日記24

(第2回地方諮問会議)
今日10日は、青森市で地方諮問会議を開催しました。今回も、地域の厳しい声、頑張っておられる姿を、聞かせてもらいました。公共工事が激減し苦労しておられる電気工事店、有機米作りと販売・レストラン・IT起業と活躍しておられる若手女性経営者、キーテナントが撤退した商業ビルを支えておられるスーパーマーケット経営者。なかなか得難い出席者の方々だと、自賛しています。地元新聞社の方には「岡本さん有名ですよ。我が社の記者もあなたの本を読んでます」と言っていただきました。出席者の皆さん、ありがとうございました。また、準備に協力いただいた青森県・青森市の方々にも、お礼を言います。海老原君、徳大寺君、ありがとう。
飛行機で1時間ちょっとなのですが、朝は早く、夜は遅い便でした。青森空港はいつでも空いているのですが、羽田空港が朝夕混雑して、受け入れられないのです。せっかく、地方空港を整備したのに、東京側が満杯です。空港の特性ですね、片方だけでは輸送量が増えないのは。しかも、鉄道の東京駅に比べ、羽田の場合は、遠い上に、30分程度早く着かなければなりません。空港ビルが広くなって、空港駅に着いてから乗り場まで結構距離があるのです。(2007年11月10日)

(仕事とゆとり)
今週も、金曜日になりました。私は、月曜日の朝に、新しい課題をいただき、あわただしく諮問会議の準備をしました。あっという間の、5日間でした。職員の助けを得て、何とか乗り切りました。引き続き、来週以降の準備中です。経済財政諮問会議という、トップダウン型の組織がどう動いていくか、「貴重な」経験をしています。
最近、ゆっくり昼ご飯を食べることができるかどうかが、人生のゆとりではないかと、思うようになりました。さらに、ゆっくりとお風呂にはいることができるかどうかが、ゆとりを感じるかどうかの指標かもしれません。皆さんは、どう思われますか。「えらくささやかな、望みやなあ・・」と笑われますかね。
なんと、明日の土曜日は、久しぶりに仕事がない土曜日なのです。うーん、週休2日が懐かしいです。次の仕事を考えずに好きな本を読むような日は、いつになったら来るのでしょうかね。連載の原稿も、ちっとも進んでいません。ごめん、長尾編集長。しかも、11月と12月は、魔の年賀状の季節です。美術館は、私を招いているし。(11月2日、3日)

(秋の一日)
今日は、たまっている副業準備を放棄して、美術館巡りに。東京国立博物館では大徳川展、東京都美術館ではフィラデルフィア美術館展、さらに三井記念美術館で安宅コレクションを。
前2者は、混雑で人の頭を見に行ったようなものでした。武具と嫁入り道具で徳川将軍を理解するには、無理がありますね。アメリカの美術館にヨーロッパ絵画を見に行くことも、優品がそろってはいるのですが、何か変な気がします。私は、印象派までしか、わからないし。
安宅コレクションは、大阪市立東洋陶磁美術館で見て以来、久しぶりです。何度見ても、素晴らしいですね。今回は、それぞれの解説のほかに、それを安宅さんが手に入れたときのいきさつや様子が添えられています。透明のフィルムで、ガラスケースの上部にさりげなく貼られているので、最初は気がつきませんでした。それがなかなか、読み応えがあります。数百年の歴史を越えた壊れやすい陶磁器と、人間くささの対比を楽しんできました。(2007年10月14日)

朝晩すっかり涼しくなって、秋ですね。ご近所のキンモクセイが、甘酸っぱい香りを運んできます。虫の音も大きく。
毎週、朝日新聞は水曜日の夕刊に、読売新聞は火曜日の夕刊に、東京近辺の美術館と博物館の催し物一覧が載ります。「これとこれは行かなければ」と、切り取ってあるのですが。あっという間に1週間が過ぎて、「あれー、もう1週間が過ぎたのか」の繰り返しです。でも、そのうちに展覧会は、終わってしまうのです。(10月11日)

(3連休)
秋の3連休、皆さんは、どうお過ごしでしょうか。東京は2日間は天気が良かったのですが、最後の日は雨でした。私は2日目は外出、最後の日は授業の準備でした。休みが3日あると、いろんなことができて、うれしいですね。
授業は今のところ、地方自治制度の解説です。この分野を網羅的にしゃべるのは、自治大学校の教授だったとき以来です。もう、20年近くも前のことです。
レジュメをつくり、配布資料をつくり、講義ノートをつくりと、結構時間がかかります。地方財政に関しては、しょっちゅう講演をしたり原稿を書いているので、そんなに準備に手間取りません。資料も出来合いのがあるのですが、自治法分野はそうも行かず。近年、制度改正がされたところは、専門書を確認したり、専門家に問い合わせたり。
あまり専門的なことまでしゃべると、大学生には興味ないでしょうし、時間が足らなくなります。そこでいつものことながら、何に重点を置くか、何を切り捨てるかが、問題です。(10月8日)

