき締めてシュプレヒコールといったイメージでしたが、ここで取り上げられている新しいタイプは、静かで地道なイメージですね。しかし、声の大きい政治活動より、このような地域の継続的な活動が、日本社会を変えるのでしょう。目立たないだけに、そのような活動家を拾い上げるのは大変なことと思います。(2006年9月16日)

今日は、シリーズ『地方税財政の構造改革』(ぎょうせい)に載せる「三位一体改革の意義」と「今後の課題と展望」を書き終わりました。8月に書いた「地方財政の将来」(学陽書房)があるので、これを基に加筆しました。その後、汗だくになって、実家から届いた本を5箱整理し、充実した1日でした。(9月10日)

中公新書「昆虫―驚異の微小脳」を読みました。すごいですね、昆虫は。私は、脳はすごいと思いつつ、それは人類もその他のほ乳類も昆虫も同じようなものだと、漠然と思っていました。一方で、同じ脳としては、昆虫は脳もマッチの頭くらいしかなく、どうしてえさを見分けるだけでなく、空を飛べるのかふしぎでした。
この本を読んで、半分わかりました。ほ乳類の脳と昆虫の脳は、発生的に別物なんですね。そりゃそうですわな、共通の祖先があったとして、立派な脳を持っていたとは思えません。ここは私の理解不足でした。目も構造が違うんです。また、蜂や蚊があんなに見事に飛べるのは、考えてみればすごいですよね。人類が作った飛行機は、まっすぐ飛ぶだけで、すごい量の装置がいるのです。コックピットは計器の固まりです。蜂なみの飛行をしようとしたら、計器はどれくらい必要でしょうか。それを蜂や蚊は、あんな小さな脳でやってのけるのです。まだまだ、わからないことは多いですね。(9月6日)

今日、日本を代表する放送会社と放送組織の中堅幹部(早い話が、私と同年配の人たち)と、日本の将来を語りました。お二人からの注文は、「最近の全勝さんのHPは、読んでいておもしろくない。自己規制が多すぎる。もっと本音を書け」でした。うーん、そう言われてもねえ・・。(9月5日)

今日は、最近退官された先輩と、昼食をご一緒しました。お礼をしなくてはと思いつつ、時間がとれず、今日時間をいただきました。その先輩とは、一度も職場が一緒になったことはありません。でも、ふしぎなことに私が仕事で悩んだり(?)、迷ったときに、適切な助言と励ましをいただきました。私は尊敬し、密かに、その方の組員だと任じています。振り返ってみると、たくさんの良い先輩たちに恵まれました。皆さん「全勝は危ないから・・・」と助言してくださったのだと思います。しかし、私は、それだけのことを、後輩たちにお返ししていません。(9月2日)

今日は、東大客員教授時代の同窓会でした。みんなそれぞれ、立派になっています。公務員、商社マン、研究者などなど。ひ弱な学生(失礼)だったのが、たくましくなっています。教え子(?)が育つのは、うれしいことですね。(9月1日)

今日は、アメリカ・コロンビア大学政治学部のヒラノ助教授の来訪を受けました。今、東大に客員研究員として来ておられ、日本の政治と予算について研究中です。国庫補助金をめぐる政治と行政の関係を知りたいとのことでした。事前に質問事項を絞り込むために、先週末から、メールでやりとりしました。ヒラノ先生からは英語でメールが来て、こちらからは日本語で答えるのですが、返信を利用すると文字化けが起こったりしました。「エンコード」のせいらしいです。私のさび付いた英語ではまどろっこしく、日本語で説明し、何とか理解してもらいました。(8月28日)

今日から、高円寺阿波踊りが始まりました。拙宅近くの商店街も演舞場になっていて、それはそれはにぎやかです。2日間で100万人の人出だそうです。踊りが通る商店街や道路は人でごった返していて、見るのも通るのも大変です。今日は、駅前商店街の知人にお招きをいただき、お店の2階から踊りを見せてもらいました。
私の初任地は徳島だったので、本場の踊りも経験しました。「腰落とし腕を上げれば阿波踊り」と言いますが、それが結構重労働なんです。すぐに肘が下がって、幽霊になってしまいます。人前で踊るのは恥ずかしいので、ビールを飲んで出かけたら、さらに疲れて・・。
東京の阿波踊りは、連によって違いますが、本場に近いものから、東京風と言うべきものまで様々でした。いくつかは、太鼓とドラムと鉦の激しいビートが主体の、若者のノリという感じですね。皆さん楽しそうでした。(8月26日)

日記15

トップへ
トップへ
戻る
戻る