日記35

日記36

(書棚の整理)
4月からの大学院への出講準備のために、連休中に、書棚を整理しました。新しいファイルボックスを入れるために、スペースを作らなければならないのです。最近買った本は、本棚をあふれ出し床に並んでいるので、スペースを確保するためには、何かを捨てなければなりません。
そこで思い切って、これまでに行った講演会大学の資料を捨てました。各回ごとに、大判の紙封筒に入れて、日付と表題をつけて整理してあります(封筒を使った資料の整理術)。それぞれの封筒から、レジュメや配付資料を出すと、懐かしい思い出が一緒に出てきます。ここにも呼ばれてしゃべりに行ったよなあ、こんなこともしゃべっていたのだ、こんな資料もあったなあ・・と。ファイルボックス3箱分なので、かなりの数の封筒になりました。
発行せずに終わった「三位一体改革の記録と総括」の原稿も。連載をまとめる作業の途中で、本業が忙しく、挫折してしまいました。1冊の本にする直前まで進んでいたので、かなりの分量でした。泣く泣く処分。その時々に、本にしておかなければ、残りませんねえ、反省。(2010年3月23日)

(三連休)
3連休、いかがお過ごしですか。東京は、20日の夜に嵐が来ましたが、それ以外は良い天気でした。しかも最初の2日間は、とても暖かでした。風はきつかったですが。
天気が良く暖かなので、非常参集訓練を兼ねて、自転車で、消防大学校まで行ってきました。交通機関が使えない時の訓練です。わが家からは、10キロメートルほどの距離です。風景を見たり、地図を見たり、きょろきょろしながら、片道1時間でした。もちろん本番では、これほどすいすいとは走れないでしょう。
木蓮やコブシが、白い花を咲かせています。遠くからでも、目立ちます。桜は、つぼみが膨らんでいます。東京でも開花したそうです。来週は、お花見ですかね。(2010年3月22日)

(日本独自の洋服)
16日の読売新聞夕刊に、「略礼服は海外で通じない」という記事が、載っていました。冠婚葬祭に、男性が着る、あの黒服です。実は、あの略礼服は、日本独自の服装なのです。セットになっている白ネクタイも、欧米では見かけないのだそうです。
私も、長い間、あれが正式な礼服だと思っていました。外国通の人から、「あれは日本製だ」と、教えてもらいました。その方は、略礼服を持っておられません。別の外交官の知人に聞いても、同様に答えてくれました。
記事によると、1950年頃、東京の紳士服メーカーが、考案したのだそうです。すると、そんなに古い話ではありません。でも、結婚式も葬式も、ほとんどの人が、あの服を着ています。
私は、かつて知人の結婚式に、ダークスーツで出席したら、「礼服を持っていないのですか」と、聞かれたことがあります(笑い)。最近は若い男性が、様々な個性のある服装で出席することも増えています。
略礼服は便利なので、モーニングコートや燕尾服は着ませんね。(2010年3月17日)

(人混みに)
今日も東京は、よい天気でした。上野の博物館へ「長谷川等伯展」を見に行ってきました。インターネットで調べたら、早朝から50分待ちでした。しかし、開催期間が1か月という短期展覧会なので、行列を覚悟で。昼前で60分待ちでした。それだけの入場制限をしても、会場は大変な人でした。「人の頭を見に来たようだ」と、私のいつもの台詞を発する人が、たくさんおられました(笑い)。
初めて松林図を見た時は、「すごい画家が、いたのだなあ」を驚きました。水墨画でこんなのが書けるのだと。その後何度見ても、素晴らしいですね。そして数年前、京都の智積院で、金碧障壁画の桜や楓を見た時は、それにも圧倒されました。しかし、あまりの画法の違いに、同一人物とは未だに思えません。
狩野派の型にはまった絵に比べ、躍動感や動きが素晴らしいです。彼の流派は跡継ぎがおらず絶えてしまいましたが、栄えておれば、日本画はどうなっていたのでしょうか。
上野公園は緋寒桜が咲き、大変な人出でした。わが家の椿も満開で、春はもうすぐですね。(2010年3月14日)

