日記38
日記39へ続く

(資料はすぐ溜まる)
今日は、書斎の机にたまった資料の、整理をしました。きっかけは、原稿が1本完成したことです。
北海道大学公共政策大学院の宮脇淳先生から、年報への寄稿を頼まれていたのですが、ようやく完成し、送ることができました。1990年代以降の行政改革を整理し、範囲と目的が広がってきたことを論じました。乞うご期待。
その基になった表は、「行政改革の分類のページ」に載せてあります。論文にするに当たって、それぞれの事項を再確認したら、いくつか間違いを見つけ、訂正しました。
原稿が完成したので、使った資料や使わなかった資料を、例によって半切りの封筒に整理(2007年4月30日の記事)。さらに、日大大学院と慶応大学法学部授業に使っている資料なども整理しました。次々と資料を集めるので、たくさんの封筒に溜まっていきます。さらに、切り取った(ちぎった)新聞記事、送ってもらった資料や頂いた本など。資料と本の洪水で、机がだんだん狭くなります。どこかで、思い切って捨てる必要があるのですが。ひとまず、封筒に入れたり、床の上に引っ越してもらって、机に空きスペースを作りました。根本的な解決には、なっていません。(2010年12月11日)

(内弁慶な日本男児?)
今晩、駅からの帰り道での出来事です。高円寺駅から南に続く商店街を歩いていたら、若い男女二人連れから、声をかけられました。「高円寺駅に行くのは、どちらですか?」と。私は、「まっすぐこの道を行くと、600メートルでJR高円寺駅。後ろに戻ると、400メートルで地下鉄の新高円寺駅ですわ」と答えました。「ありがとうございます」と答えて、彼らは進んでいきました。
ここまでは、背景説明です。別れてから、「こんな光景って、かつてあったよなあ」と、頭に浮かびました。いわゆるデジャ・ビュです。男女二人連れ、そのうちの女性が道を尋ねて、男性が後ろで所在なさそうに、しかし見張っているという光景です。
しばらく歩いて、思い出しました。あれは15年ほど前、欧州出張の時です。イギリスからパリのシャルルドゴール空港への到着便が遅れて、ドイツへの乗り継ぎが、うまくいかなかったのです。私の団は3人。私が一番若いので、空港内を走り回って尋ね、ここで待てばよいというところまで、たどり着きました。その時です。私たちの前で、日本人の熟年夫婦と思われる二人連れが、私たちと同様に、乗り継ぎ便を探しておられました。
旦那さんと思われる人曰く、「お前聞いてこい」。奥さんと思われる人が、私のところに来られて、事情を話され、「どうしたらいいのでしょう?」と質問されました。私は、知っている限りのことを、お伝えしました。あのときと同じです。
そのとき思いました。「日本の男性って、なんて情けないのだろう」と。それを、思い出したのです。日本男児すべてに適用できる、一般論ではないと思いますが。(2010年12月10日)

(肌触り)
朝日新聞12月6日夕刊の「月曜ワーク」は、日産自動車の伴アカネさんでした。「6年間で車の部品なでた回数、12,000回」という見出しです。部品に触った時の触感から、自動車部品の品質を支えるお仕事だそうです。
「触感」って、私たちの暮らしにとても重要な要素なのに、良くわからない、説明しにくいものですよね。私は、昔から関心を持っていました。
木のぬくもり、金属の冷たさ、ガラスのはかなさ、ということまでは、文字にでき説明できますが、実際はもっと微妙なものです。織物や毛皮の肌触り、人肌の感触は、なかなか表現できません。写真にとっても、伝えられません。紙も、柔らかなティッシュペーパー(それにも商品によって差があります)、ポスターなどのてかてかした紙、和紙、便せん用のいろんな肌触り、インクの吸い方の違う紙があります。
色や硬さは、表現しやすいのですが。肌触りは、文字通り、触ってみないと、わからないのでしょうか。匂いやうまみも、表現しにくいです。
記事では、硬いプラスチックを加工して、しっとりとした柔らかさを感じる「さわり心地」にできると、紹介されています。シボをつけるのだそうです。細かいしわしわ、デコボコといったらよいのでしょうか。(2010年12月6日)

