政治の役割2

参考文献
季刊「レヴァイアサン」2004年春号(木鐸社)が、「政官関係」を特集しています。飯尾先生の論文は、日本の議院内閣制は、本来とは違う運用がなされていること、それは「官僚内閣制」とでもいうものであって、別途「与党」が議院内閣制を代替している、というものです。真渕先生の論文は「萎縮する官僚」です。第10章「政治と行政の在り方」の議論の参考になります。(2004年5月5日)

長谷部恭男著「憲法と平和を問いなおす」(2004年4月、ちくま新書)は、表題からのイメージとは異なり、立憲主義(憲法)の意義・機能・限界や、平和主義の可能性を述べたものです。これまでの憲法学の教科書のような解釈学でなく、また「政治的主張」でもありません。
憲法や平和、その基底にある正義などを相対化した、政治学的分析と言えるでしょう。民主政治とは何かを考える上で、大変参考になります。拙著「新地方自治入門」第8章では、先生の前著「比較不可能な価値の迷路」を引用しました。

櫻田淳著「国家の役割とは何か」(2004年3月、ちくま新書)は、国家の役割を「力の体系」「利益の体系」「価値の体系」の3つから、わかりやすく説明しています。もっとも、この説明は、恫喝・誘導・説得の3つの手段から見た説明です。私は、「新地方自治入門」では、このような見方は、「行政の手法」p236〜と「国家が調達するものと提供するもの」p269〜で説明しました。
しかし、そのような手段や仕組みの考察だけでは満足できないので、より広く政治に期待される「役割や機能」を、「公の機能とは」p222〜で議論しました。政治の仕組みを価値中立的に分析する(抽象化する)だけでなく、政治は何を目指すべきか、アウト・カムを視野に入れた議論をしたいからです。(2004年5月16日)

中島誠厚生労働省生活習慣病対策室長が、「立法学」(法律文化社)を出版されました。九州大学助教授に3年間出向した際の、講義をまとめたものです。内容は日本の立法過程論で、省内過程、政府内過程、与党内過程、国会内過程の段階ごとに説明しています。そして特徴として、官僚主導、不透明な与党審査、不透明な国対政治、形骸化した国会審議を挙げています。
問題関心は、「政と官のありかた」です。アカデミズムがこれまで実務と距離を置き、現実の問題に正面から取り組んでこなかったことを批判し、それへの「解答」として執筆されたものです。現職官僚がアカデミズムも意識して書いた、内容の濃い本です。類書がないので、関心ある方には大いに役立つと思います。
中島さんは、私の富山県庁時代の同僚です。私のアイデアを「デルクイ」に作り上げてくれました。(8月29日)

(日本の戦後政治)
「三位一体改革が政治改革である」という主張に合わせて、参考になる本を紹介しておきます。去年6月に出た、山口二郎著「戦後政治の崩壊」(岩波新書)です。ここでは、戦後日本政治の仕組みと特徴を、4つの構成要素から説明しています。4つとは次のようなものです。
1 外交安全保障=9条と安保・自衛隊の共存
2 政党=自民党長期支配
3 政策=経済成長と開発主義
4 政策決定システム=官僚主導の政治
そして、それらが成功したこと、しかし新しい時代への適応と転換に失敗していることを論じています。
私は、「新地方自治入門」で、地方行政を通して、戦後日本の政治と行政が成功し、またそれが転換を妨げていることを論じました。山口先生の本は、私の主張を政治の構成要素から分析したもので、共感するところが多いです(もっとも、すべてに同意するわけではありませんが)。
私は、日本の政治について、第10章で論じました。そこでは、国民への負担を問わなかったことと、国際貢献をしなかったことを指摘し、争点設定と決断をしなくてよかったと述べました。「政治をしなくてよかった戦後日本」という表現でです。これが、先生の指摘する4要素が成り立ち得た条件であり、結果です。(2005年1月10日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る


政治の役割3
政治の役割3