日記15

今日は、先輩のHPを紹介します。椎川忍総務省官房審議官(地方財政担当)がつくっておられるサイトです。私の席の前任者でもあり、私が駆け出しのころから、交付税や地方財政を教えてもらいました。HPには、地方財政改革や骨太の方針についての解説や、ご本人の主張なども載っています。ブログもつくっておられて、読むと、私以上に講演会に行っておられます。ご覧ください。(8月21日)
 
とうとう、私のお盆休みも終わりです。原稿は1本を校正までこぎ着け、次のに着手。本棚の整理をし、奥さんのお出かけのお供もしました。とても暑かったので、あとはごろごろ。まあ、夏休みはそのためにあるのでしょう。ゆっくりできることはありがたいですが、仕事に行かないと張り合いがありませんね。人間というのは、厚かましい動物です。忙しいと暇にあこがれ、暇だと仕事が恋しくなる。おっと、こんな貧乏性は、私だけですかね。
今日中には、一橋の受講生29人のレポートが出そろうでしょうから、その採点もしなくちゃ。(8月20日)
今日は、届いた原稿の校正をして返送。次の原稿を少し書いて、古本を引き取ってもらいに古本屋まで。暑かったので、シャワーを二度ほど浴び、アイスクリームを買いに近くのスーパーまで。以上、夏休みの日記でした。(8月19日)
今日、午前は本読み。午後は出かける用件があったので、そのまま美術館と博物館をはしご。夕方からは、某政府高官と懇談。夏休みらしい一日でした。以上、夏休みの日記。(8月17日)

今日は、午前中原稿を書いたあと、カーテンフックの取り替えと、本の片付け。夕方からは、送別会に、恵比寿まで。総務課長時代に一緒に苦労してくれた瀬戸補佐が、今度、人事交流で岩手県警の警務部長に行きます(既に公表済)。今日は、岩手料理の店で、一緒に仕事をしたメンバーが、夏休み中なのに集合。えらく盛り上がりました。岩手出身の店主も出てきて、「今日のメンバーは、どのような関係で?」。それぞれ自己紹介したら、経済産業省、内閣府、総務省、国土交通省、内閣官房・・理解できませんよね。(8月15日)

今日は、自治大学校時代の生徒さんたち(関東地区)の会合に行ってきました。あれから18年、皆さん、市の幹部になっておられます。管理職の「危険」を、めいめいに語ってきました。(8月11日)

今度の職場は、インターネットの閲覧制限がきつく、例えばブログにはアクセスできないようです。まあ、私の仕事では見ることがないので、支障はありません。ホームページは見ることができるのと、できないページがあります。私のこのページは見ることができます。
時々、調べ物のために、自分のHPを開きます。すると、同じページの中で、活字の大きさが不揃いになっているのに気づきます。家のパソコンや総務省のパソコンだとわからなかったのですが。これまで、何人かの方には、見にくかったのですね。気づいたところから、修正しています。もっとも、リンクの混線は、未だ直っていないところが多いです。すみません。
今の職場は、ネットスケープのようです。他のページもクリックすると、「このページは許可されていません」と表示されるときがあります。そんなに変なページは見ていないのですがね。どきっとします。(8月8日)

今日は、富山時代に一緒に仕事をした若手官僚と、懇談してきました。当時、県庁情報誌「でるくい」を作った仲間たち、部長である私を支えてくれた課長たちです。それぞれ出世して、本省の課長級になっています。うれしいですね。「審議官、最近のHPは、同じような官僚論ばかり書いていますよ」とか、「HPであそこまで、手の内を明かして良いのですか」「早く、「明るい係長講座」上級編を書いてくださいよ」などなど、たくさん注文をもらいました。
今回異動してわかったのは、いろんな所に知人がいるということです。かつての秘書官仲間、省庁改革本部仲間、富山時代の仲間・・。私は、そんなに各省を相手にする職場を経験していないと思っていたのですが、意外といろんなところに、知り合った人やお世話になった人がいるんですね。内閣府にも結構知り合いがいます。なんと、同じ職場にもいました。ありがたいことです。初対面ですが、「審議官のHPを見ています」といってくれる人も。(8月4日)