(富山県山岳警備隊)
細井勝「遭難者を救助せよ−究極の任務に立ち向かう男たち」(PHP、2007年)が出版されました。富山県警山岳警備隊を紹介した本です。この警備隊は、NHKのプロジェクトXでも取り上げられ、何度か再放送もされたので、ご存じの方も多いと思います。
私は、椙田正隊長(当時は副隊長かな)につれてもらって、剣岳に登ることができました。夏の天気の良いときです。1度目は天気が良いのに、椙田さんの天気予報で断念。
「明日は雨が降るからやめましょう」「エー、こんなに天気が良いのに」「明日は降ります。雨の中登っても、景色も見えないし」「はい」。椙田さんは、豪雪の中でも登る人ですからね。翌日は、その通り雨になりました。
2度目で成功。他の人が1日で進むところを、2日かけてです。安全を見て、余裕を持って。おかげで、へばることもなく、山岳警備隊にも、購入したばかりの県の救急ヘリコプターにも、お世話にならずにすみました。県の総務部長が遭難しては、大ニュースになってしまいます。もう10年前のことです。ありがとうございました。椙田隊長のかっこいい写真は、この本の98ページに載っています。
富士山、剣山(徳島)、開聞岳、霧島、宮之浦岳(屋久島)と、多くはありませんが、良い案内人に恵まれて名山に登ることができました。もっとも、富士山は交付税課の面々だけ登って、とんでもないところを歩きました。
「剣岳をもう一度どうですか」と誘われても、今は自信がありません。登りは大丈夫なのですが、降りるときに膝が笑うのです。山登りの経験のある方は、おわかりでしょう。(9月29日)

(再び組閣)
今日は組閣でした。1か月前にやったばかりなので、関係者は緊張感は少し少なくなっていたようです。前回と同じメンバがーが、官邸に集合しました。控え室に大臣名簿が伝わってきて、多くの方が再任だとわかったときには、集まった各省の幹部からは、ほっとした雰囲気が流れました。新しい方が大臣だと、業務のご進講から始めて、人間関係をつくり・・と、業務は1か月分くらい遅れるのです。官邸での記者会見前の説明も、ほとんどなしで終わったようです。また、今回は皇居での認証式が明日朝になったので、深夜に及ぶこともなく、ありがたかったです。
再チャレンジ支援は、担当大臣は置かれませんでしたが、岸田大臣の所管業務として明示されたので、引き続き取り組むことになりました。(9月25日)

(科学の伝道師)
鎌田浩毅京大教授が、「火山噴火」(岩波新書、2007年)を出版されました。先生は、専門家が一般人へ知識を伝えるという「アウトリーチ活動」の重要性を説き、自らを「科学の伝道師」と称しておられます。このホームページでもたびたび、紹介しました。例えば、(伝道師活動)2005年1月4日。
今度の本も、火山災害について、一般市民に基礎知識と「減災」の知識を伝えようとのことです。お勧めします。(9月21日)

(国会の谷間)
自民党総裁選で、国会は休会状態です。霞ヶ関も、やや手持ちぶさたのようです。もっとも、国会以外の仕事は、そんなことを言っておられません。再チャレンジは、次の仕事を仕込む作業をしています。また、来週に予定されている組閣に向けて、事務方としての準備も進めています。(9月20日)

(総理の辞意)
今日昼に、安倍総理が辞意を表明されました。夕方からは、経済財政諮問会議が予定されていたのですが、衆議院本会議が中止になるくらいの事態ですので、諮問会議も中止になりました。記者さんから「どう考えるか」など、取材がありました。(9月12日)

(守られない決意)
9月になって、本業も忙しくなりました。副業の方も、大学での授業の準備に、本腰を入れなければなりません。10月1日には、関西経済同友会から講演のお招きをいただきました。テーマは、道州制についてです。大論文「行政構造改革」も、第3章に取りかからなければなりません。土日にしかまとまった時間が取れないので、今週末はこれらに専念しましょう。(9月7日)
と書きましたが、なかなか思ったようには、いきませんでした。雑用に追われ、さらにキョーコさんのお供で美術館に行ったり、ほかの本を読んだり。これが、人生でしょう。でも、ダイエットには少し成功しました(笑い、というか笑ってごまかす)。(9月9日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記23
日記23