日記27

(受付でも覚えられた)
年度初めで、各職場で人事異動があります。私のところにも、異動の挨拶にたくさんの人が来てくれます。その一人との会話。
職員:審議官に挨拶に来たんですが、場所がわからなくて。ビルの入り口の受付で聞きました。「岡本審議官にご挨拶に来たのですが、場所を教えてください」と言ったら、「全勝さんですね」と、直ちに答えてくれました。
全:このビルには、ほかに岡本さんはいないのかな。
職:いえ、僕が「岡本審議官」と言っただけで、受付の人は「ぜんしょうさんですね」と答えが返ってきました。かなり慣れていましたよ。
全:しかも、受付は民間委託しているから、警備会社の人だよな。
職:これ、HPに載せましょうよ。
これで良いかな、織田君。(2008年4月1日)

(チューリップ)
今日の東京は、肌寒かったですが、良い天気でした。プランターのチューリップが、咲き始めました。連作障害が出て、葉が縮れてしまいました。心配していたのですが、きれいに咲いています。朝は小さな緑のつぼみだったのが、夕方には大きく赤くなっています。すごい成長ですね。お隣の梅が終わって、桃の花が満開です。
31日締め切りの原稿を完成させ、新学期の授業の準備をして、一安心。近所の善福寺川まで、お花見がてら散歩に行きました。桜は満開、レンギョウやユキヤナギも。きれいなものです。自然というのは、すごいものですね。これだけの花が、一斉に咲くのですから。(3月29日)

(夜桜)
今日は放課後、この時期恒例の、お堀を巡る桜見物に行ってきました。桜田門〜半蔵門〜千鳥ヶ淵です。先週土曜日には咲いていなかった桜が、この数日の陽気で一気に咲きました。もっとも、まだ満開には至らず、千鳥ヶ淵のライトアップも明後日からだそうです。お花見客も少なく、街灯での花見でした。人混みでないのはいいのですが、明るさに欠けました。満開を過ぎ、風に散る桜が良いですね。少し早かったです。ユキヤナギ、ボケ、コブシ、アセビなどもきれいでした。(3月26日)

(椿が咲いています)
土曜日曜と、東京は良い天気でした。桜も開花宣言が出されましたが、花見にはまだですね。わが家の遅れていた椿も、次々と花を咲かせています。よって、今日も外出し、原稿は進まず。(3月23日)

(目から鱗・病原菌との競争)
古くなりましたが、15日の読売新聞「進化論とあなた・菌を競合、いもち対策」に、次のような話が載っていました。
いもち病に強いコシヒカリを植える際に、3割ほどいもち病に弱い品種も混ぜて植えるのだそうです。新品種を開発しても、病原菌も進化して、すぐに追いつかれる。そういう、人間と病原菌の軍拡競争です。ところが、新品種開発にお金がかかるように、病原菌の方も新品種を攻撃できるような進化をするためには「費用」がかかります。進化するためには、ほかの機能を犠牲にしなければなりません。すると、菌は菌で、競合相手と競争しているのです。古い品種を植えておくと、それに強いいもち病菌が跋扈して、ほかのいもち病菌の発展を抑えるのでしょうね。
なるほど。(3月20日)

(サイバー攻撃)
先日、知人(Yさんとしておきましょう)のパソコンが攻撃を受け、感染してしまいました。Yさんの知人を騙ったメールを送りつけ、そこに添付ファイルがついていたのです。Yさんがそれを開け、感染したようです。そのメールは、実物を少し変えてあるだけで、しっかりした人からのメールを装っているので、私でも開いてしまいそうでした。
そして、Yさんのパソコンにある関係者のアドレスを盗み、その人たちに菌をばらまいたのです。私もその被害者です。うっかり開けそうになりましたが、踏みとどまりました。
役所では時々「感染訓練」があって、引っかかって、送られた偽メールを開けると、システム管理者から「アウト」をもらうのです。そこで、今回もその訓練だろうと思っていたのですが、来るわ来るわ。毎日10数通です。自宅ではノートンアンチウイルスも、役所では役所の検疫も通過してきます。チベットや韓国を騙るメールは、まずは私には関係ないので、即座にゴミ箱へ。さらに、ゴミ箱からも削除。しかし中には、開けてしまいそうなのもあります。ようやく、収まりつつあります。と書いていたら、また来ました。
皆さんも、気をつけてくださいね。(3月20日)

