日記37

(週末の講義準備と原稿書き)
今月末から、月刊誌での連載を始めます。また、18日からは日本大学大学院での授業も始まるので、週末はかき入れ時です。平日夜は、お誘いが減らず、なかなか勉強の時間が取れません。原稿書きや授業の準備は、まとまった時間と考える場所が必要なので、週末をつぶすしかないのです。
これもしゃべりたい、あれもどこかに入れたい・・。こうして、講義ノートはどんどん膨らみ、収拾がつかなくなります。仕方なく、もう一度、講義目次(組み立て案)に戻って、削ったり項目を再配分したり。(2010年9月12日)


(暑い夏)
明日は、8月31日。8月も終わりですね。いつものことですが、8月は早く終わります。事前には、いろいろと計画を立てるのですが、なかなか実現しません(笑い)。
特に今年は、例年になく暑い日が続き、しんどい夏でした。皆さんは、大丈夫ですか。この暑さ、いつまで続くのでしょうね。(2010年8月30日)


(高円寺阿波踊り)
昨日今日と、高円寺では、恒例の阿波踊りでした。今年は、お客さんがあったので、久しぶりに、案内がてら踊りを見に行きました。と言っても、家の裏の通りが演舞場です。
いつもながら、すごい人出です。また、どこに、こんなに美人がいたんだろうと思うくらい、踊り手さんは美人に見えます。徳島では、「夜目、遠目、傘のうち」、と教えてもらいましたが。(2010年8月29日)


(うれしいお誘い)
最近、めでたいお話が、次々と届きます。この1週間のうちに、「子どもが生まれました」という、かつての部下からの報告が2件。「秋の結婚式でスピーチせよ」という招待状が、1件届きました。うれしいですねえ。その他に、「私の慰労会が延期になっています。早くしてください」という催促も。総務省以外の人も多く。みんなに苦労をかけましたからねえ。
一方、自治大学校に異動したら、「自治大を案内せよ」という、電話とメールが来ます。これもありがたいことです。(2010年8月18日)


(悲しいサガ)
今日は久しぶりに出勤。たまったメールに返事を書き、たまった資料を整理するのが、大変でした。私の職場では、安全のために、メールを自動で転送することが禁じられています。
休みを取って家でごろごろしているより、職場で仕事をした方が、身体がシャキッとするのは、なぜでしょうか。身体が仕事をする方に慣れていることもありますが、仕事がなく緊張がなくなると、人間は堕落するのでしょうね。(2010年8月16日


(猛暑と夏休み)
猛暑が続いています。皆さん、お元気にお過ごしでしょうか。
私は、大学校の休みに合わせて、5連休をとりました。いくつか仕事がありましたが、電話とメールで済ませることができました。前後の土日を入れて、9連休です。去年の今ごろは、休みはなかったですねえ。
あれもしたい、これもしたい、と考えていたのですが。猛暑に負けました(笑い)。何度もシャワーを浴び、冷やしたお茶を飲み、そして冷房を入れ・・。でも、ごろごろと、してしまいます。まあ、そのための、夏休みなのでしょうが。
実家の両親に顔を見せ、いくつか本を読み、秋学期の骨格の準備ができたことで、満足しましょう。(2010年8月15日)


(悲しいカエル)
このホームページを長くごらん頂いている方は、覚えておられるでしょうか。ご近所のカエルです(2008年7月28日、30日の記事)。2年ぶりに、会いました。握り拳ほどの大きさです。2軒ほど隣の、お家の前でです。しかし、かわいそうに、車にひかれて、死んでいました。昨日の朝、大雨が降った後です。雨につられて出てきたのか、友達に会いに行くところだったのか。この道路は、車の通行も少ないのですが、残念です。
わが家の近所は、道路は舗装され、両側は住宅。しかも、そんなに広い庭のある住宅はありません。何軒か、広い庭があるのですが、それらも次々と壊され、その庭も少なくなっています。どのようにして生きているのか、不思議です。彼が、最後の一匹でないことを祈ります。(2010年8月10日)


(人事異動)
今日、27日付けで、自治大学校校長に異動しました。自治大学校には、昭和63年に一年間、教授として勤務しました。当時は、私は33歳、自治大学校は広尾にありました。
消防大学校の勤務は10か月でしたが、いろんなことを勉強し、考えました。消防職員の職業意識の高さ、規律の正しさ、きびきびした動作とその早さ。消防職員は、燃えている火の中に飛び込むのですから、それだけの厳しさがなければ、自らの身が危なくなります。
大学校は、生の危険ではなく、それに備えた訓練の場ですが、訓練を見ていても、ほれぼれします。一般の方々にもごらん頂きたいのですが、そうもいきません。校長ですらヘルメットをかぶり、近くには寄れないほどの緊張した訓練です。
大江副校長を始め、教職員の方々には、本当にありがとうございました。10か月に間に考えたことは、明日以降書きます。(2010年7月27日)