(省庁改革)
今日は、省庁改革本部幹部OB会に行ってきました。当時の次長は次官になり、参事官はそれぞれ審議官クラスになっています。平成10年に招集された仲間なので、もう8年も前のことになります。「しかられ3兄弟」とか、懐かしい話題で盛り上がりました。3兄弟のうち一人は、今、総理秘書官で、一人は気象庁次長になっています。もう一人は、もちろん内閣府官房審議官です(笑い)。
「当時思っていたよりも、うまくいっているじゃないか」というのが、みんなの認識です。そして、制度設計がうまくいった点、もう少し手を加えるべき点などを、議論してきました。「今の若い人は、改革前を知らないんだよ」とか、「もう一度再編する必要があるね。内閣府は間口を広げすぎた」「あのとき、公務員制度改革もやっておけばよかった」などなど。無責任なのは「全勝、おまえもう一度やれ」という発言もありました。しかし、このような議論を継続蓄積する組織、企画する組織が、霞ヶ関にはないのです。(8月2日)

(所管事務の勉強)
事務説明を受けるのと、挨拶回りを続けています。その間に、電報やお手紙のほかに、直接訪ねてきて、お祝いを言ってくださる方もおられます。市長さん、議長さん、副知事さんが、暑い中を来てくださると恐縮します。内閣府の庁舎は分散していて、かつての総理府庁舎(官邸の向かい)だけでなく、4号館(財務省の上)、永田町庁舎(全国町村会館の隣)、虎ノ門の民間ビルなどに入っています。私たち経済財政政策担当は、4号館です。このビルには、内閣法制局、金融庁なども入っています。(7月26日)

今日は、挨拶回りを後回しにして、所管事務説明を受けました。もっとも、全部はできませんでした。骨太の方針やマクロ財政運営について、説明してもらったのですが、今まで聞きたかったことをいくつか質問していると、あっという間に時間が経ってしまいました。最良の先生たちが、部下にいるのです。ありがたいことです。残念ながら、適当な解説書はないようです。ぼちぼち、どのような人たちが何をしているかが、わかってきました。しかし、皆さんに説明するには、まだ十分ではありません。もうしばらく、お待ちください。
職場が変わると、パソコンやメールアドレスが変わります。ソフトが違うので、使い方がわからず、秘書さんに教えてもらいながら悪戦苦闘しています。アドレス帳の引っ越しも失敗し・・。これまで使っていた携帯電話は、総務課長の緊急連絡用のものでした。新しい携帯を買ったのですが、番号を必要な関係者に連絡したりと、結構面倒ですね。(7月25日)

(挨拶回り)
金曜日に辞令をもらってから、挨拶回りをしています。まずは議員会館。多くの議員は地元におられますが、何人かの方とはお会いできました。「まあ、座っていけや」「今度の仕事は・・・」「このあと、日本はどうするんだ・・」「官僚の将来は・・」と時間を取ってくださいます。ありがたいことです。新聞が書くのと違って、多くの議員は、日本の将来を真剣に心配しておられます。
議員本人がおられなくても、秘書さんが「今日は先生がいないから、ゆっくりしていってくださいよ」ということで、時間がかかります。さらに、各部屋で出るお茶の「攻撃」に、小生の胃袋は悲鳴を上げ、飲んだ分だけ汗が出ます。
用意してもらった名刺は、ほとんど底をついたのですが、まだ議員会館をすべて回り切れていません。まあ、これが総務課長としての、私の財産です。お会いできていない方とは、改めてお会いしなければなりません。(7月24日)

今日は、職場のと言っても、元の職場(総務省総務課)の職員の結婚式に行ってきました。めでたいことは良いことですね。大変な仕事で苦労をかけているので、家庭を持ってくれると安心します。私の出番は新郎の紹介です。優秀な仕事ぶりと明るい性格などをお話しすればいいので、楽なものです。それを、少し場が和むように味付けするのですが。独身の関係者諸君、早く呼んでね。(7月22日)

日記16へ戻る
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記14
日記14