日記31

(総理秘書官就任)
報道でご覧になった方も多いかと思いますが、麻生太郎内閣総理大臣の秘書官に就任しました。麻生総理とは、総務大臣に官房総務課長としてお仕えし、その後もご指導をいただいておりました。
今回、政策統括を担当する秘書官として仕事をするようにと、ご指名をいただきました。精一杯、内閣のため、日本のために、頑張ります。もっとも、秘書官は黒子ですから、表には出てきません。鞄を持って、総理の後ろから付いていく時は、カメラに写ってしまいますが。
たくさんの方から、お祝いのメールをいただきました。申し訳ありません、お一人お一人に返事を打つ時間がなくって。
24日は深夜(25日未明)までお仕事があり、25日は午後に、ニューヨークに向けて出発します。
また、慶応大学の学生さんには、おわびを言います。27日から秋学期が始まる予定だったのですが、このような事情で出講は無理になりました。(2008年9月24日、正確には25日朝)

20日の東京は、台風も去り、良い天気でした。わが家のアサガオは、「今ごろ盛りかね」と思うくらい、大きな花をたくさんつけています。窓の外からは、虫の音が聞こえています。(2008年9月20日)

(西尾勝先生古稀)
今日は、西尾勝先生(東大名誉教授、行政学)の古稀のお祝い会に、行ってきました。研究者だけでなく、マスコミや行政関係の方が、たくさんお集まりでした。
私が東大法学部で先生に行政学を習ったのは、1975年。33年前になります。私は20歳、先生は37歳の教授でした。私には、先生は雲の上の人に見えました。でも今考えると、お若かったのですね。(9月13日)

(携帯電話の着信音)
携帯電話の着信音を、変えました。メールの着信音は、音声電話と区別するために、早い時期に別のメロディーにしました。もっとも、方法がよくわからないので、娘に変更してもらったのですが。
今回は、音声電話の着信音を、変えてもらいました。理由は二つ。一つは、他の人と同じ音では、私の電話が鳴っているのかどうかわからないこと。もう一つは、あのおなじみの音は、心臓に悪いですね。そこで、のんびりした別のメロディーにしてもらいました。
その結果は。鳴っていても、自分の携帯電話と気づかず・・。
今日もしばらくしてから、私の電話と気づき、「ところで、呼び出し音は何回鳴らしましたか」と相手に聞くと、「10回ほど鳴って、ようやくあんたが出た」としかられました。(9月9日)

東京では、8月下旬に秋のような涼しさになったのですが、その後、暑さが戻ってきました。しかも蒸し暑く。夕方にはしばしば、豪雨になります。今日も、わが家のあたりは、夜になってから雷を伴うすごい雨で、停電もおきました。
夏の初めに、プランターから間引いたアサガオの苗を、捨てるのももったいないので、椿の根元に植えておきました。すると、椿の木にからんで伸びて、椿の枝で大きな花を咲かせています。(9月6日)

今日は、北村亘大阪市大准教授ゼミの、永田町・霞ヶ関勉強会の訪問を受けました。総務省だけでなく、厚労省にも協力をいただきました。また、私の話だけでは面白くないので、国会議員秘書、新聞社政治部記者、通信社記者さんにも、「出演」いただきました。なかなか盛りだくさんの、出し物になりました。関係者の皆さん、ありがとうございました。(9月3日)

(8月の終わり)
8月も、今日で終わり。ここのところ不安定な天気で、局所的豪雨が続いていた東京も、今日は晴れました。で、久しぶりに、川べりまで散歩をしました。蝉の声が、まだまだ盛りです。わが家のアサガオも、名残の花を咲かせています。明日から9月。気を引き締めて、頑張りましょう。(8月31日)

(高円寺阿波踊り)
この土日は、高円寺阿波踊りでした。わが家の一本隣の通りが、演舞場の一つです。残念ながら土曜は小雨、日曜は雨の中での開催です。それでも、おはやしとビートが、夜空に響いています。ちびっ子たちも、そろいの衣装で、雨にも負けず踊っていました。
8月後半は、天気も悪く、気温も上がらないようです。せっかくの夏休みなのに、子どもたちは残念ですね。(8月24日)

日記30から続く
トップへ
トップへ
戻る
戻る