日記18

【2006年】
2006年も、今日で終わりです。皆さんにとって、今年はどのような年だったでしょうか。私には、次のような1年でした。
(本業)
総務省総務課長として、3回目の通常国会をこなし、7月には内閣府大臣官房審議官に異動しました。新しい仕事は、経済財政諮問会議の事務方です。そのほか、予算編成の基本方針や経済財政の中期展望(作成中)に、少し参画しました。10月からは、内閣官房内閣審議官として、再チャレンジ担当室長も兼務しました。最近は、この仕事が多くの比重を占めています。年末には、その成果として、再チャレンジ支援総合プランを決定することができました。それぞれ、みんなの助けがあってのことです。感謝しています。
職場が変わって、仕事の内容も仕方も変わりました。今度の仕事は地方財政部分はこれまでと重なりますが、それ以外は新しい勉強です。また、内閣府・内閣官房という組織で、仕事を進めていく上での関係者も、これまでと違います。とまどうこともありますが、人脈も広がりました。官邸に行く回数も増えました。
また、課長と審議官とでは、仕事の仕方が違います。部下に、いかに楽しく、円滑に、短時間・少ない労力で、良い結果を出してもらうかは、同じなんですが。引いたり、押したり、待ったり・・・。慣れてはいますが、日々いろんなことが起きますからね。
審議官へは昇任なので、めでたいことです。しかし、それだけ歳を取り、退職が近づいてきたということです。「昇任は、退職までの一里塚。めでたくもあり、めでたくもなし」(詠み人知らず)。
(副業)
今年も、一橋大学公共政策大学院で、夏学期の講義をしました。いくつかの講演会にも、呼んでいただきました。毎年連載していた「続・進む三位一体改革」が完結し、「地方財政の将来」(神野直彦編『三位一体改革と地方税財政−到達点と今後の課題』所収)も書きました。
もっとも、講演の回数は減り、原稿の分量も減っています。「三位一体改革」は、1冊の本にしようと思っていたのですが、これも完成せず。反省です。出力低下の原因は、仕事が地方財政を離れたこともありますが、問題関心を地方財政以外に広げすぎていることが大きいようです。少し範囲を限定して、集中する必要があります。
ところが来年も、ある大学で日本の行政と地方自治を、通年講義(毎週土曜日)する話が進行中です。そうなると、また時間がなくなります。
HPは、今年も書き続けることができました。昨年この時期、カウンターは38万人でした。今日は62万人ですから、延べ24万人の方が見てくださいました。月に2万人平均です。昨年までは、三位一体改革の実況中継がありましたが、今年はそのような盛り上がりもない中ですから、ありがたいことです。ただし、記事の内容がマンネリ化しつつあるので、これも少し考える必要があります。
(暮らし)
今年も病気せず、元気に仕事ができました。ただし、体力が落ちていることは実感します。かつてなら、「日付変更線までに帰るのは男じゃない」といって遅くまで飲んでいたのですが、それが「10時を越えると、新しいイニングに入らない」になり、最近は「いやー、家で飲むのが一番ですね」になりました。もう、明日で52歳ですから。
歳を取ると、時間が経つのが早いです。いろんなことに手を出すからでしょうね。読みたいと思って買った本も、たくさん書斎に積み上がっています。これからは、何を切り捨てるか、持ち時間を有効に使うことを考えなければならないようです。官僚として、少しでもよい日本をつくるために。
今年1年、お世話になりました。来年もがんばりましょう。皆さん、よいお年を。(12月31日)

(年末の世界旅行)
今日は、お正月の準備。近くのスーパーに行ったついでに、世界旅行をしてきました。食品の棚で、世界一周ができるのです。東回りで行ってみましょう。オーストラリアの肉とワイン。ハワイの果物、アラスカの魚、オレゴンのブルーベリー、カリフォルニアの果物とワイン、エクアドルの果物、チリの魚とワイン。大西洋を渡って、ヨーロッパ各国のチーズ、ワイン。ノルウェー、地中海の魚。オマーンのイカ。インドネシア、ベトナムのエビ。東南アジアの果物。ロシアの魚。うーん、すべては覚えきれませんでした。粗密はお許し下さい。
この事実は、新聞で読んで知っています。でも、目の前にある、ありふれた食べ物に出生地が書いてあるのを見ると、改めて感激します。「おお、こんな所から来ているのか」と。もちろん、その他の野菜などにも、日本各地の戸籍が書いてあって、これも楽しいです。お酒の棚にも、各地の地酒が並んでいて、これはまたさらに楽しいです。とっても、飲みきれませんね。ぐふふ。
(冬の自然)
庭の落ち葉を、掃除しました。拙宅の椿は、つぼみを膨らませています。今年花を咲かさなかった夏椿も、芽をたくさんつけています。プランターのチューリップは、芽を出しました。お隣のダイダイが、大きな黄色い実をたくさんつけ、緑の葉っぱに鮮やかです。お向かいのサザンカは、赤い花をつけています。小鳥もたくさん飛んできて。都会の冬ですが、自然は良いですね。
サザエさんちは、いつもご家族が家で過ごしていますが、当方は平日は職場、土日も副業などでつぶれると、なかなか家でゆっくりはできないのです。家にいても、原稿を書いたり、このHPを書いたりしていて、庭やご近所を楽しむということが少なくて。ここに住んで、もう1年が経つのですが。そんな楽しみは、もう少し先に取っておきましょう。(12月30日)

