日記36

(鎌田京大教授の活躍)
鎌田教授が、また本を出されました。「中学受験理科の王道」(2010年、PHPサイエンス・ワールド新書)です。先生は「科学の伝道師」を名乗っておられますが、そのウイングが、さらに広がっています。
また、紀伊国屋大阪梅田店で、6月21日から1か月間、「鎌田浩毅が選ぶ一生モ ノの古典」フェアを、行うそうです。先生は、週刊「東洋経済」で「一生モノの古典」を連載中です。その50冊に加えて、世の中の人に読んで欲しいと思う古典を、計220冊選んだそうです。
「東洋経済」の連載は、私も時々読んでいますが、まあ、たくさん読んでおられますね。文系の私が恥ずかしくなるくらい、思想、哲学や社会学の古典を読み込んでおられます。(2010年6月20日)


(官房総務課OB会)
今日は、総務省官房総務課国会班OBの集まりに行ってきました。私が課長を務めた時の、職員たちです。一人が、このたび海外勤務になったので、その送別会です。
総務課国会班は、国会での質問や資料要求を受け、それを省内各課に割り振り、その返事を取りまとめるのが仕事です。本省と国会内に部屋を構えています。2001年に合併した、総務庁、郵政省、自治省の職員が、一緒に苦労してくれました。
当時、このホームページを読んでいただいていた方はおわかりだと思いますが、個性豊かな職員ばかりです。例えば、2005年2月25日の記事。当然、当時の苦労話、失敗談で盛り上がります。課長の仕事は、おわび・お願い・お礼の三つでした。衆議院議長に呼ばれて、指導を受けたこともありましたねえ・・。残念ながら、当時の主役の一人、福本室長は現在広島勤務のため、今日は携帯電話による出席でした。(2010年6月18日)

(梅雨ですね)
東京も、先日、梅雨入りしました。梅雨はうっとうしいですが、アジサイがきれいですね。ところで、私が子どもの時は、アジサイといえば、というより梅雨時には、カタツムリをよく見かけました。私の近所では、カタツムリを見かけないのです。その話をしたら、「そうだ」という人と、「私の近所にはたくさんいる」という人がおられました。(2010年6月16日)

(インターネットによる授業公開)
ハーバード大学の政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業が評判です。NHKテレビが「ハーバード白熱教室」として放送中です。オンデマンドでも、見ることができるようです。ハーバード大学のホームページ「Justice with Michael Sandel」では、インターネットで授業を見ることができます。もちろん、英語です。
テレビで見ている人に聞くと、「学生に当てて、答えさせるところが新鮮だった」という意見がありました。確かに、この1,000人を超える大教室で討論させるのは、大変ですね。さらに、アメリカの大学では、毎週大変な分量の書物を読んでくることを求められる授業も多いようです。私も大学時代、毎週英語の原書を読んで概要をまとめ、発表するというゼミをとり、しばしば徹夜したことを思い出します。
東京大学でも、インターネットでいくつかの授業を公開しています。「UTオープンコースウェア」です。結構有名な教授の授業を見ることができます。(2010年6月9日)

(夏椿)
わが家の夏椿が、花を咲かせ始めました。今年は、冬の寒さか水やりが悪かったのか、枝の3分の2が枯れてしまいました。しかし、残りの枝が葉を広げ、つぼみをたくさんつけました。白くて美しいです。ただし、一日花なので、はかないものです。(2010年6月8日)

(ピアノ演奏会)
今日は、大学院の講義のあと、横浜までピアノ演奏を聴きに行ってきました。このHPでも何度か取り上げた、イリーナ・メジューエワさんのショパンです。若林工房ご夫妻にお誘いいただいたので、キョーコさんと出かけました。若林夫妻は、富山から来られました。演奏は素晴らしかったです。こんな曲をつくったショパンもすごいし、それを見事に演奏するイリーナさんも。(2010年5月29日)

(地表は動く)
今日は、危機管理でも少し変わったテーマで書きます。地震の原因として、プレートテクトニクスという言葉を聞かれたことがあると思います。私は、30年以上も前に、大学の教養の授業で聞いて、ひえーと思った記憶があります。だって、大陸や海底が動くのですよ。
ある広報誌で、東大地震研究所の資料を教えていただきました。今回は「プレートテクトニクスと地震の起きるところ」の解説です。見ると、なるほどと思います。かつて、アイスランドに行った時のことを思い出します。向こうは、岩盤を生み出すところです。
言葉では説明は難しいですが、絵で見るとわかりやすいですね。インターネットは、すごい道具ですね。(2010年5月19日)


