社会と政治26

(ジャパン・アズ・ナンバースリー)
朝日新聞は、「ジャパン・アズ・No.3 日中GDP逆転へ」を連載しています。13日は、エズラ・ボーゲル教授でした。ベストセラーになった「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(1979年)の著者です。
・・僕がナンバーワンと言ったのは、経済が一番大きいという意味ではなかった。日本は義務教育の水準、会社への忠誠心、長寿であることなど多くの点で世界一で、その日本から米国は学ぶべきところがあるという意味だった・・
「日本社会もナンバー3ですか」という質問に対しては、
社会構造で順位をつけるつもりはないが、55年体制はかつては適切で、30〜40年間は非常にうまくいった。政治家は高度成長という方向性を打ち出して重工業の拡大に力を入れ、官庁は外国からの知識を得て政策に生かした・・しかし、2000年以降は、その取り組みも適切でなくなった。世界の変化とともにサービス産業に力を入れる必要があったが、日本ではサービス産業の保護を続け、自由に競争できる産業をつくらなかった・・
・・日本には競争力があるサービス産業や、高度な技術が必要だ。しかし、そのもとになる国際競争力のある大学が日本には少ない。大学教育に、会話力を含めた英語教育が足りないからだ。国際的に一流の人間を集めるためには、英語が必要だ・・
・・最近、日本人は内向きになり、海外にも行かなくなった。50〜70年代は日本人は海外で懸命に学んだ。今は国内での生活に満足しているし「海外に行かなくてもだいたいわかる」という気持ちもあるのだろう。しかし、日本の将来を考えると、もう少し元気を出し、困難でも海外で挑戦するような精神が必要だ・・
日本はまだ覚えるために勉強している・・想像力とか、新しいものを発見する精神が足りない。子どもたちは、塾と学校の両方に行って夜まで同じことを繰り返し、能率が悪い・・
・・僕の本も悪い影響を及ぼしたかもしれない(笑い)。・・日本は80年代半ばごろから満足し、十分に勉強していない・・(この項つづく)(2010年1月13日)

(ジャパン・アズ・ナンバーツー)
先日、朝日新聞の連載「ジャパン・アズ・No.3 日中GDP逆転へ」を紹介しました。私は、この連載はよい企画だと思いましたが、標題には疑問を持ちました。
引用しましたが、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を書かれた、エズラ・ボーゲル教授は、次のように発言しておられます。
「僕がナンバーワンと言ったのは、経済が一番大きいという意味ではなかった。日本は義務教育の水準、会社への忠誠心、長寿であることなど多くの点で世界一で、その日本から米国は学ぶべきところがあるという意味だった・・」

日本がGDPで世界第2位は、1968年から約40年間続きました。でもその間に、日本は「ジャパン・アズ・ナンバーツー」だったでしょうか。経済力が世界第2位であることと、国際社会で「第2位」の地位を占めることとは、別物です(もし、そのような順位がつくとすればですが)。
この記事の、GDPが世界第3位になると、「No.3」であるとも読める標題の付け方は、依然として、経済力で自分の姿を測る考え方でしょう。
敗戦から立ち直った日本が、23年で、世界第2位の経済力を持ったことは、素直に喜んで良いでしょう。またそれを40年間も続けたことは、評価して良いでしょう。
しかし、国際社会で中心的な地位を占める、あるいは尊敬されるためには、軍事力や経済力が強いだけではだめです。世界の秩序(政治・経済・文化)をつくる際の影響力の大きさが、一つの基準でしょう。それには、他国からあこがれをもたれる存在であること、また国際社会での発言権と責任が必要です。日本は、世界に対し、どれだけのことを貢献し、発信したのでしょうか。

また、この記事に関連してですが、「G2」という言葉を、聞くようになりました。中国が力をつけてきたので、世界がアメリカと中国の2つの超大国を中心に動くという考え方のようです。しかし、これも、経済力が大きければ、国際社会の中心になるという発想だとすれば、短絡的ですね。(2010年1月17日)