(奈良薬師寺)
今日は、お誘いを頂いて、奈良薬師寺の村上定運師のお話を、聞かせてもらいました。名刺を交換すると、私の高校の後輩で、昭和60年生まれとのこと。ということは、25歳ですか。薬師寺の東京別院におられて、早稲田大学大学院でインド哲学を勉強中とのことでした。法相宗唯識についても、教えてもらいました。
若いのに、お話しが達者で、さすがですね。子どもの頃、父に連れられ薬師寺に行って、高田好胤師の法話を聞いたことがあります。最後は、お参りに来たみんなで、師のかけ声にあわせて、「行こう行こう、幸せの国に行こう。みんなで、幸せの国に行こう」と唱えるのです。子供心に、幸せになった気がしました。みんなで声を出すというところが、ミソですね。しかも、何度も「声が小さい」としかられるのです。う〜ん、共通のテクニックですね。
薬師寺では、1300年前に立てられた東塔が、解体修理されます。10年がかりだそうです。(2010年7月21日)

(梅雨明け)
全国で梅雨が明け、強い日差しと暑い気温が続いています。各地で豪雨災害が起きました。被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。
東京は今日も30度を超え、連休も3日目。これならば、美術館もすいているだろうと、出かけました。予想は大外れ。国立新美術館のオルセー展は、20分待ちで、会場も大変な混みようでした。人様の頭と後ろ姿、その合間から絵を見てきました。有名な絵がたくさん出展されていて、「これじゃ、今ごろパリに行った人は、何を見るのだろう」と思ったら、オルセー美術館の改装に合わせた「日本への引っ越し」だそうです。
日比谷に移動して、出光美術館の屏風展をはしご。こちらはすいていて、ゆっくりと見ることができました。落ち着いてゆっくり見ることができるのは、贅沢ですね。
原稿書きは、集中力が続かず、なかなか進まないです。困ったことです。(2010年7月19日)

(美術館巡り)
今日は投票に行った後、キョーコさんのお供で、山種美術館の浮世絵展へ。今日が最終日なので、混んでいました。その後は、日本橋まで移動して、奈良まほろば館の奈良の発掘調査展へ。次に、お向かいの三越百貨店で、入江泰吉写真展に。興福寺の灯籠を捧げる鬼の像が、原色で復元されていました(クリックしたページの下に載っています)。赤鬼と青鬼で、制作当時はこんなに、けばけばしかったのでしょうね。
さらに、お隣の三井記念美術館で、大和の古寺と仏像展をはしごしました。我がふるさとから、はるばる来られた仏さんに会いにです。特に岡寺と橘寺はご近所で、境内で遊びました。もっとも、子どもの頃には、これらの仏像は拝みませんでした。
三井美術館は、例によって、ガラスケースに目立たないように、透明な解説シールが貼ってあるのです(2007年10月14日の記事)。今回は、會津八一のひらがなの和歌です。照明を落とし、観客も少なく、良い雰囲気で落ち着いて見ることができました。この夏も、東京ではたくさんの展覧会が開かれています。すでにいくつかは制覇したのですが、回るのが大変です。(2010年7月11日)

(東京ブックフェア)
今日は、大学院の授業の後、東京ブックフェアに行ってきました。招待状をもらったので。もっとも、インターネットで登録すると、誰でも無料で入れるようです。
一度、どんなものか、見てみたかったのです。というのは、ブックフェアの意図が、わからなかったのです。本屋さんがたくさん出店するのなら、古本市の「親類」です。そのような部分もありましたが、これは大したことなし。多くの出版社が2割引なのは、魅力ですが。興味深かったのは、「ITによる教育支援」と「電子出版」の部です。これは関係者向けの内容が多く、最先端の動向がわかり、なるほどと思いました。
すごい数の出店と、すごい数の観客で、疲れました。東京ビッグサイトは地図では遠いのですが、りんかい線を使うと、新宿まで25分でした。(2010年7月10日)

(商店街、店の入れ替わり)
わが家の近くに、高円寺駅前商店街があります。高円寺阿波踊りで有名です。駅の北側は、ねじめ正一さんの小説で有名な「純情商店街」です。私が毎朝通るのは、駅の南側で、パル商店街ルック商店街です。ほぼ1キロメートル続いています。もっとも、若者向けの衣料品店が多く、古本屋を除いて、私にはあまり用のない店が並んでいます。
驚くことは、店の入れ替わりの激しいことです。この1か月の間に、老舗だったベビー用品店、文房具屋、瀬戸物屋さんが、立て続けに閉店になりました。新しくビルが建て変わります。これまでも、電気屋、トンカツ屋、クリーニング店、オーダーメイドのシャツ屋、タイ焼き屋、お菓子の安売り店、喫茶店などなど、次々と入れ替わっています。人通りは結構あるので、それだけ競争が激しいと言うことなのでしょうね。(2010年7月2日)

(夏風邪)
今年の夏風邪は、きついですよ。私の場合は、熱は出ませんでしたが、咳と鼻が大変でした。かかりつけのお医者さんにいただいた薬(4種類も)を飲んでも、良くならず。久しぶりに、仕事を休みました。私が設営した懇親会も欠席し、迷惑をかけました。すみません。でも、関西大学での講演会を終えてからで、よかったです。職場では、私以外にも犠牲者が出ています。皆さんも、気をつけてください。(2010年7月1日)

(梅雨の中休み)
東京地方は、今日も快晴。とても、梅雨とは思えません。昨日が、夏至だったそうです。
雨が降らないので、家の椿と夏椿に、水をまかないといけません。夏椿は、次々ときれいな花を咲かせています。幹の3分の2が枯れたのは、どうやら、水やりがたらなかったからだそうです。お向かいのSさんのご主人の見立てです。木には、すまないことをしました。(2010年6月22日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記36
日記36