日記25

日記26へ続く

(2007年)
(年末のご挨拶)
2007年も、今日で終わりです。皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか。私にとっては、次のような1年でした。
(本業)
引き続き、内閣府大臣官房審議官として、経済財政諮問会議の事務方を勤めました。諮問会議の動きや役割を、内部から勉強させてもらっています。地方での諮問会も、開催しました。関係者の方には、多大なご協力をいただきました。改めてお礼申し上げます。
内閣官房再チャレンジ室長としての仕事もあります。こちらは総理が交代し、位置づけが少し変わってきました。ただし、政策自体の重要さは、変わらないと考えています。特に、地域での若者支援拠点の拡大に、力を入れています。
(副業)
今年度から、慶応大学法学部に、講師として出講しています。春学期は行政管理論(日本の官僚論)、秋学期は地方自治論です。たくさんの学生が熱心に聞いてくれるので、こちらもそれに応えるべく力が入ります。
講演会も、いくつかお呼びがあました。依頼されるテーマが広がり、結構大変です。地方での講演会では、公務員に対する厳しい未来予測をお話しするので、聴衆にあまり喜んでもらえないようです(反省)。
原稿は、大連載「行政構造改革」を始めました。第2章までは順調に書きためたのですが、第3章から難渋しています。仕事の片手間に一人で書くには、少し荷が重いです。しかし、官僚機構内部にいる者でないと書けない論文を目指しています。
また、再チャレンジを勉強したことで、「再チャレンジ支援施策に見る行政の変化」を書きました。行政の役割転換や日本社会の変化についての考えを、かなり明確にすることができました。地方財政に関しては、「三位一体改革の意義」と「今後の課題と展望」(『三位一体の改革と将来像』所収)を書きました。
このHPは、今年も書き続けることができました。カウンターは年初に62万人、今日で88万人です。延べ26万人の方が、見てくださいました。ありがたいことです。最近は地方行財政の記事が少なく、日本の政治や経済の記事が多くなっています。また、ある人曰く「新聞記事の紹介やそれについてのコメントが多いですね」。そうですね。HPでは、まとまった長文は書きにくいです。また、毎日記事を書くのも結構大変なのです。
(暮らし)
娘は社会人になり、息子は大学生になりました。娘は社会人の大変さを実感しつつあり、息子も少しは勉強しているようです。少し共通話題ができました。他方で、子育て業務を卒業した奥さんに、何か「趣味」を考える必要があります。小生は、休日といっても、講義や原稿でお相手をしないものですから。
好奇心はつきることなく、読みたい本は山積みです。しかし、興味が発散しすぎて、なかなか読むことができません。いつもの反省ですが、思い切って何かを切り捨てなければならないのでしょう。
来年が、皆さんにとってよい年でありますように。(12月31日)

(冬休み)
今日は御用納め。私は、一日早くお休みをいただきました。それで、年賀状も残り120枚を書き上げ、予定の800枚を投函できました。明日からは、正月の準備と、原稿書きができます。読みたい本も、たくさん積んであります。もっとも、欲張っても、そんなにたくさんのことはできません。(12月28日)

(年末恒例の苦しみ)
年賀状書きに、没頭しています。今年は去年より着手が遅く、困ったものです。去年一昨年3年前4年前も、同じことをぼやいています。進歩がありません。土曜の授業や原稿の校正など、副業を入れるからですね。また、計算の上では、1時間のうちにもっとたくさん書けるはずなのですが、肩がこる前に、持続力が続きません。(12月23日)
2日間、頑張った甲斐があって、500枚を投函。この分は、元旦に届くでしょう。日本郵便会社さん、よろしくお願いします。引き続き、残る300枚を頑張ります。でも、大連載2月号の校正もあるし。本日は、ここまでにいたしとうござります。(12月24日)

(続・迷惑メールボックス)
先日、私宛のメールが、迷惑メールボックスに入っていて、読むことができなかったことを書きました。これは自宅のパソコンです。今日、新たな事故が見つかりました。今度は、私が送ったメールが、受取人の迷惑メールボックスに振り分けられていたのです。
発信したのは、職場のパソコンからです。相手も、別の省の人です。もちろん、仕事のメールです。こんなことってあるのですね。もっとも内容は、相手方にとっては仕事が増える「迷惑な話」でした。そこで、ご主人様の意向を忖度して、機械が振り分けたのかも知れません。そうだとすると、賢い機械です。中野君、パソコンをよく教育したね(笑い)。(2007年12月5日)

