日記20

(副業)
今日は、東京は良い天気でした。もっとも小生は、原稿「三位一体改革の意義」と「今後の課題と展望」(『地方税財政の構造改革』第1巻(ぎょうせい))の、校正で時間が過ぎました。原稿は昨年の9月に渡したのですが、その後1月に延び、さらに今頃校正しています。
その間に、時代は進むのですよね。2007年度予算と地方財政計画ができ、3兆円の税源移譲は「予定」から「実施」になり、地方分権改革推進委員会が発足しました。で、加筆に手間取ったのです。いくつかの数字は手元にないし・・・。(2007年4月15日)

(椿の若葉と毛虫)
庭の椿は花が終わり、若葉が元気よく伸びてきました。すると、早くもチャドクガの幼虫も。変に黒くなっている葉っぱがあるな、と思ってよく見たら、小さな毛虫が密集して葉の裏をかじっていました。その生命力には感心しますが、そうも言っておられないので、早速葉っぱごと取って安楽死してもらいました。
いろいろ教えてもらっている、物知りのご近所の奥さんに、早速報告。「エー、もう来ましたか。岡本さんとこの椿は、風通しも良く日当たりも良いから、あまりつかないはずなんですがねえ」。(4月14日、15日)

今後の執筆予定
拙稿「地方財政の将来」の入った『三位一体改革と地方税財政−到達点と今後の課題』(学陽書房)が、増し刷りされました。少し売れたということですね。「三位一体改革の意義」と「今後の課題と展望」が入った『地方税財政の構造改革』第1巻(ぎょうせい)は、ゲラが届きました。5月には出るでしょうかね。(4月12日)

(社会人先輩の反省)
新年度が始まりました。たくさんの人が、新しい人生を始められたでしょう。それぞれに希望を持って、今日を迎えられたと思います。その思いを持ち続け、仕事に勉強にがんばってください。我が家も、娘が新採研修のため会社の寮に入り、さみしくなりました。先日、「社会人の心得」を書いて渡しました。
娘曰く「お父さん。自分ができなかったことを、書いたでしょ」
父「その通り。30年間の失敗を反省して、書いた」
娘「そんなあ・・・」
(2007年4月2日)

今日は、元部下の結婚披露宴に行ってきました。新郎は国家公務員、新婦は国際公務員です。新郎のおばさんである嘉田由紀子滋賀県知事の挨拶は、「新郎新婦が、働きながら子育てができる社会をつくらなければならない。そのために、官僚もがんばって」というものでした。知事は私の方を向いてお話しされたので、再チャレンジ室長として、「がんばります」とお答えしました。会場からは、笑いが出ました。
その後も、知事と、20世紀型会社社会、産業振興型行政から、生活者重視の社会・行政に変えなければならないと、議論してきました。なんと知事は、「新地方自治入門」を持参され、私は下手なサインをさせられました。(3月31日)

(春です)
東京は温かい日、いえ、暑いくらいの日が続いています。外務省の前の桜も満開です。ご近所の桜は、1か月ほど前の温かい陽気で咲いてしまい、今はすっかり葉桜です。すでに、青い小さな実がなっています。桃の花も咲きました。我が家では、プランターのチューリップも、きれいな花を咲かせました。椿は、花が終わりました。枯れ木状態になっていた夏椿は、青葉をひろげ始めました。春ですね。(3月29日)