(読者からの反応)
先日書いた「今日のささやかな善行」(12月2日)に、いくつも読者から反応がありました。

「最近では、一番面白かったです。」
う〜ん。もっと他の記事を、参考にして欲しいのですが。確かに、「今日は××で講義をしました」というような記事では、面白くないですわね。

「私は独身なので、赤ちゃんのことはわかりませんでした。」
早く結婚して、子育てを経験してください。勉強になりますよ。部下と違って、言うことを聞いてくれませんから。
もっとも、私は自分の子どもでは、あまり子育てを手伝わなかったので、キョーコさんにしかられています。
独り者でも、子育てを手伝うことはできます。駅の階段で、ベビーカーを抱えているお母さんがいたら、運ぶのを手伝って上げてください。赤ちゃんと荷物を抱えて、お母さんは大変なのです。

「いつものように、関西弁で話しかけたのですか?」
ハイ。いつも、私の標準語を使っています。世間では、関西弁といいますが。関西弁は別としても、「変なおじさん」と、思われているのでしょうね。
(2010年12月6日)

(今日のささやかな善行)
今日、新幹線の車中でのことです。通路をはさんで反対側の座席で、赤ちゃんが、むずかっていました。私は、これから講演する内容をおさらいしつつ、いないないばーをして、相手をしていたのですが。途中で気がついて、若いお母さんに、話しかけました。
「ひょっとして、そのジャンパーが熱いのでは。子どもは体温が高いから。うちの子どもは、そうでした。個人差はありますがね」と。お母さんが、ジャンパーを脱がしたら、効果てきめんでした。
ホームページで、自慢するほどのことでは、ないのですが。(2010年12月2日)

(異業種勉強会)
今週も、慌ただしいうちに、終わりました。いろんな案件が片付いたことを良しとしましょう。原稿は進みませんでしたが・・。
今日は、東大大学院客員教授時代の「塾頭」3人組との、久しぶりの懇談勉強会でした。初めて会った時から、もう8年も経つのですね。それぞれ立派になっておられて、うれしい限りです。
同じ「会社」の人と話しても、それはそれでうれしいのですが、刺激は少ないのです。同業他社や異業種の人、そして異なる年代の人と話すことは、勉強になりますねえ。もちろん、あまりに違う世界の人や関心が違う人とでは、会話が成り立ちません。適度な距離が、必要なのでしょう。もっとも、私の場合は、人の話を聞くことが下手で、専らしゃべってしまいます。反省。
明日から、また海外出張です。しばらくこのHPをお休みします。(2010年11月19日)


(鎌田先生の古典紹介)
鎌田浩毅教授が、また、新しい本を出されました。『座右の古典』(2010年、東洋経済新報社)です。週刊『東洋経済』に連載しておられたものを、一冊の本にされました。50冊の古典が取り上げられています。
『論語』に始まり、『ソクラテスの弁明』『君主論』。マックス・ウェーバー、レヴィ・ストロース、シェイクスピア、カントと、幅が広いです。これだけの本を紹介するには、大変な学識と蓄積が必要です。
解説のほかに、「ポイント」「覚えておきたいこの一文」「あらすじ」「学びのポイント」がついている、読書案内でもあります。
恥ずかしながら、私が読んでいない本が、たくさん取り上げられています。先生は理科系で、私は文科系なのですが・・。しかも、読んだだけでは、紹介はできません。毎週1冊、50週続けられるとは。毎回、脱帽です。(2010年11月16日)