(椿、一輪)
ようやく、我が家の椿が、一輪花を咲かせました。梅もほとんど終わっている時期にです。お向かいの遅れていた白い椿は、大輪の見事な花をたくさん咲かせています。沈丁花も、強い匂いを漂わせています。去年早く咲いたご近所の桜は、改築のために切られてしまい、今年は楽しむことができません。
毎朝、ウグイスがきれいな鳴き声で、起こしてくれます。(3月16日)

(巣鴨駅前モニュメント)
今日の東京は、コートどころか、上着もなしで過ごせるような陽気でした。高校の先輩である坂口紀代美さんから、「巣鴨駅前商店街にモニュメントを設置するので、見に来るように」との指示があり、行ってきました。駅北の商店街、国道を挟んだ両側の歩道に、人の背丈ほどの石が置かれています。
西側の三菱UFJ銀行前は「MADAMADA」といい、東側の和菓子屋さん前は「KOREKARA」というのだそうです。作者によれば、「高齢化と団塊の世代の問題の多いこの頃、KOREKARA、MADAMADAと、少しでも踏ん張ってやってゆこうじゃないかという、気持ちを鼓舞するモニュメントです」とのこと。
それぞれ、黒御影石の一面が磨かれ、そこに鑿の跡が散らばっています。制作過程の写真を見せてもらっていたので、てっきりテーブルのように置かれるのかと思っていたら、立っていました。私は、「猫の足跡ですか」と聞いて、「桜の花びらよ」としかられました。1基で、2トン近くもあるそうです。深さ1.5メートルの基礎の上に、ボルトで固定してあります。据え付けるのが、大仕事です。
みなさんも、一度ご覧ください。猫の足跡か、桜の花びらか。(3月15日)

(春)
東京は、春めいてきました。憲政記念館の中庭の桜は、毎年早く咲くのですが、すでに5分咲きです。小鳥がたくさん来ていました。ご近所の梅は、紅梅白梅とも満開を過ぎました。プランターのチューリップも、どんどん伸びてきました。ところが、我が家の椿は、未だに咲かず。つぼみは、大きくなっているのですが。ご近所のミモザも、まだ7分くらいの花です。去年は、2月半ばには、椿もミモザも咲いていました。町内の物知り奥さんに聞いたら、そこのお宅の椿も、今年は遅いそうです。寒かったからでしょうか。(3月13日)

(副業)
東京は、暖かくなりました。8日は外出したので、9日は副業に精を出しています。大連載4月号ゲラを校正。これで第2章が終わるので、第3章を出版社に渡さなければなりません。それで、第3章第2節までを、ひとまず完成させました。これで、5月号から7月号まで、3月は持ちます。でも、去年の秋から、半年かかっています。この進み具合だと、追いつかれてしまいます。
その他、3月22日に「政策メッセ・ワークショップ」に呼んでもらっているので、レジュメの作成。私の出番は、「中央省庁再編:官邸主導の検証」です。田中秀明・一橋大学准教授がモデレーター、清水真人・日本経済新聞社編集委員、曽根泰教・慶應義塾大学大学院教授の予定です。
もう一本、3月末締め切りの原稿も、抱えています。とほほ。(3月9日)

(世論調査)
今日は朝から、共同通信社の世論調査を受けました。先日、郵便で「選挙人名簿で無作為に選んだところ、あなたが選ばれた。土日に調査員が伺います」という知らせをもらいました。記者クラブの浜本記者に「当たった」と報告すると、「珍しい。この勢いで、宝くじを買ったらどうですか」と喜んでもらえました。前回の調査を見ると、全国250か所で3,000人を選んだとのことですから、かなりめでたいことですね。
問は、内閣支持・支持政党という定番のもののほか、景気、増税、裁判員制度でした。郵便には「引換証」が入っていて、これを調査員に渡すと、グッズがもらえるのです。調査員がちゃんと調査したかを確認する、優れた方法ですね。
問に答えたあと、今度は私から調査員に逆取材。何せ、滅多にないことですから。調査員一人で、何人くらいを受け持っているのか、何人に会えたか、回答はもらえたかなどなど。住所と氏名だけで訪ねていくので、家を確認するのが大変な場合があるとのことです。私の場合も、住宅地図に載っていなかった(引っ越して新しい)、表札が出ていない(住居表示板を出しているだけ)ので、昨日はわからなかったとのこと。「こんなにスムーズに答えてもらったのは初めてです」とおほめをいただきました。
その後、税金の申告書を、税務署まで出しに行きました。杉並区は住基カードをもらえないので、電子申告ができないのです。税務署は、自転車ですぐです。そして、キョーコさんに言われて、スーパーまで買い物にも行きました。それぞれ、社会人としての責務、国民としての責務、家族としての責務を果たした休日です。といっても、ほんのわずかですが。(3月2日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記26
日記26