年賀状800枚をほぼ書き上げ、投函しました。でも、すべては元旦に届かないでしょうね。(12月29日)
今日は、御用納め。私の職場では、急きょ副大臣が交代され、ご挨拶などが入るあわただしい一日でした。(12月28日)

年末恒例の苦しみ
昨日から、年賀状書きを開始。先週までに、今春いただいた年賀状を整理しておきました。1000枚を超えると、その分類だけでも大変なのです。手帳を見ると、昨年より着手は早いです。
ワープロが普及する中、私は宛名をペンで書いています。また、ちょっとした添え書きも。この下手な字を、待っていてくださる方が多いので、なかなかワープロにはできません。私の字を「読みやすい」と言ってくださる方もおられるのですが、まあ我ながら下手な字です。それでも、お一人お一人の顔を浮かべつつ、あんなこともあったなあ、こんなお世話にもなったなあと、思い出しながら書いています。居間の掘りごたつで、年賀状を積み上げて書いていると、娘が曰く「冬休みの宿題に追われている小学生みたい」と。(12月17日)

(2か月で忘年会)
今日は、再チャレンジ担当室のみんな13人で、忘年会をしました。この後、年末まで忙しくなるので、早めの忘年会です。といっても、この部屋は、発足してまだ2か月です。「今年1年」ではなく、「この2か月いろいろありました」です。職員に一言ずつ感想を言ってもらったら、多くの人が「この2か月で、これまでの1年以上の仕事をしました」とのことです。そうだと思います。それぞれ異動の内示をもらったのが前日、翌日着任したら机はあるけどパソコンも電話もなし、さらに何をしていいか分からず・・。それが、再来週には支援総合プランを決定し、その中で関係法律改正を提示し、関係予算を発表するはずです。再チャレンジ寄付税制もできます。
室長として、まあまあの所まで来たのではないかと、満足しています。もっとも、この仕事は私たちの満足が目標でなく、どれだけ社会を変えたかです。しかし、一歩ずつ進んでいることを、良しとしましょう。私たちの仕事の評価は、また後日、国民の皆さんにしてもらいます。早いところでは、新聞記者さんたちが評価してくれます。
今日は、若手が盛り上がっているのを見つつ、51歳の室長は、ほどほどで先に帰りました。久しぶりに築地から銀座まで、散歩がてら歩いたら、いろんな発見がありました。それについては、また明日書きます。(12月15日)

(ここはどこの国)
築地の交差点で信号待ちをしている間、町の景色を眺めていました。築地は、日本を代表する魚市場ですよね。しかし、交差点の4面にあるのは、ローソン、ジョナサン、マクドナルドで、しかもすべて英語表記の看板でした。「うーんこれが日本の街角か」とがっかりしながら銀座へ向かうと、これまたヨーロッパの有名ブランド店が立ち並んでいます。
これが、日本人のあこがれなんでしょうね。また、西欧からの観光客も、違和感なく歩けるでしょう。きれいなネオンとショーウインドウを眺めつつ、「立派になったもんだ」と、感心。しかし、西欧からのお客さんが、わざわざ日本でヨーロッパ製品を買うとは思えません。
よく見ると、アジアからの観光客と思われる人たちが何人も、きれいな夜景を背景に、記念写真を撮っていました。客層は、日本人の他、このようなアジアの人たちなんでしょうか。でも、このような西欧風の景色を写しても、日本らしさはありませんよね。彼らは、もう少しお金が貯まったら、欧米の本場に行くでしょう。日本の魅力って、何なのでしょうか。日本の街並みが醜くなったこと、海外のお客さんに「これが日本の街です」と見せるところがないことは、「新地方自治入門」p170に書きました。(12月16日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記17
日記17