(あっという間の10月)
もう、10月が終わります。早いですねえ。あっという間に、1か月が経ちました。どうしてだろうと、振り返ってみました。
自治大学校は秋学期が始まり、忙しくなりました。来年度に向けて、研修内容を見直すために、企画会議が続いています。毎週、日本大学大学院のほかに、慶応大学での授業あります。この準備も結構かかります。さらに講演などにも呼ばれました。執筆の方は、連載のほかにいくつか引き受けたものがあり、終わりのない戦いを続けています(笑い)。結婚式やいくつも懇親会もありました。手帳を見ると、10月はちゃんと31日あったのですね(苦笑)。
ついこの間まで、猛暑だとぼやいていたのが、コートを着る季節になりました。11月は出張なども入っています。さらに、あの年賀状の季節が来ます。もう少しゆとりある暮らしができると、思っていたのですが。自分で忙しくしているのですね。困ったものです。(2010年10月31日)

(元部下職員の結婚式)
今日はさらに、夕方から結婚式と披露宴に出席しました。再チャレンジ推進室時代の職員が二人、めでたくゴールインしたのです。そのようなわけで、かつての同僚が大挙して出席。東京だけでなく、鹿児島、徳島、静岡、長野といった現在の勤務先からも。ロンドンから帰ってきたばかりの人もいました。私が最初の挨拶をさせてもらいました。
再チャレンジ室は4年前、内閣官房に設置され、各省から職員が呼び集められました。実質的な活動は1年間でしたが、結構実績は残せたと考えています。その後、若者支援施策は拡大し、法律ができ、定住外国人支援室などもできています。もちろんこれで十分ではなく、まだまだ力を入れる分野だと、私は考えています。
それはそれとして、二人が愛を実らせたことは、うれしいですね。末永くお幸せに。(2010年10月16日)

(秋の3連休)
3連休、皆さんは、どのようにお過ごしですか。全国的に良い天気のようで、秋の休日を屋外で楽しんでおられる方も、多いでしょう。東京は雨で始まりましたが、昨日の午後から晴れ、今日は夏のような暑さでした。
私は、2つの講義の準備、連載とほかに引き受けている原稿の執筆、さらに今週水曜日に自治大学校に3つの課程が入校してくるので、それらの校長講話の準備でした。とほほ・・。
講義の準備は、結構な時間がかかるのです。2年目なら、去年のノートを改訂し、資料も差し替えるだけですむのですが。新しい講義は、骨子をつくるのと話の時間配分を考えるのに、手間がかかります。毎週の講義と毎月の連載は、一つ終えてもまた次があって、終わりがないのです。すると、書斎に積んである全然関係ない本に手を出し、そちらに夢中になって、仕事は進まず。反省。
閉じこもってばかりではしんどいので、今日は美術館と本屋へ。帰りに近所の日本酒専門店に寄って。お向かいのキンモクセイは良い香りを漂わせ、ザクロは赤い実をつけています。サンマを焼いてもらい、栗を茹でてもらって、ささやかな秋を楽しみます。(2010年10月11日)

(自治大同窓会)
今日は、自治大学校卒業生の同窓会に呼ばれて、行ってきました。昭和63年に、私が教授だった時の、第2部課程の学生さんたちです。その当時、寮の階が一緒だった人たちが、「フロアー会」と称して集まっておられます。今日は、一人が銀座の展覧会に絵を出されたことをきっかけに、西は岡山から、愛知県、富山、関東近県の方が、7人ほど集まりました。当時、幹部候補生でしたから、ほとんどの方が退職しておられます。副市長になられた方も何人か。それぞれ出世しておられます。
22年も前のことですから、一部その後もおつき合いのあった方を除いて、名前と顔が一致しません。それでも、顔を見た時に、「ああ、この方もおられたな」と思い出し、話をする内に、だんだんと思い出します。ありがたいことです。(2010年9月28日)


(温度差15度)
昨日の立川は、35度の真夏日でした。今日の東京は、大雨で気温は20度です。雷もなっています。一気に涼しくなりました。暑さ寒さも彼岸までとは、よく言ったものです。でも、差が激しくありませんか。たぶん、日本の各地で、このような会話が交わされているのでしょうね。
ところで、今年の夏の暑さは記録的でしたが、もう一つ感じたことがあります。夕立って、会いませんでしたね。昔は、もっと夕立があったと思うのですが。皆さんのところでは、どうでしたか。(2010年9月23日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る

日記37
日記37