日記29

(実名ブログ・匿名ブログ)
重徳和彦君が、ブログをつくっています。以前からつくっていたのですが、匿名でした。「つくるのなら、実名でなきゃ」とそそのかしたら、先日、「実名にしました」と報告がありました。そこで、ここで紹介します。
実名にすると、気を遣いますよね。書いたことに、責任を持たなければなりませんから。でも、匿名で無責任なことを書いても、それは本人の功績にはなりません。(2008年7月9日)

(異動に伴う作業)
職場を移ったので、いろいろとそれに伴う作業があります。まずは、関係者への挨拶。これも結構な数で、たくさん残っています。身分証明書などは、庶務の職員が手際よくそろえてくれました。パソコンは、パスワードを入れたり、個人メールアドレスを入れたり、結構手間がかかります。ソフトが、内閣府のものと違うので、慣れるのに一苦労です。活字が小さくて見にくいのですが、自分では大きくできず、職員に手伝ってもらって、一つずつ使い勝手の良いように修正中です。
その間に、仕事もあり、なかなか片付きません。(7月8日)

(花束と色紙)
昨日、内閣府を離れる際に、職場の皆さんから、花束と色紙をいただきました。普通に仕事をして、普通に異動するだけなのに、花束をいただいて感激しました。色紙に書かれた寄せ書きを読んで、えらくほめてもらっているので、またまた感激です。みなさん、ありがとうございました。(7月5日)

(鎌田浩毅先生TV出演)
科学の伝道師である鎌田浩毅先生が、7月5日(土)19:57-21:48「世界一受けたい授業 ・スペシャル」(日本テレビ系)に出演されます。映像ベスト100という2時間特集で、火山噴火の映像も選ばれ、専門家である先生が出演されます。
「今度は生徒役としてコメントします」、とのことです。(7月4日)

(人体の驚異)
永田和宏『タンパク質の一生』(2008年、岩波新書)を読みました。例によって、寝る前にですが。あらためて、自然や生命の巧妙さや複雑さに、びっくりします。
人の身体を作っている細胞は、約60兆個。国家予算や地方財政規模が80兆円ですが。一つの大きさは、10〜20ミクロン。一列に並べると、60万kmです。確か、東京大阪間が600kmでしたよね。ひえー。私の身体にも、あなたの身体にも、これだけの細胞が入っているのです。
その細胞一つ一つに、遺伝子情報を持ったDNAが入っています。それは46本のひもで、1個の細胞に入っているDNAをつなぎ合わせると1.8mになります。1mmの100分の1の大きさの細胞に、私の背丈ほどのDNAがつまっています。
で、一人の身体の中のDNAをつなぎ合わせると・・。電卓を出して、かけ算してください。1.8m×60兆個=1000億km。これは、太陽と地球を300往復する長さだそうです。
そして、1個の細胞に80億個のタンパク質が含まれていて、そのタンパク質は500とか1000個のアミノ酸からできていて、そのアミノ酸は・・・。
それがすごい早さで、誕生し、入れ替わり、死んでいるのです。この瞬間にもです。あとは、本をお読みください。(7月3日)

(異業種交流)
今日は何かと忙しかったのですが、放課後、新聞記者さんと「日本の将来を考える会」に出席。実態は、アメリカ帰りの記者さんの歓迎会を、もう一人の記者さんと開催したのです。割り勘でも、歓迎会なのかなあ・・。
それぞれ、かなりの有名人です。3人は視点が違って、すごく勉強になる会でした。「それは違いますよ」に対して、「いや、こういうことやで」と言うと、「それは違うでしょう」と返されます。同業者と飲むと、こうはいきません。(6月24日)

(高校の同窓会)
今日は、授業のあと、奈良女子大学文学部付属高校の東京地区同窓会へ。高校を卒業して、もう35年もたちます。顔がわかるのは、2年先輩、2年後輩までですが。顔を見てすぐわかる人、話しているうちに思い出す人、それぞれに懐かしかったです。
1年先輩たちの幹事団の企画で、内容の濃い同窓会でした。プロのコントラバス奏者となっておられる先輩の演奏付きでした。(6月21日)