(高校の同窓会準備)
今日は、高校の同窓会の、案内状宛名書きをしました。私の卒業した高校は、本校での同窓会のほか、2年に1度、東京での同窓会を開催しています。今年は、私の卒業年次と1年下の年次とが幹事です。
案内状を発送するため、幹事が集まって、封筒に宛名を書いて、案内状を入れる作業をしたのです。ご想像がつくと思いますが、昔話に花が咲いて、作業ははかどりませんねえ(笑い)。
奈良女子大附高48卒同窓会・東京」(2010年3月13日)

(東京から見える富士山)
今日の東京は、春を感じさせるよい天気でした。日が暮れるのも、遅くなりましたね。夕方5時半は、先日までだと真っ暗でしたが、今は明るいです。
朝の通勤の際に、中央線の電車の窓から、富士山がよく見えました。雪をかぶって、きれいです。結構、大きく見えます。高架部分で周りに建物がない区間だけですが。
富士山が見えるのは、冬の朝、空気が澄んでいるときで、昼からは、もやがかかって、見えなくなるのだそうです。
消防大学校の屋上からも、富士山が見えます。昔は、学校の周辺で少し高いところ(畑の斜面を下る道路)では、どこでもよく見えたそうです。最近は、大学校の周りも、建物が増えました。高い建物の上からでないと、見えないようです。(2010年3月11日)

(東京は、また雪)
今日9日の東京は、寒い一日でした。三鷹では雪が降り、夜には積もりました。明日10日は路面が凍って、大変だと思います。(2010年3月9日)

(便利になるのか複雑になるのか・テレビの進化)
今日土曜日は、朝からケーブルテレビの切り替え作業でした。アナログ放送が来年停止します。デジタル放送だけになるのを前に、ケーブルテレビ会社が、機能を切り替えるそうです。わが家は、15年も前のテレビですが、一度修理しただけできれいに映ります。ある電器メーカーの製品ですが、修理に来たメーカーの方が、「これが、日本で作った最後の型のテレビです。当分きれいに映るでしょうから、大切に使ってください」とおっしゃいました。その後、故障もしないので、来年のデジタル化に合わせて買い換えようと思っていました。
ところが、ケーブルテレビだと、チューナーも会社が換えてくれるので、テレビを買い換えなくても、今日からデジタル放送を見ることができます。うーん、悩ましいところです。
ところで、今回またリモコンが大きくなり、ボタンの数が増えました。困ったことです。私は、国営放送のニュースと「ダーウィンが来た」くらいしかテレビを見ないので、たくさんチャンネルがあっても困るのです。
夕方からは、総務省の後輩の結婚式に出席。スピーチをして、新郎を褒めてきました。二人で幸せな家庭をつくってください。(2010年3月6日)

(展覧会巡り)
書きそびれていたので、今日は休日の話題から。東京では、年が明けてから、たくさんの展覧会が開かれています。読売新聞は火曜日の夕刊に、朝日新聞は水曜日の夕刊に、一覧表が載ります。
休日に、自分の時間ができるようになったので、キョーコさんと、あるいは一人で出かけています。
山種美術館は少し不便になったのですが、「横山大観と竹内栖鳳」は好きな二人なので、行ってきました。出光美術館の器も良いですね。
洋物では、東京都美術館のボルゲーゼ美術館、国立新美術館のルノワール展も、期待を裏切りませんでした。逆に言うと、びっくりすることもないですね。都美術館では、別の展示室でやっていた盆栽展もよかったです(これは終わりました)。
土日に行くと、人の頭を観るために行っているような時もあります。それと合わせ、意識してみるからかもしれませんが、観客の高齢化も進んでいますね。私もその一人ですが・・。
と書いていたら、富山の若林さん(あのCD屋さんです)から、「富山近代美術館で3年ごと開催されているポスター展(世界5大ポスター展)の選抜された作品が24日から東京で展示されるので、宣伝せよ」とのメールが届きました。(2010年2月24日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記34
日記34