日記26

(中先生のコンサート)
今日は、中博昭先生のコントラバス・コンサートへ行ってきました。先生は、元N響の首席コントラバス奏者です。私が富山県勤務の時、魚津短大の学長をしておられました。なんと、下手なフルートで一緒に演奏させてもらったこともあります。その時は大勢でした。先生から楽譜を渡され、「これを練習して、一緒に合奏しましょう」と言ってもらいました。残念ながら、私が一定水準に達せず、そのご指示は守れませんでした。
楽壇生活50年!77歳のお祝いをかねての会でした。演奏会の後は、場所を変えてパーティーへ。魚津から応援団が大挙して押しかけていて、それは賑やかでした。「今日は、フルートを吹かないの?」とか聞かれ、最近の練習不足を反省しました。(2008年2月26日)

(本を書くのは自分のため)
本棚を眺めていて、水谷三公『王室・貴族・大衆』(1991年、中公新書)が気になって、取り出しました。あとがきに、次のような記述がありました。
・・なにかわからないことがあったら、それについて本を1冊書いてみるのがよい。ヨーロッパにはこんな格言があると、『ヨウロッパの世紀末』(新潮社)のあとがきで、文芸評論家の吉田健一氏が紹介されている。してみると、ヨーロッパでは、本はまず読者のために書かれるというより、著者自身のために書かれる場合が多いと推測して、大過ないのかもしれない・・
「そうだったけ」と、今度は吉田健一『ヨオロッパの世紀末』(1994年、岩波文庫)を引っ張り出すと、確かに「・・そのヨオロッパに、何か解らないことがあったらそれについて1冊の本を書くといいという格言がある。これは本当であるようであってヨオロッパについて今度これを書いているうちに始めて色々なことを知った気がする・・」とあります。
うーん、読んだときには頭に残らず、問題関心を持って読むと、なるほどと思うことが多いですね。また、本の方から呼んでくれるというのも、本当ですね。本棚には前から積んであったのに、なぜ今の時期に取り出そうと思ったのか。自分でも不思議です。実は、この本に限らず、大論文執筆中に、いろんな本が連鎖的に出てきます。「そういえば、あの本にもこんなことが書いてあったな」と。
さて、私の原稿書きは、まさにこの格言に相当します。書いて行くうちに、自分の考えが整理されるだけでなく、いろんなことを調べるので、ようやくすこし解ってきます。(2月10日)

(雪)
東京は、昨夜も雪が降り、今朝は少し積もっていました。しかし、朝から気温が上がり、早々に溶けました。家の隅に植えた水仙の花が、茎の途中で折れてしまいました。落ちてきた雪の重みででしょうか。(2月10日)

今日の東京は、1日じゅう雪でした。朝2〜3センチ積もっていたので、家の前の道路を雪かき。踏み固められない前に。こんな時しか履かない長靴を出し、道具はないので、ちり取りでです。
静かですねえ。もともとあまり車の通らないところなのですが。ご近所の木々にも積もって、なかなかの風情です。
その後も、降り続きました。夕方に、もう一度、雪かき。明日の朝、道路が凍らないと良いのですが。(2月3日)

(職場の防寒対策)
職場での必需品に、膝掛けがあります。霞ヶ関では、地球温暖化防止のため、暖房の温度を抑えています。これが、結構効きます。
私のいる4号館は、窓が大きく、しかも1枚ガラスです。そして、窓枠との間には、大きな隙間が空いています。初めての冬は、なぜカーテンが揺れるのかわからず、原因がわかったときにはびっくりしました。「これが、世界第2位の経済大国の、経済の司令塔のビルか」と。今年は早々と、テープで目張りをしてもらいました。
それでも、窓際は寒いのです。仕事をしていると、窓側の右半身が冷えます。応接セットも窓側にあるのですが、お客さんが来られると、「寒くても応接に座りますか、比較的ましな会議机にしますか」と聞きます。
職員は、それぞれ防衛策を講じています。カーデガンや膝掛けは当たり前です。湯たんぽや使い捨てカイロを使っている職員もいます。部屋の中なのに、マフラーをしている女子職員も。知人には、ジャンパーを着て仕事をしている職員もいます。我が職場にいる限り、地球が温暖化しているとは思えませんね。
膝掛けは温かいのですが、来客があったり、部下と打ち合わせをするたびに、外さなければなりません。すると、寒いのです。(2月1日)

(ご近所の大ニュース)
昨晩、キョーコさんの友人から電話があって、「フジテレビで、近所のケーキ屋さんが出てるわよ」。「メチャメチャいけてる」とかいう番組で、芸人さんがケーキを作って売るというものでした。確かに、ご近所のケーキ屋さんが映っていました。
キョーコさん曰く「暮れに通ったら、『取材のため閉店します』という張り紙があったのは、これだったんだ」とのこと。新作を考案して、商店街から駅前まで売りに行ったら、よく売れたという番組でした
「明日は、開店から人が並ぶだろうなあ」と、家族で話していました。午前中はすっかり忘れていて、午後にお店の前を通ったら、長蛇の列。数軒隣に交番がありますが、お巡りさんも、前をふさがれて苦笑しておられました。(1月20日)