(人を動かす3つの方法)
他人や他国を動かす、当方の都合のよい方向に動かすには、大きく分けて次の3つがあります。個人の場合は「人を動かす」であり、国家の場合は「ハード・パワーやソフト・パワー」の議論になります。
1 力ずくでやらせる。腕力や武力に訴える。
2 お金や、ほうびを上げる。
3 信じさせる。あこがれや、そうすることがルールだとか良いことだと、信じ込ませるのです。

1はコストがかかり、こちらも痛い目に遭うことがあります。また、恨みを買う場合があります。2は1に比べ粗野ではありませんが、やはりコストがかかります。そして、しばしば、金の切れ目が縁の切れ目になります。
3は言葉で動かすので、もっともコストがかかりません。相手が自発的に行動してくれるので、恨みを買うこともありません。文化的あこがれ、国際標準、恋愛、宗教・・・。(2010年1月18日)

(殺人事件の減少、自殺の増加)
今朝の読売新聞が、昨年の殺人事件が戦後最小になったことを、分析していました。2009年中に全国で起きた殺人事件(未遂を含む)は、警察の調べで1,097件で、戦後最小でした。最も多かったのは1954年で、3,081件ですから、3分の1になっています。その後、減少を続け、1990年代から1,300件前後でした。それが、さらに減ったのです。
私たちは、凶悪犯がニュースになると、治安が悪化したと感じますが、実際はそうではないのですね。
その原因です。1985年と比べると、職場関係が104件から61件に、知人友人が317件から254件に減っています。身近な人間同士が加害者被害者になる場合が、減っているのです。また、怨恨も、466件から194件に激減しています。「他人と深く付き合うことが少なくなったのではないか」と、記事は分析しています。
他方で、子が親を殺した事件が、40件から121件になっています。介護疲れのようです。幼児虐待も、増えているのではないでしょうか。
しかし、昨年の自殺は32,753人で、前年より504人も増え、12年連続で3万人を超えています。大まかに言って、千人の人が殺人事件に遭い、5千人が交通事故で死に、3万人が自殺しています。1日に直すと、3人が殺され、13人が交通事故で死に、80人が自殺しています。やはり衝撃的です。(2010年1月26日)

(人生のリスク、孤独死)
1月31日のNHKドキュメンタリーによると、一年間の孤独死は、3万2千人だそうです。何度も書きますが、自殺が3万人、交通事故死が5千人です。
また、垣添忠生国立がんセンター名誉総長によれば、たばこによる死者の推計は20万人です(1月24日付け読売新聞「地球を読む」)。これも、びっくりします。(2010年2月1日)

(少子化、婚外子の文化的背景)
朝日新聞1月25日付け別冊GLOBE、エマニュエル・トッド氏へのインタビュー「なぜ、アジアで極端な少子化が進むのか」から。記事についている図表では、各国の婚外子の割合が示されています。スウェーデン55%、フランス50%、イギリス44%、アメリカ39%、ドイツ30%、イタリア21%、台湾4%、日本2%、韓国2%です。ヨーロッパの婚外子割合は、私の想像を超える数字です。
・・世界の家族類型に関する分析では、日本も韓国も台湾も「直系家族」と呼ばれるタイプに属する。親が子どもに対して権威的で、親子の同居率が高く、家系を重視し、子どもの教育に熱心などが特徴だ。欧州ではドイツがそうだ。家系重視のため、結婚外から生まれる子供を許容しにくい面があるのではないか。
一方、米英や北欧の一部、フランスは、「核家族」タイプだ。親子関係より夫婦関係を重視し、親子関係は独立的で同居しない、一方、親は子どもの教育にあまり熱心ではない。家系を重視しない個人主義的な傾向が婚外子の増加と関係しているのだろう・・