今日は、元総務省総務課有志による、お祝いと送別の会でした。来月結婚する職員のお祝いと、地方へ転勤する職員の送別会です。といっても、主賓の2人を含め、メンバーのほとんどは、今は違った職場に移っています。私は2年半も総務課にいたので、参加メンバーは入れ替わりが多く、「あんた、今どこにいるんや?」とか「あんた、いつ頃総務課にいた?」と聞かないと、個体識別がつきません。でも、当時はボーリング大会のメンバーであり、このHPで「よいしょ」をしたメンバーです。
旧総務庁・自治省・郵政省、さらには職種も違う人たちが、大勢参加してくれました。私は早くから会場に到着したのですが、若手はそうもいかず。「みんな来るのかい?」と言っているうちに、次々に参集。そのうちに、席が足らなくなり、隣のテーブルも占拠。
それぞれの職場で、総務課の経験を生かして、活躍しています。「ふだん国会質問のない職場ですが、当たったときには私が引き受け、仕切りました」「早く書かないと、総務課が書いてしまいますよと、上司を脅しています」とか。岡本イズムを、実行してくれているようです。ふふふ・・。ありがたいことです。良い仕事を早くして、家に帰りましょう。子どもたちが待ってますよ、原君。次回は、7月ですかね。浅岡君・黛君・大堀君。(3月28日)

今日は、娘の大学の卒業式。残念なことに、午前は大荒れの天気でした。(3月25日)

今日は、省庁改革本部減量班の同窓会。メンバーの一人が、インド転勤となり、その送別会という名目です。福岡と愛媛の勤務者も、ちょうど東京出張中だったので参加。にぎやかな会になりました。
みんな、それぞれ出世し、そして、それなりに苦労しています。上に行くほど、仕事が難しくなるのは当然ですが。それぞれに、子育てにも苦労中です。省庁改革から、すでに6年。何かと名目をつけては、良く集まる会です。でも、みんな元気に集まることができることは、幸せですね。(3月19日)

16日の衆議院内閣委員会で、地域再生法改正の審議と採決が行われました。民主党の質問は、引き続き一部、通告なしでした。例によって、大臣の後ろに控えて、メモだしをしました。よく働かせてもらいます。国会テレビでは、その様子が正面から映っていたとのことです。後で知人から、「審議官になっても、あんなことをしているのですか」と、笑いの電話がかかってきました。その後、本会議で可決されました。民主党は反対でした。今度は、参議院で審議です。(3月17日)

今日も、打ち合わせやヒアリング、職員への指示、国会議員への説明などが続き、怒濤の月曜日でした。会議や打ち合わせは、途中退席ばかりで、すみません。
かつて、先輩の審議官たちを見ていたら、こんなに忙しそうでなかったのに。なぜ、忙しいのか考えてみました。今私がいる経済財政諮問会議事務局も再チャレンジ室も、前例通りの定例業務ではなく、トップダウン型の仕事が多いです。どうも、これが原因のようです。まあ、言われたことだけをこなしていたら、忙しくはないのでしょうが。部下たちも、こんな上司に迷惑しているでしょうね。あるいは、先輩たちも、私の知らないところで仕事をしておられたのかもしれません。
放課後は、東大大学院に教えに行っていたときの、塾頭3人組との懇談。それぞれ学者の道を進んでいます。今日も、彼らの質問に応じて、私の知っていることを答えてきました。(3月12日)

息子の大学進学が決まり、本やノートの整理を手伝いました。どこまで読んだか、問題集を解いたかは別として、大変な量を捨てました。私の大学受験の時は、そんなに受験参考書も買わず(田舎なので知らなかった)、塾も行かなかった(明日香村にはなかった)のです。息子曰く「お父さん、これで家が数センチ浮き上がっただろう」。
一方、娘は4月から会社員。最初は寮に入り研修を受けるとのことです。親ばかを発揮して、娘と一緒に、寮と研修所を視察に行きました。
ついこの間まで、二人ともよちよち歩いていたと思っていたのに。子どもの成長は早いです。さらに、希望に満ちている二人を見ると、それに引き換え、自分は歳を取ったなあと実感します。私にも、未来への希望とそしてそれと抱き合わせだった不安が、いっぱいの時代がありました。いつの間にか、現状と日常に安住するようになりました。毎日を一生懸命生きていると、30年もあっという間ですね。(3月11日)

日記21
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記19
日記19