日記22

霞ヶ関は、国会も終了し、議員先生も選挙中で、しばらくゆっくりとした時間が流れています。多くの省では人事異動があり、また記者さんたちも異動の時期です。親しくなった記者さんたちが異動するのは、さみしいですね。みんな、1年経たないうちに代わっていくのです。仙台、名古屋、兜町・・・。でも、行った先でも、素晴らしい原稿を書いてください。2005年9月20日の記事も、参照してください。ということで、連日、歓送迎会や、かつての職場の同窓会が続いています。
私の部屋は、記者さんや地方団体の方が、入れ替わり訪問してくださるので、また「喫茶岡本」になっています。来られた皆さんは、顔に「冷たい水が欲しい」と書いてあります。秘書の横山さんには、そのたびに苦労をかけています。(2007年7月26日)

今日は、仲人。結納に、静岡まで行ってきました。結婚式の祝辞はお手の物ですが、結納は初めてです。しかも、本格的なお式なので、キョーコさんと、緊張しつつ務めました。おめでたいことは良いですね。お二人が幸せになることを、お祈りしています。(7月22日)

今日は土曜日ですが、大学は先週で終わっていて、今週は授業はありません。あればあったで大変なのですが、ないとさみしいですね、それでも、朝早く目が覚めてしまいました。最近は、早朝に目が覚めると、もう一度寝ることができません。昔は、一秒を惜しんで布団にしがみついていたのですが。休日は、特に早く目が覚めます。仕方がないので(?)、原稿を書いています。
かつて、先輩たちが、同じようなことをしゃべっていました。「朝早く目が覚めるので、新聞が来るのを待っている」とか。そのときは、「歳を取ると大変ですねえ」と笑っていたのですが。私も、そのような歳になったということです。(7月21日)

(拙著)
原稿を書くのに必要に迫られて、今村都南雄先生の「官庁セクショナリズム」(2007年、東大出版会)を、開きました。発行と同時に買ってはあったのですが、積ん読で。すみません。何気なく、人名索引を見ていたら、「岡本全勝」の名前が出ているではありませんか。該当ページを見ると、注に「地方交付税制度改革の主要論点については、岡本全勝『地方財政改革論議』から多くのことを学んだ」と書いていただいています。ありがたいことです。(7月18日)

(予告)
昨日、予告を書いたら、早速、何人かから反応がありました。「期待しています」とか。うーん、期待に添えれば、良いんですがね。(7月18日)
この秋から連載を始める予定の、「行政構造改革」の予告を載せました。自分を追い込むための、予告です。(7月17日)

この週末の日本列島は、強い台風の次に、大きな地震でした。被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。東京でも緩やかな揺れがしばらく続き、最初は立ちくらみかなと思いました。雨は、四国の水瓶満杯にしたようです。(7月16日)

(アサガオ)
ご近所のアジサイとクチナシも、盛りを過ぎたようです。わが家の、いささか華やかさに欠ける朝顔は、次々と花を咲かせています。赤にしろ紺にしろ、鮮やかですね。私が添えた支柱に、うまく絡んで花を咲かせるのものもあれば、それをはるかに通り過ぎて、さらに伸びていくものも。丈の短い品種は、ツルが伸びずに、花が咲き始めました。もっとも、葉がほこっているので、その下に、すなわち鑑賞者からは見えにくいところで咲いています。
伸びすぎたのは、ツルが宙に揺れ、かわいそうです。そこで、途中で水平に渡そうと試みて、茎を折ってしまいました。ごめん、よけいかわいそうなことに、なりました。キョーコさん曰く、「あなたは、すぐに型にはめようとするからよ。好きなように、させておけばいいのに」。反省。よかれと思って、やったんですがね。朝顔でこれですから、子育てや職員指導はもっと難しいです。(7月8日)

(知恵と工夫)
28日の日経新聞夕刊「広角鋭角」は、俳句コンテストでした。お茶の伊藤園が主宰する「おーいお茶新俳句大賞」です。始まったのは1989年、缶入り緑茶を売り出そうとしたが、広告宣伝費が足りない。知恵を絞った結果、安上がりな俳句コンテストをすることに。社内には消極論も多かったが、初回の応募は4万句。8年目には50万句、いまや170万句というお化けのようなコンテストです。
俳句愛好家の多くが、発表の場がなくて不満を持っているとのこと。缶やペットボトルに入賞作品が載るのは、こたえられないでしょうねえ。そして、自分の句が載った商品を買いためる・・・。よーく考えてあります。(6月30日)

