日記23

(単身赴任者の自炊)
5日の日経新聞夕刊は、ミツカンの調査による「単身赴任サラリーマンの食生活事情」を紹介していました。それによると、7割の人が自炊しています。ということは、3割の人は毎食、外食あるいは持ち帰りだということですね。外食では、肉と油を使っていない料理を探すのが大変です。定食屋でもあれば良いんですがね。
私も、4年間単身赴任をしました。それまでは、リンゴどころかミカンもバナナの皮も剥かない怠け者でした。毎食を外食というわけにも行かず、料理を始めました。もちろん、簡単なものしかできませんが。県庁の女性職員が、お師匠さんです。「ご飯を炊いても、ほうれん草をゆでても、1回では食べきれないよ」と言っていたら、1食分ずつ冷凍することを教えてもらいました。彼女たちは共働きなので、仕事を終えて帰宅した後、てきぱきと料理を作らなければならないのです。おかげで、炊事も洗濯も、できるようになりました。「いつ一人になっても大丈夫」と、豪語しています。濡れ落ち葉にならずにすみそうです。(2007年9月5日)

(気候と経済)
2日の東京新聞と朝日新聞によると、今年の猛暑(もっとも、7月は冷夏でした)と商品の売り上げとの関係は、次のようでした。
清涼飲料水は過去最高、エアコンと扇風機も売れ行き好調。長袖のパジャマが売れた!冷房をつけたまま寝る人が、寝冷え防止に買ったとのこと。インスタントラーメンとカップ麺が売れたのは、台所で長時間火を使いたくないから。一方、売れなかったのが、ゴキブリなどの殺虫剤と、虫刺され用のかゆみ止め。猛暑で、虫も夏ばてしたらしい。うーん、世の中わからないものですね。(9月3日)

(秋の気配)
東京は、記録的な暑さがうそのように、朝晩涼しくなりました。わが家の朝顔は、なお数輪ずつ花をつけていますが、元気はありません。昼はまだ蝉が鳴いていますが、夜は秋の虫の音が聞こえます。夏も終わりですね。(9月2日)

(組閣)
今日は、内閣改造でした。私は、辞職された山本再チャレンジ担当大臣に、御礼のご挨拶。そのあと、官邸で待機。再チャレンジ担当大臣がどなたになるか、またどのような職務と兼務になられるかを待ちました。岸田大臣が、沖縄北方担当大臣のほか、国民生活などと共に再チャレンジを担当されることになりました。大田経済財政担当大臣は、留任でした。
新大臣は、総理に呼び込まれたあと、官邸記者会見室で、初めての記者会見に臨みます。私たちは、その間に顔合わせをし、事務の説明をします。その控え室には、次々と新大臣が入ってこられます。何人かは顔見知りなので、ご挨拶をします。各省の幹部たちは、どなたが上司になるのか、気にしつつ待機しています。テレビがつけられていて、新大臣の名前が出るたびに、小さなどよめきが起こります。大臣秘書官予定者は、もっと緊張した面持ちで待っています。私と一緒に再チャレンジをやっていてくれた黒田企画官が、秘書官になりました。私としてはつらいのですが、黒田君の活躍を祈ります。
私はこのような場を、大臣秘書官として2回、総務課長として2回経験しています。この控え室は、テレビには映りませんが、なかなか緊張感のある場です。
その後、大臣は宮中での認証式、初閣議、それから初登庁になります。すべてが終わったのは、24時を越えていました。(8月27日)

今日から、高円寺阿波踊りが始まりました。わが家の1本隣の商店街、すなわち裏のおうちの向こうが、演舞場の一つになっています。にぎやかなお囃子が響いてきます。お囃子というより、去年も紹介した鉦と太鼓のビートです。それにしても、大変な人出です。(8月25日)

(休み明け)
今日は、1週間ぶりに、正確には10日ぶりに出勤。早速、大臣との打ち合わせとか。いろいろありますね。職員たちが、準備をしてくれているので、順調に進みました。休み中にも、職員とはメールのやりとりで仕事の準備ができるので、便利になりました。
ある職員曰く「審議官は、絶対一度は顔を出すと思っていましたよ」
全「実は、そうしようと思ったんだけど、意地でも休んだんや」
(8月20日)

(猛暑)
各地で、記録破りの猛暑が、続いています。最高気温が40度の所もあるとか。夏は、お風呂の温度を40度にしています。なんと、そのお湯と同じです。東京は、今朝の最低気温が、30度だったそうです。私は冷房が嫌いなので入れずに、窓を開けて寝ています。汗びっしょりになります。さすがに、昼は冷房を入れて、本を読んでます。
付箋を付けて放ってある雑誌とか、いろんな読みかけの資料がたくさんあって。夏休み中に片付けようと考えていたのですが、全然片付きません。すぐに、冷蔵庫をのぞきに行くし、ごろりと横になって高校野球を見るし。そして、夜のビールはおいしいです。(8月17日)

