日記32

(美しい日本)
毎日新聞のサイトで、「2009年 空から見たニッポン」というページを、見つけました。美しい日本の自然や街を、空から撮った写真です。
きれいですね。一度ご覧ください。でも、100枚以上あるので、じっくり見ると、時間がかかりますよ。
私は、「新地方自治入門」で、醜い日本の街角や、絵はがきにならない風景を批判しました。ここには、きれいな風景が並んでいます。もっとも、これらの写真の多くも、面ではなく、点のものが多いようです。(2009年11月28日)

(もう冬)
日に日に寒くなります。今日の東京は、最高気温が10度に達しなかったようです。小雨も降って、暗く、もう冬ですね。もちろん、北国では、もっと寒いのでしょう。お互い、身体に気をつけましょう。(2009年11月19日)

(科学の伝道師)
「科学の伝道師」である鎌田浩毅京都大学教授が、また本を出されました。新著は『知的生産な生き方』(2009年、東洋経済新報社)です。4月に出された『一生モノの勉強法』(2009年、東洋経済新報社)の、続編に当たるとのことです。
『一生モノの勉強法』は、「実践的勉学のススメ」と帯に解説してあります。なんと、7刷りまで出たとのこと。よく売れていますね。本屋で平積みされているのを、見かけました。今度の『知的生産な生き方』は、先生の知的な生き方、オシャレな生き方を、伝授してもらえます。
先生は今や、京都大学で一番人気のある教授、テレビ・講演会で引っ張りだこのオシャレな教授、との評価をもらっておられます。
先生とは、お互い「伝道師」ということで、おつき合いが始まりました。もっとも、先生のアウトプットはすさまじく、その後、伝道師活動を怠っている私とは、大きな開きができました。伝道師としての方法論は、例えば『ブリッジマンの技術』(2008年、講談社現代新書)が、役に立ちます。
先生のアウトプットのすごさはは、先生のHPをご覧ください。(2009年11月1日)

(神保町古本祭)
今日の東京は、おだやかな秋の日でした。神田神保町の古本祭を覗きに行ってきました。いやー、すごい人出です。通勤電車並みです。人の背中を見に行ったようなものでした。
それより、私にとっての課題は、次々と本を買ってため込むのでなく、買った本を読むことでしょう。さらには、読むこと以上に、書くことにいそしむべきなのですが。なかなか、エンジンがかかりません。待っていてくださる方も多いのですが、すみません。(2009年10月31日)

(良質な空間と良質な時間)
時間ができたので、週末の美術館巡りを再開しました。また、買ってあった日本の伝統美関係の本や、デザインの本などを、つまみ食い的に読んでいます。
展覧会は、「さすがによいなあ」と思う作品に、出会えます。それを目当てに行っているのですから、当たり前ですかね。興味のない展覧会には行かないのですから。しかし残念ながら、休日の美術館は人出が多くて、ゆっくりとよい時間を楽しむことは無理です。人の頭を見に行っている場合も多いですね。学生時代、平日に行った上野の博物館は、怖いくらいに静かな時がありました。
その点、本は一人で没頭できるので、好きな時間と空間を作ることができます。よい美術、正確には好きな美術やデザインですが、言葉では説明しにくいです。なぜ惹かれるのか、数式で表せない良さですね。(2009年10月30日)

(秋の休日)
ようやく転任の挨拶状を書き終え、一息つきました。この1年間、多くの方からご声援をいただき、ご心配もかけたので、一言お礼を言わなければと考えました。出すのに1か月もかかり、また多くの方に出していないので、申し訳ありません。気にはなりつつも、夜はいろんな方が「慰労会」をしてくださり、休日は美術館など行きたいところもあって、なかなか進みませんでした。
この秋には、根津美術館が再開し、山種美術館が移転再開しました。上野でも、いろんな美術展が開かれています。本屋には、読みたい本が並んでいます。その前に、買ったままで書斎に積んである本もたくさんあります。1年間の経験で、知りたい分野・好奇心の対象が、さらに広がりました。いくら時間があっても足りません。困ったものです。(2009年10月25日)

(3連休)
3連休が、始まりました。今日は10月10日。かつては体育の日で、晴れの日が多い特異日でした。東京は、午前中に小雨が降りましたが、午後からは、よい天気でした。
今日は、上野の博物館へ。先週も、先々週も、美術館に出かけました。この1年間、展覧会などに出かける、時間と心の余裕がありませんでした。今は、ゆっくりと、楽しませてもらっています。(2009年10月10日)

(秋の五連休)
五連休が、終わりました。日本全国、天候にも、おおむね恵まれたようです。皆さん、楽しまれたのでは、ないでしょうか。私も、ゆっくりさせてもらいました。久しぶりに、奈良の実家に帰ったり。明日香村は、曼珠沙華が盛りを迎えていました。(2009年9月23日)

(励ましへのお礼)
このホームページへの加筆を再開したので、何人もの人から、励ましのメールをいただいています。ありがたいことです。久しくお会いしていない人にも、簡単にお返事できるので、電子メールは便利ですね。本当は、お手紙を書かなければ、いけないのでしょうが。お許しください。(2009年9月22日)

(総理秘書官辞職のご挨拶)
久しぶりに、このホームページに加筆します。
報道でご存じと思いますが、麻生内閣の総辞職とともに、総理大臣秘書官を辞職し、総務省に復帰、消防大学校長に就任しました。
総理秘書官就任は平成20年9月24日、辞職が21年9月16日ですから、358日、約1年でした。その間、多くの方から、ご声援をいただきました。お返事もお礼もせず、申し訳ありませんでした。
このホームページの更新も、できませんでした。それでも、たくさんの方に、見ていただいていたようです。カウンターは、昨年11月に1,111,111を記録し、今日は1,202,584ですから、約10万上がっています。ありがたいことです。
総理大臣のそばで仕事をするということは、想像を超えた忙しさと、緊張の毎日でした。私には、貴重な経験を、させていただきました。また、いろんなことを、考えることができました。少し時間をかけて、整理したいと考えています。
麻生内閣の主な記録は、官邸ホームページで見ることができます。例えば、主な政策体系なども載っています。便利なものです。(2009年9月19、22日)

(2009年、新年のご挨拶)

あけまして、おめでとうございます。みなさま、良いお年を、お迎えのことと存じます。東京は、おだやかな元旦です。わが家は、今年も家族そろって健康で、新年を迎えることができました。
昨年は、いろいろご指導、ご声援をいただき、ありがとうございました。
私は、昨年7月に、内閣府大臣官房審議官(経済社会システム担当)から、総務省大臣官房審議官(地方財政担当)に異動しました。そして、9月24日から、麻生太郎総理大臣の秘書官に就任しました。
超多忙の日々を、おくっています。このHPも更新できず、申し訳ありません。連載していた「行政構造改革−日本の行政と官僚の未来」月刊『地方財務』(ぎょうせい)も、中断したままです。
今年は、年賀状も書くことができず、不義理をしています。今朝、千通を超える賀状をいただきました。こちらからは1枚も出さず、ただただ、お詫びするだけです。印刷まではしたのですが、それより優先すべき仕事が入り、断念しました。
今朝、近所の神社にお参りし、昨年を感謝するとともに、今年一年をお祈りしてきました。
今年が、皆さんにとって、良い年でありますように。そして、日本が、世界が、平和で繁栄しますように。(2009年1月1日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記31
日記31