別の記事で、出生率や婚姻数の変化が示されています。日本の合計特殊出生率は、1970年に2.13あったものが、2008年には1.37に減っています。人口1,000人当たりの婚姻件数は、1970年に10.0だったものが、2008年には5.8に減っています。これが少子化の原因です。
韓国の結婚件数は9.2から7.0へ、台湾は9.3から6.5へ。フランスは7.8から4.2に減っています。すると、日本の結婚数は、フランスより多いのです。しかし、フランスの出生率は2.00です。この逆転の理由が、婚外子です。(2010年2月6日)

(シンプルが生まれたのは150年前)
グラフィックデザイナーの原研哉さんが、シンプルという概念が生まれたのは150年ほど前だと、おっしゃっています。なるほどと思ったので、紹介します。詳しくは、原文をお読みください(「シンプルはいつ生まれたのか」岩波書店PR誌『』2010年2月号)。

・・石器時代の石器は、そのほとんどが単純な形をしている。物の見方としてこれを「シンプル」と形容することもできる。しかしながら、それをつくった石器時代の人々は、これらを決してシンプルとは捉えていなかったはずである。なぜなら、シンプルという概念は、それに相対する複雑さの存在を前提としているからである。複雑な形を作り得ない状況での単純さは、シンプルと言うよりプリミティブ、すなわち原始的、原初的と呼ぶべきである。
・・人間のつくり出す物は、プリミティブから複雑へと向かう。文化は複雑から始まった。こう極論できるかと思われるほどに、現存している人類の文化遺産は複雑である。例えば青銅器。中国古代王朝の殷の遺跡、殷墟から出土した青銅器は、いずれもとても複雑な形をしている。造形の順序としては簡素から複雑へと、ゆるやかに段階的に進化して行きそうなものだが、簡素な形をした青銅器は、殷以前の原初的な段階を除くとほとんど見あたらない。中国の青銅器は、その端緒から複雑な形をなし、精緻な文様でその表面が覆われていた。
・・ことさら複雑な文様で覆われているということは、複雑さが明確な目的として探求されたことを示している・・集団の結束を維持するには強い求心力が必要になる。中枢に君臨する覇者には強い統率力がなくてはならず、この力が弱いと、より強い力を持つ者に取って代わられたり、他のより強力な集団に吸収されてしまったりする。村も国も、回転する独楽のような存在である。回転速度や求心力がないと倒れてしまう。複雑な青銅器は、その求心力が、眼に訴える形象として顕現したものと想像される。
(このほかに、イスラムのモスクが幾何学紋様や唐草文様でびっしり埋めていること、インド・ムガール帝国のタジ・マハールを埋め尽くす象眼細工、ヨーロッパ絶対君主の宮殿のバロックやロココといったあふれる装飾が解説されます。)
世界が「力」によって統治され、「力」がせめぎ合って世界の流動性をつくっていた時代には、文化を象徴する人工物は力の表象として示された・・そのような環境下では、簡素さは力の弱さとしてしか意味を持ち得なかった。
しかしながら、近代社会の到来によって、価値の規準は、人が自由に生きることを基本に再編され、国は人々が生き生きと暮らすための仕組みを支えるサービスの一環になった・・その流れに即して、物は「力」の表象である必要がなくなった。椅子は王の権力や貴族の地位を表現する必要がなくなり、単に「座る」という機能を満たせばよくなった。科学の発達も合理主義的な考え方を助長する。合理主義とは、物と機能との関係の最短距離を志向する考え方である。やがて猫足の椅子の湾曲は不要になり、バロックやロココの魅惑的な曲線や装飾は過去の遺物になった。資源と人間の営み、形態と機能の関係は率直に計り直され、資源や労力を最大限に効率よく運用しようとする姿勢に、新たな知性の輝きや、形の美が見出されてきた。これがシンプルである・・モダニズムとは、ものが複雑からシンプルに脱皮するプロセスそのものである・・(2010年2月6日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

社会と政治27
社会と政治27