日記28

(椿の剪定)
昨日は大学のほか、夕方には結婚式でスピーチ。今日、ようやく時間が取れたので、たまっていた新聞切り抜きや資料を整理しました。
その後、椿と夏ツバキの木を剪定。植えて2年間は、ほぼ自由に伸ばしました。もっと自由に伸ばしてやりたいのですが、空間が狭いことと、あまりに小枝がはびこってしまったので。先週、庭木の好きな父が上京したので、アドバイスをもらって、はさみを入れました。椿はあまり切りすぎるな、と書いてあるのですが。少し切りすぎたかな。(2008年5月11日)

(官僚ガラパゴス論)
今日、官庁とつきあいのある民間の人から、「岡本さんのガラパゴス論、あの通りですよ」と指摘されました。「官僚は、本当に改革する気があるのですかね」と。
また放課後は、若手職員から「ガラパゴス論に反論する会」に招待され(呼び出され)、行ってきました。
・・あれは厳しすぎる。私たちは頑張っているのに、世間は理解してくれない。公務員にもいろいろいて、ガラパゴスよりひどいシーラカンス(進化を止めた動物)もいる、などなど。
でも、お酒が入ったので、議論は集約されず。次回に持ち越しになりました。
F君、S君、その批判を論文に書いてください。愚痴を言っているだけでは、変わりませんよ。(5月9日)

(大学の同窓会)
今日は、大学の同窓会でした。1973年東京大学入学、文科T類・U類16組フランス語クラスです。文一(ほぼ法学部へ)32人、文二(ほぼ経済学部へ)19人、合計51人。うち連絡がついたのが37人、出席は28人です。初めて会ったのは35年前でした。前回の同窓会から、20年ぶりです。幹事が、頑張って設営してしてくれました。感謝。
みんな、いいおじさん、おばさん(失礼)になっています。お孫さんがいる人も。そうですよね、子供たちが、僕たちが入学した時より歳を取っているのですから。でも、会うと、思い出すことができるのですよね。中には、顔と名前が一致しない人も。もともと授業に出ていなかったので、わからない人もいますが。
公務員、弁護士、裁判官、銀行、生損保、メーカーなどなど。それぞれに活躍していますが、近況報告を聞くと、30年間の業界の移り変わりを、見せてくれます。入った会社が、そのまま続いていることは珍しいですね。会社がつぶれて、別の会社で社長になっている人も。有名人もいますが、名前は伏せましょう。「東大生のその後」という、週刊誌記事にはなるでしょうが。
仕事で苦労している話の他に、大病を患った話、薬を飲んでいる話、子供の自慢話など、年齢相応の話が続きました。(5月8日)

(ゴールデンウイーク)
ゴールデンウイークも、終わりましたね。私は、4月28日はお休みをいただいて、前半4連休。もっとも、初日は大学で授業でした。途中の3日間も休みたかったのですが、しっかり仕事が入りました。そして、後半4連休でした。キョーコさんのお供で外出、友人と屋外競技、美術館や散歩に行った他は、原稿書きにいそしみました。
その甲斐があって、第3章第3節が、予想以上に進みました。気分が乗ると、進みますねえ。でも、連休中に読もうと思っていた本は読めず、チューリップの後のプランター片付けも進まず。何か一つをするということは、別の何かができない・あきらめるということですね。
何度も書いていますが、若い時は、もっと時間があったような気がします。歳を取るにつれて、好奇心がさらに増え、時間がなくなっているように感じます。もっと時間が欲しいです。とはいえ、夜遅くまで取り組む気力もなく。(5月6日)

(台湾からのお客さん)
今日は、台湾の総統府秘書長弁公室主任などを歴任された劉建シン(立心偏に斤)さんが、調査に来られました。政権交代があり、現在はシンクタンクの研究員です。まだ、39歳のお若さです。
テーマは日本の市町村合併で、すでに何人かの方にインタビューをされた後、私への質問になったようです。「なぜ市町村合併が進み、なぜ一部で進まなかったか」など、つっこんだ質問でした。
私のホームページ(このページ)も、ご存じでした。そこで、「今晩、今日のご訪問を書き込みますよ」と予告したので、今書いています。(5月2日)