(寒い3連休)
3連休は、いかがお過ごしですか。東京は、寒かったです。大学と少しのお出かけ以外は、こもっていました。呼ばれている講演の準備が、進みました。執筆も順調に進み・・とは、いきませんねえ。こちらの方は。
棚の封筒に入れてある資料をひっくり返していると、「こんなのもあったよな」と、忘れていた資料が出てきます。ひどいのは、「え〜こんなところにあったのか」という資料も。ないので、再度入手したのに。自らの記憶力の悪さ、資料整理の悪さに、がっかりします。(1月14日)

(仕事始め)
今日から出勤。久しぶりの満員の地下鉄で、気分が悪くなりました。あれは、非人間的ですね。
職場では、挨拶も不十分なままに、次々と仕事が入りました。う〜ん、入れたという方が、正確かな。今週するべき仕事を、メモに書き出してあったので、順番に処理。その間にも、次々とメールと電話が入り、記者さんが訪ねてきてくださり・・。うれしいことです。
放課後は、マスコミの方との討論会。厳しい意見に、たじたじです。
ところで、内閣府の職場では、パソコンが入れ替わりました。例によって、北村君に、設定などはお願いしましたが、新しいソフトに慣れるまで大変です。IDで開かない(Oと0の違いがわからなかった。一方はオーで、もう一つはゼロです。発見したのは、横山秘書でした)。古いパソコンのメールとアドレスが、新しいパソコンに移っていない(これは結構大変です)。活字が小さくて見にくい、などなど。年末にもらったメールに、返事が打てないのです。すみません。
さらに変なのは、制限がきつくて、いくつかのホームページを見ることができません。NHKのウエッブが、見れないのです。でも、私のHPは、見ることができました。その他の放送局もダメでした。新聞社のHPは、見ることができました。そのうちに、修正されるでしょう。
8日には、NHKも見ることができました。(1月7日、8日)

(冬休みの成果)
長い休みも終わって、明日からは仕事です。皆さんも、良いお正月だったでしょうか。
私は、10日間の間に、大連載「行政構造改革」の原稿が結構進みました。難渋していた第3章第1節を、ようやく越えることができました。万歳!9月から抱えていたので、4か月かかりました。書き終えると、「何だ、こんだけのことか」というほどのことでしたが。私の専門でなく、学会の動向を追っていない部分なので、先達の業績を調べ、自分の考えが間違っていないことを確認するのに、時間がかかったということです。
独りよがりの説にならないように、また既に共有されている考えを「新説」と思いこまないために、必要な作業でした。もちろん、私なりに議論を整理し、文章を読みやすくするのにも、時間がかかります。いつものことですが、原稿に赤を入れ、パソコンで修正して打ち出し、それに赤を入れと、いやになるほどの繰り返しです。第2節も完成させたかったのですが、半分しか進みませんでした。また、土日にこつこつ取り組みます。
2月号のゲラ校正は、編集長に渡しました。ついでに、3月号の校正もやってしまいました。
慶応大学の授業は、後2回分の準備もほぼ完了。こうしてみると、我慢して「家ごもり」しただけの、成果はありました。(1月6日)

(冬休み)
今日4日は、仕事に支障がないことを確認して、休みをいただきました。この後の土日を入れると、10連休です。若い時は、他人が休んでいても、働くのが当たり前と考えていました。それで、平日に休むと、何かしら落ち着きません。貧乏人ですね。ある人からは、「上司元気で留守が良い」と、いわれましたが。
もっとも、遊びに出かけるわけでもなく、原稿書きや授業の準備で終わってしまいます。こんなにまとまった時間が取れるのは、珍しいですから。でも、余計な本に手を出したり、書類をひっくり返すとそれを片付け始めたり・・。生産性は低いです。
ふだん、書類を放置しておくからですね。書類片付けも、良しとしましょう。(1月4日)

(2008年)
(新年のご挨拶)
あけましておめでとうございます。みなさま、良いお年をお迎えのことと存じます。東京は、おだやかな元旦です。わが家も、家族そろって健康で、新年を迎えることができました。
正月らしいことはあまりしませんが、少しの飾り付けと、年賀状が正月を感じさせてくれます。初詣は、今年もまずは、産土の氷川神社にお参りしました。2日は、お礼を兼ねて、いつもの湯島天神へ。
いただいた年賀状には、「ホームページを欠かさず見ていますよ」とか「行政構造改革の連載で勉強しています」といった、励ましの言葉もいただきました。ありがとうございます。その言葉を糧に、頑張ります。このHPは、もう少しで888,888です。
今年が、皆さんにとって、良い年でありますように。(1月1日、2日)

日記25から続く
トップへ
トップへ
戻る
戻る