(もう師走)
今年も、あっという間に12月です。本当に、月日が経つのは早いです。今日は、締め切りが迫った別の原稿書き。先月は、大学の授業準備や、講演会が続いて、なかなか時間が取れなかったのです。体調も悪かったし。このあと年内は、もう一つ講演を引き受けていて、その準備がまだです。
この秋の講演は、道州制、市役所論、経済財政、再チャレンジ、そして文化行政と、まったく違った内容で、我ながらあきれています。さらに、年末恒例の苦しみ、年賀状書きが待っています。印刷は、早々と済ませたのですが。
よって、大連載の執筆は、遅々として進んでいません。三権分立を勉強しなおしたら、迷路にはまりこんでしまって。まとまった時間が取れず、推敲が進まず、もう3か月も、もがいています。
これまでの原稿を読んでもらったA記者は、「間口を広げたのは良いですが、どう収めるのですか」と心配してくれています。うーん、全体構図はしっかり作ってあるのですがね。(12月2日)

(メール不具合のお詫び)
私宛にメールを送っていただきながら、私からの返事が来ていない方はおられますか。ことの顛末は、次のようなものです。
先日、職員から私の自宅に、メールを送ってもらいました。ところが、数日経っても着きません。どうしたんだろうと、悩んでいました。昨日、ひょんなことから、迷惑メールボックスを覗いてみました。すると、そこに振り分けられていました。そんな変な文言もなく、発信元は官庁ですし。
さらによく見ると、たくさんのいかがわしそうなメールに混じって、知人からのメールが2通入っていました。しかもその2通は、それぞれ1度来たメールに私が返事を出し、それに対する再度の返事だったのです。お二人とも、いかがわしい人でも内容でもありません。理由がわかりません。
迷惑メールボックスには、1週間ほどしか残っていないので、それ以前にもこのようなことが起こっていたのか、わからないのです。そこで、冒頭のような質問になったのです。もちろん、迷惑メール振り分け機能が従来通りなら、再度出してもらっても、また迷惑メールボックスに振り分けられる可能性があります。よって、ここしばらくは、時々、迷惑メールボックスを見ることにします。(11月27日)

(久しぶりの富山)
24日は、富山市へ再チャレンジ学習支援シンポジウムに行ってきました。私の役割は、基調講演です。
富山へ行くのは、久しぶりです。行事終了後は、かつての上司や同僚の方が、集まってくださいました。もう離れてから、10年も経ちます。皆さん変わらずお元気で、楽しい時間を過ごしました。当時はいろんな大変なこともあり、一緒に苦労をしました。それらも、過ぎると懐かしい思い出です。「ホームページを毎日見てますよ」とか「日本のために頑張れ」とか、いつまでも応援団でいてくださいます。ありがたいことです。全勝の行動を危なっかしいと、子育ての気持ちでいてくださるのでしょう。
その他にもお誘いをいただきながら、お会いできなかった方々には、お詫びします。すみません、からだが一つしかないので。(11月25日)

(今年の風邪)
恥ずかしい話を一つ。
皆さん、今年の風邪には、気をつけてください。きついですよ。
私も、小さいときから、よく風邪をひきました。ところが、大臣秘書官になった時に、先輩から「風邪をひいても良いが、大臣にうつしてはいけない」と教えられました。それ以来、風邪気味になっても、すぐに治し、仕事を休んだ記憶がありません。37歳以来なので、15年間です。我ながらすごいと、自慢していました。
私はよくしゃべる割には、のどが弱く、よくのどを痛めます。でも、水でのどを潤し、市販薬を飲んで早く寝たら、数日で治ります。また、咳を飲み込む術を持っています。もっとも、これは涙が出るのですが。今年も「来たな」と感じたので、風邪薬を飲んでました。ところが、咳はさらにひどくなり、身体がだるくなりました。そして、15年ぶりに、休んでしまったのです。近所のお医者さんにも、初めて行きました。職場の皆さん、仕事で迷惑をかけて、ごめんなさい。
問題は、風邪を引いた原因が、わからないことです。また、なぜ、長引いて悪化したかということです。そんな不摂生をしていないのに。考えられる原因は、そう、歳を取ったことです。認めたくないのですが・・。
ようやく、快方に向かっています。のどが痛く、鼻が通らないときに、講演するって、しんどいですね。お聞き苦しかったと思います。お詫びします。(11月25日)

鎌田浩毅京都大学教授が、また本を出されました。「富士山噴火−ハザードマップで読み解くXデー」(講談社ブルーバックス)です。ちょっと物騒な題名ですが、備えあれば憂いなしですね。(11月20日)

今日は放課後、東大での講義のOB会でした。学者の卵、銀行員、公務員、再度学生になった人と、それぞれに頑張っています。仕事が忙しくて参加できない人や、子育てで参加できない人も。健康に気をつけて、活躍してください。(11月16日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記24
日記24