(わが家のテレビ)
先日、日本ビクターがテレビの生産を打ち切る、というニュースがありました。実はわが家のテレビが、ビクター製なのです。もっとも、ニュースになっていたのは薄型テレビであり、わが家のはブラウン管です。もう10数年も使っています。
5年ほど前に、画面が暗くなり、修理に来てもらいました。配線の一部が弱くなっていたとのことで、修理してもらうと、またきれいに映るようになりました。その時の職員さんが、「このテレビを、大切にしてください。まだ当分、きれいに映るでしょう。この型が、日本で製造した最後のテレビです。その後は、アジアに生産を移しました」とおっしゃったのです。
2011年にはアナログ放送が打ち切られるので、それまでには買い換えなければならないのですが。もう少し、このテレビに頑張ってもらいましょう。(4月27日)

(3度目の花見)
わが家の椿とプランターのチューリップは、ほぼ終わりました。今は、その横で、鉢植えの桜が咲いています。上野公園の植木市で、衝動買いしたものです。高さ20センチほど、チューリップより低いのです。ピンクの八重が満開です。キョーコさんからは、「大きくなったらどうするの」と言われていますが、その時は考えましょう。桜は虫が付くし、枝を切るとダメだし。難しいでしょうが、安かったし小さいので、ダメでもともと。桜にはかわいそうですが。
今年は、千鳥ヶ淵を初めとするソメイヨシノを楽しみ、新宿御苑で桜を見る会の八重を見、さらにわが家の小さな桜と、3回楽しんでいます。(4月24日)

今日、毎日新聞社の「エコノミスト賞」授賞式に行ってきました。赤井伸郎大阪大学准教授が『行政組織とガバナンスの経済学』(有斐閣)で、2007年度のエコノミスト賞を受けられたのです。先生からお誘いがあり、参加しました。先生の奥さんと息子さんも出席され、晴れやかでした。(4月18日)

今日は、立命館と法政の学生さん二人が、職場を訪ねてきてくれました。3年前に私の講演を聴いて、それ以来、このHPを見てくれていたそうです。先日メールが来て、今日、お会いしました。ところが面談中に電話がたくさん入って、じっくりとお話しできませんでした。図らずも、審議官がどんな仕事をしているか、見てもらえました。(4月10日)

(人を見る目)
かつて、信頼できない売り子さん(2007年5月16日、ネクタイ売り場)の話を書きました。今日は、それとは逆に、すごい店員さんの話です。
先日、キョーコさんと外食した時のことです。お皿がすべて出て、店の人が、請求書を持ってきました。その店員さんは、テーブルに置く際に、私の前には置かず、ちゃんとキョーコさんの前に置きました。誰がお金を持っているか、よく見ている人でした。僕ではなく、キョーコさんが財布を持っていることを、直ちに見抜くとは。
キョーコさん曰く、「あの人は、ただ者ではない。シェフの奥さんに違いない」と。店を出る際に話しかけたら、やはりそうでした。人を見る目がある、奥さんとキョーコさんでした。(4月8日)

(幻の見学コース)
今年も、黒四ダム見学会が始まりました。黒部峡谷の欅平と黒四ダムを結ぶ「黒部ルート」は、 黒部川第四発電所の建設のため、関西電力が工事用軌道として作ったものです。この黒部ルートに立ち入ることができたのは工事関係者だけでしたが、平成8年度から一般の方を対象に見学会を行っています。
人数・期間限定のコースです。お申し込みは、富山県のHPをご覧ください。(4月7日)

(春爛漫)
この土日は、東京は好天に恵まれました。ソメイヨシノは盛りを過ぎましたが、八重桜などが満開です。上野の国立博物館の裏庭は、桜が散って、まさに落花の雪でした。北の地方を除いて、全国各地で桜が見頃だと思います。お出かけになった方も、多かったでしょう。春爛漫ですね。わが家のチューリップも、オレンジ・赤・白・紫ときれいな花を咲かせています。一部、ぐれている球根を除いて。
今度の土曜から、慶応大学の授業が始まります。第1回目の準備はすんでいるので、少し心に余裕があります。頼まれたメモづくりを済ませて、外出しました。最近は朝早く目が覚めるのですが、夜も早く眠くなります。しかも、ほかの本を読んでしまったので、原稿はあまり進まず。(4月6日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記27
日記27