(天候不順の影響)

今年は、春先に温かくなり、その後に寒い冬に逆戻りしました。桜の花が長持ちしましたが、草花にはつらい気候だったようです。わが家では、玄関先の夏椿が、芽を出したまま、3分の2の枝が枯れてしまいました。毎年楽しませてくれた鉢植えの八重桜も、つぼみのままで枯れてしまいました。知人の庭では、つぼみをつけたユスラウメが、全く花を咲かせなかったとのことです。(2010年5月6日、8日)

(大型連休も終わり)

大型連休も今日で終わり。今年はカレンダーに恵まれ、まとまった連休でした。皆さん、お休みを楽しまれたことでしょう。どこも、大変な人出だったようです。明日明後日にお休みをとって、さらに連続休暇の方も、おられるでしょうね。
東京は天候に恵まれ、3月4月の雨と寒さが嘘のような毎日でした。小生は、大問題だったホームページ故障が仮復旧でき、回復のめどが立ちました。大学院の準備も進みました。家の掃除や整理もできました。家族サービスも、少しだけ。もちろん、いつものように「あれもしよう、これも読もう」と無計画に欲張った希望は、達成されませんでした(笑い)。でも、いくつかの懸案事項も片付けられたので、良しとしましょう。
この期間、お商売の方や交通機関の方、また消防・警察・病院といった交替制勤務の方は、お勤めありがとうございました。皆さんのおかげで、安心してお休みを楽しむことができます。(2010年5月5日)

(花びらのカーペット)
今年も、東京銀座に花びらのカーペットが出現します。富山から運ばれる、チューリップ20万本分の花びらです。それはそれは、見事なものです。ぜひ一度、ご覧ください。4月29日12:30〜17:30、みゆき通りです。
また、富山の新鮮な食材を使った食事が、楽しめるイベントもあります。東京駅前、新丸ビル7階の「丸の内ハウス」で、4月24日までです。
富山時代に部下だった農林水産部長から、「宣伝せよ」との指令が来たので、紹介します。
黒四ダムや地下の発電所を見ることができる、まぼろしの「黒部ルート見学会」。今年度の募集も始まっています。こちらもすごいですよ。(2010年4月14日)

(鎌田浩毅先生の新著に紹介されました)
京都大学の鎌田浩毅先生が、また新しい本を書かれました。「一生モノの人脈術」(2010年、東洋経済新報社)です。キーフレーズは、「まず目の前の3人を味方につけよう!」とのことです。
このHPで何度も紹介していますが、先生は「科学の伝道師」として、火山学を広めるとともに、勉強術についても、たくさん物しておられます。今回は、「一生モノの勉強法」「知的生産な生き方」に続く、シリーズ3冊目になるようです。
なんと、記述の中に、お勧めブログの一つとして、私のホームページも紹介されています。すなわち、このホームページです。
鎌田先生、ありがとうございました。でも、最近は皆さんのお役に立つ、あるいは鋭い主張を書いていないので、恥ずかしい限りです。
さらに先生は、NHK大阪局制作「ルソンの壺」のレギュラーコメンテイターを、勤められるとのことです。番組は、関西でしか放送されないようですが。第1回の出演は、4月11日(日)朝7:45〜8:10NHK総合テレビです。さすが、京都大学一の売れっ子教授ですね。(2010年4月7日)

(新年度、人事異動)
明日から4月。新年度が始まります。桜の季節は、人事異動の季節でもあります。多くの職場で新人を迎え、人事異動もあったことでしょう。異動なさった方も、おられると思います。退職された方も。
消防大学校も、校門の桜は満開です。うこん桜の淡い黄緑も、しだれ桜のピンクも、鮮やかです。
大学校では、6人の教官が消防本部に復帰し、新しく6人の教官を消防本部から迎えます。消防大学校では、消防の現場経験が重要なので、東京消防庁を始め各消防本部から、教官を派遣してもらっています。基本的には2年間、国家公務員の身分を持って、教官を務めてもらいます。
青木助教授、今井助教授、上平助教授、齋藤助教授、新村助教授、望月助教授、ご苦労様でした。新しい職場でも、ご活躍ください。(2010年3月31日)

日記35から続く
トップへ
トップへ
戻る
戻る