(富山の宣伝)
富山県職員から、地域の宣伝誌「富山物語」が届きました。「宣伝せよ」との指示でしょうから、ここに紹介します。実物は、きれいな写真がいっぱいです。また、定住交流サイトも、充実してます。Uターン事例集もどうぞ。これで良いかな、××君。(8月16日)

(美術展巡り)
今日は、朝から上野の博物館へ。東京博物館で、「京都五山、禅の文化展」、引き続き、東京芸大美術館では「金刀比羅宮書院の美― 応挙・若冲・岸岱 」と「歌川広重《名所江戸百景》のすべて」、東京都美術館では「トプカプ宮殿の至宝展」、最後に西洋美術館で「パルマ−イタリア美術、もう一つの都展」と「祈りの中世−ロマネスク美術写真展」を。
1日にこれだけ見ると、芸術鑑賞というより、体力勝負、行みたいなものです。一つ見るだけでも、くたびれるのに。しかも、禅の文化は墨の文化で黒と白、わびとさびなのに対し、トプカプ宮殿は金銀、ダイアモンド、ルビーにエメラルド。パルマも色彩で勝負ですから、余韻に浸るどころか、頭を切り換えなければなりません。欲張ったので、邪道でしたね。ただし、美術館の中は涼しいです。しかし、まだいくつも見たい展覧会があるので、夏休み中にもう一度、行を決行する予定です。
博物館で見ると、京都の禅寺の美術品が、一か所でまとめて見ることができて便利です。ところが、あの境内の中、お堂の中で見ないと、もう一つありがたみがありません。禅の文化という感じがしないのです。南禅寺にしろ相国寺にしろ、やはり、伽藍を見て、庭を見て、その雰囲気にならないと実感できないのでしょうね。贅沢を言っています。
今日は、終戦の日。多分観客は少ないだろう、と思って出かけたのですが、結構な人出でした。で、一番良かったのは、ロマネスク美術でした。写真展だし、点数も多くなく、経費は最もかかっていないでしょう。でも、ほっとしますし、なんといっても観客が少なくて、ゆっくり見ることができたからです。これも、邪道な感想ですね。
65歳以上は、無料だったり割引です。私はもうじきだなと思って(といっても、10年以上あります)考えていたら、周りの人は半分以上、そうとおぼしき人たちでした。これだと、そのうちに高齢者割引は、廃止されるかもしれません。(8月15日、16日)

(お盆休み)
私も、今週は夏休みを取っています。昨日と今日は、奈良の実家に里帰り。両親は、いろいろ故障を抱えつつも元気なので、ありがたいです。広い畳の部屋でごろんとなっていると、同じ暑さでも、東京の狭い部屋で横になっているのと、体感気温が違います。田舎の家と町の中の家では、そよぐ風も違うから、気温も違うのでしょうね。それにしても、東京の6畳と奈良の6畳とでは、えらく広さが違います。向こうの座敷はもっと広いし、障子を開け放せばさらに広くなります。(8月14日、15日)

(猛暑のお休み)
お盆休みが始まり、夏休みに入られた方も、多いのではないでしょうか。半導体各社は業績が好調で、休みなしだそうです。今日の日本列島はほぼ全域で、猛暑になったようです。書斎の温度計も、35度を指していました。息子はすぐに冷房をかけるのですが、田舎ものの私はどうも冷房が苦手です。何度も冷たいシャワーを浴び、冷蔵庫の冷たいお茶を飲みながら、原稿に取り組んでいます。(8月11日)

(クールビズの効果)
暑い日が続いています。水のシャワーが、気持ちよいですね。朝晩、浴びています。クールビズは、ありがたいです。クールビズは、国民の暮らしにとって、小泉改革の最も良い成果の一つだと、私は考えています。(8月7日)

昼は、再チャレンジ支援の拡充のための仕込み。また、旧知の知事さんや新任の記者さんが訪ねてきてくださり、夜は知事を退職された先輩を囲む会。時間は、あっという間に経ってしまいます。(8月6日)

8月はそんなに忙しくないから、いつでも休みが取れるわ、と思っていたのですが。出勤すると、何かと仕事が舞い込んできます。ありがたいことです。私が休んでも、仕事は進むのでしょう。いえ、いない方が、円滑に進むかも。記者さんも、次々と話を聞きに来てくれて。喫茶岡本、おおはやり。夜も、相変わらず忙しく・・、これは自業自得。今日も、たまった資料に目を通すどころか、新聞切り抜きも読めませんでした。(8月2日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記22
日記22