(アサガオ双葉)
土曜日曜と、東京は梅雨時期とは思えない、良い天気でした。プランターのアサガオが、たくさん芽を出し、双葉になったので、間引きと植え替えをしました。新しく買った種のほか、去年うちで取れた種もたくさん芽を出してくれました。どんな花が咲くか楽しみです。
今年は、出来合いの支柱を買ってきました。去年は細い棒を立て、ひもで結んでと、見苦しい支柱になりました。既製品は、きれいで便利ですね。3本の柱に輪っかが3段に付いていて、なかなかの優れものです。実家の父も使っているとのこと。(6月15日)

(骨太の方針作成)
「骨太の方針」作成の時期になり、それなりに仕事をさせてもらっています。10日の諮問会議には、骨子案(目次案)が示されました。例年の工程だと、今後、文案が示され、政府内での調整・与党との調整を経て、閣議決定されます。(6月11日)

玄関横の夏椿が、花を咲かせました。最も高いところに、2輪です。去年の記録を見たら、5月末には咲き始め、今ごろは盛りでした。今年は咲くのも遅く、つぼみの数も少ないです。(6月9日)

東京は、梅雨空が続きます。さらに、日によって寒暖の変動が大きく、最高気温が10度くらい上下します。クールビズがちょうどの日もあれば、翌日はネクタイがないと寒かったり。風邪を引いている人も多いです。皆さん、健康に気をつけてください。小生は、何やかやと仕事が入り、毎日それなりに忙しい日々を送っています。(6月5日)

昨日書いた「鵜が潜って魚を捕っている場目にも」に、奈良の弟から指摘がありました。「場目は、場面の間違いだろ」。はい、御指摘の通りです。ありがたいものです。(6月2日)

(不順な天候)
先週の東京は、梅雨を思わせるような日が続きました。昨日は冷たい雨が降り、最高気温が14度でした。クールビズどころか、冬物が必要でした。元気が出ませんね。
今日はさわやかに晴れ、最高気温は23度まで上がったようです。川べりを散歩したら、たくさんの花や鳥に会いました。鵜が潜って魚を捕っている場目にも。お隣のビワの木は、黄色い実がふくらんできています。わが家のプランターでは、先週に種をまいた朝顔が、いくつか芽を出しました。(6月1日)

(一足お先に衣替え)
暑くなってきましたね。来週から6月、クールビズが始まります。私は、今日から自主的クールビズを始めました。ボタンダウンのシャツにネクタイで出勤し、昼はネクタイをはずして、涼やかに過ごしました。帽子も先日から、フェルトのボルサリーノをやめて、メッシュの中折れ帽にしました。(5月27日)

(実物のガラパゴスゾウガメ)
今日は、上野の科学博物館へ、「ダーウィン展」を見にいってきました。ガラパゴスゾウガメに会いにです。先日書いた文章に使わせてもらったので、お目にかかるべきだと思って。
もっともこの亀は、上野動物園から出張してきた亀さんです。大きいですね。75歳だそうです。まぶたを動かすほかは、じっとしていました。大物の風格です。向こうは、私のことを「このおっさん、何しに来たんだろう」と見てたんでしょうかね。
イグアナもいましたが、グリーンイグアナでした。ウミ(海)イグアナは写真と剥製でした。陸上での競争に敗れ、海に活路を見いだしたウミイグアナを、私は尊敬しています。人類も猿との競争に負けて、食物豊富で安全な森を追われたのでしょうね。でも、それが今日の繁栄になったのです。保守本流も環境が変わると、生きていけなくなります。その時に生き残るのは、片隅で生きていていた革新派でしょう。もっとも、隅で生きていたものがすべて、次の時代に繁栄するわけではないのですが。
たくさんのちびっ子たちと一緒に、見てきました。私も子供が小さかった頃は、科学博物館に良く行ったのですが、今日は久しぶりでした。記念に、ガラパゴスゾウガメの絵はがきを、買って帰りました。模型もあったのですが、飾るところがないし。後輩にプレゼントすると、しかられますしね。
博物館は実物の大きさが実感できますが、勉強となるとNHKの科学番組、例えば「ダーウィンが来た」には、かないませんね。(5月18日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記28
日記28