(アサガオ)
鉢植えのアサガオが、早くも2つ花を咲かせました。紺色と赤で縁が白。典型的アサガオの花です。同じように種をまいても、育ち方か違いますね、これから、他の苗はどんな花を咲かせるのか、楽しみです。
毎朝早起きして水をやってます。家族からは、「小学生のやりなおしか」と言われています。娘が小学生の時は、夏休みの宿題で、毎朝花の数を数えていました。それに比べると、私のアサガオは、さみしいですね。(6月29日)

(梅雨)
22日と24日の東京は、雨でした。このところ、梅雨なのに、真夏のような天気が続いていました。晴天ばかりでは、水不足や作物が心配です。我が家の夏椿は、花の時期が終わりました。これだけも咲いたのかというくらい、たくさん実がなっています。朝顔は、ツルを伸ばしています。同じ時期に種をまいたマリーゴールドは、たくさん芽が出て、15センチくらいのタケで、鮮やかな黄色い花をつけました。もっと背丈が大きくなると思っていたのに、意外でした。(6月22日、24日)

(拙著)
今日、若い公務員が訪ねてきて、拙著「明るい係長講座」にサインを頼まれました。「ところで、あんた、どうしてその本を手に入れたの?」と聞くと、「富山県庁に通信販売でお願いしました」とのこと。増し刷りして、購入できるようです。コード番号19335と19336に、載ってます。「上級編は出ないのですか」との質問があったので、「それは、あなた達が書くべきだ」と答えました。(6月19日)

今日は、田村元交付税課長(平成3〜5年)を囲む会に、行ってきました。当時、私は課長補佐でした。ふるさと創生、ゴールドプラン(介護)、公共投資基本計画430兆円、景気対策としての地方単独事業追加などなど。次々と仕事が増え、職員には苦労をかけました。国会質問も多く、交付税法の審議に、それぞれの院で1週間以上かかりました。パソコンもワープロもない時代です。
ひとしきり、当時の部下から、つるし上げを食らいました。うーん、毎回ですね。今となっては、懐かしい思い出です。そんなに忙しかったのに、「地方交付税」を連載していたのも、このころです。元部下の談、「最近、HPは面白くないですね」。ごめん、いろいろ難しいことがあって、言いたいことのすべては書けないのよ、西川君。(6月18日)

(科学の伝道師)
鎌田浩毅京都大学教授が、TVで火山の話をされます。日本テレビ系列番組「世界一受けたい授業」、6月16日(土)夜7:57〜8:54です。2時限目理科、Drボルケーノ 鎌田浩毅先生「もしも富士山が噴火したら!日本では100以上の火山が活動していた」です。先生は、このHPでも紹介した「科学の伝道師」です。伝道師仲間として、おつきあいさせてもらっています。もっとも、鎌田先生は本格的伝道師で、私は伝道師見習いです。(6月14日)

玄関の夏椿は盛りを迎え、毎朝30も40もの花を咲かせています。きれいなものですね。毎晩、それだけの花が散って、つぼみも残り少なくなってきました。本業は、「骨太の方針」決定に向けて、作業が続いています。再チャレンジも、いろいろやっているのですがね。副業では、明日、久しぶりに大学で講義です。また、再チャレンジに関する原稿を執筆中です。乞うご期待。(6月8日)

ある地方公務員の隠れ家」 というブログが、このHPを紹介してくれました。匿名のHPには「関わらない」ことにしていますが、今回は作成者が実名で連絡してこられたので、ここに紹介します。(6月2日)

(眼の誕生)
眼の誕生―カンブリア紀大進化の謎を解く」アンドリュー・パーカー著(草思社、2006年)が、面白かったです。
35億年の生物の歴史で、5億4300万年前・カンブリア紀に、なぜ生物が爆発的に進化したのか。NHKテレビでも紹介された、あのバージェス頁岩の奇妙な動物たちです。この本は、その理由を「眼の誕生」、すなわち光を感覚としたことにあるとしています。それまでは、近づいてくる食物を食べていたのが、目を手に入れることで、目標を見分けることができるようになったのです。すると、食われる方も身を守る必要ができ、まさに食うか食われるかの闘いが始まりました。攻撃と防御の「軍拡競争」が始まったのです。軍拡競争から逃れ、身を隠す生物も出ました。
学会でどこまで賛成を得られているのか知りませんが、なるほどねえと、納得しました。このような本は、寝る前に布団の中で読むのですが、楽しく読めます。それに比べ、本業の本・副業の本は、なかなか進みません。(6月2日、3日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記21
日記21